ランニング大会

カテゴリ:
こんにちは。

二女のクラスにいくと、
フィールドトリップで集めた
葉や実をお盆に広げて、
ルーペが置いてありました。




なので、
我が家でも真似てみました。


IMG_5568


さて、
PEの先生が主催している
朝ランに参加してきた長女。

本日は、
その成果発表会の
ランニング大会がありました。

某高校のグラウンドに
市内の学校から
有志の参加者が集まり、
走りました。


IMG_5575


長女は、
1-2年生女子の部で
1/2マイル(約800m)を
走ってきました。

出発前には、
州立大のクロスカントリークラブの
大学生が準備運動などを
してくれて、一斉にスタート。


IMG_5584


特に
タイムを記録するような雰囲気はなく、
ゼッケンはみんな1番^^;


IMG_5588


クロカン部の大学生が
バニーのカチューシャを被って
先導しているすぐあとに
ダントツトップの女の子が走ってきました。
3分20秒くらいでゴール。


IMG_5590

長女は、
4分12秒で完走できました。
走りきれたことが
すごく自信になったみたいで、
来年は、もう少し家でも走りこんで
参加したいそうです。

IMG_5592


長女は帰宅後に、
仕事で駆けつけられなかった夫に
報告の手紙を書いていました。

IMG_5601


人と競い合うような経験を
あまりしてきていなかったのですが、

(前回のクロカンレースでは
お友達と完走するのを楽しんでいた。)





今回は、
お友達も参加していたけれど、
自分のベストを尽くして
一生懸命走れたところが、
よかったそうです。

次は、
時間を計って、
本人が自分でスピードを
意識できるようにしてみます。

それでは、また

フィールドトリップ~葉っぱ

カテゴリ:
こんにちは。

二女のモンテクラスでは、
葉っぱのテーマ学習に入りました。

親の車に乗りあいして、
フィールドトリップに出かけました。


\前回のトリップ/



今回は、
州立大学で植物の先生に
モンテ教具の葉のタンスにあるような
木を紹介してもらいました。





りんごのテーマの復習も兼ねて
まずはクラブアップルを
観察。






\クラブアップルも色形がさまざま/
IMG_5540


落ちてる葉っぱを拾ったり
実をかじったり。

IMG_5559




\メープル(その1)/
IMG_5557


\オーク/
IMG_5560


リンデンの葉っぱは、
ハート形で、
実がいい香り。

IMG_5561


\ローズヒップの果実を味見/
IMG_5543


\ラーチの葉はとっても柔らか/
IMG_5544



IMG_5555


メープル(その2)の種は、
プロペラみたいに回転するから
やっぱり人気。

IMG_5558


そして
こちらはアラスカらしい
バーチの木。


IMG_5549



IMG_5556


樹皮の白い部分が
つるっつる。
撫でていると、
手に白くつきます。

IMG_5550


こちらは木の化石。

IMG_5551



集めた葉っぱは
家に持ち帰ってきたので、
上にあげたように
紙に貼って、図鑑に挟んでみました。

天気に恵まれて
気持ちのよいお散歩でした。

・・・・雑談は苦手。
日本語でも苦手なことは、
英語でもうまくいかないねえ(苦笑)
図太く前進しよう。

それでは、また

ユニコーンねこ

カテゴリ:
こんにちは。

今日は、
犬のお散歩によい小道を
発見しました^^

とっても短いのだけど、
家からちょうどよい距離にあるので、
定番のコースになりそう。


IMG_5525


長女が同じクラスの
三年生からイラストを
教わってきました。

それを
何度も模写して、
習得したらしい。


IMG_5529


何かのキャラクター
なのかしら?


IMG_5530


最後は、
オーロラの下にいる
ユニコーンねこに
落ち着いたそうです。


IMG_5533



とりあえず、
いきなり画風が変わったので、
備忘録な日記でした。

それでは、また

愛すべきハゲ山~Mt.Baldy Trail

カテゴリ:
こんにちは。

長女が
わかったさんのレシピでを
アレンジして米粉パンケーキを
焼いてくれました。

IMG_5397

もう、
火の扱いから、
材料の出し入れまで
やってくれるので、
呼ばれるまで他のことができて
ありがたいばかり。

メープルシロップで
ハートを描いて、
シナモンをふりかけて
振舞ってくれました。


IMG_5408


さて、
週末が二日間とも晴れ!

今年は
ずー----っと雨な秋なので
こんなに嬉しいことはない。

なので、
夫がにぎってくれた
カブの葉ふりかけおにぎりを持って、
ハイキングにでかけました。

ちなみに、
同じ材料で
わたしがにぎっても人気ない(泣)


IMG_5411


行先は、
去年は夏に行った




Mt.Baldy Trailへ。
これ、直訳するとハゲ山^^;





トレイルヘッドからの
眺めは確かに丸い頭のはげ山に
見えなくもない!?

IMG_5492

だいぶ葉が散ってます。


IMG_5415


Fireweedの種がはじけて
綿毛が飛んでいました。


IMG_5439


ブルーベリーの実は
さすがにないかなあ。。。
ときょろきょろしていると、


IMG_5433


ぽつりぽつり
見つかりました。
大きくて、
よく熟していて甘みが強い。

IMG_5426


この山の醍醐味は、
この後の岩場のあと。

IMG_5458


奥の雪山と、
手前の紅葉との対比が
見ごろでした。


IMG_5462


もっと奥にも行けるのだけど、
このピークでランチを食べて
引き返します。

IMG_5465


対岸の雪が積もっている山は、
せんだって登った山です。


IMG_5467





下りには、
赤い実を愛でながら、
駆け下ります。


IMG_5489


長女は、
こちらの実を集めて、
投げ上げて遊んでいました。


IMG_5491


せっかくの晴れの日を
もっと楽しみたい娘たちは、
帰宅後も自転車で公園へ。


IMG_5497


夕方には、
今日の紅葉の景色を描き、
(今もゴッホを意識していて、
点々を多用したそうです)





それにまつわる話を
20センテンス分書いていました。
(学校でライティングしてるらしい)


IMG_5498


大好きな山に
今年も滑り込みセーフで
登れてよかったね。
と家族で話していました。

それでは、また

パンプキンパッチで野菜の収穫

カテゴリ:
こんにちは。

週末は秋晴れ♪
お友達家族と
小一時間ほど北上した場所にある
パンプキンパッチへでかけました。


IMG_5321


ちょうど
こちらの山に登ったときに
下に見えていた畑です。






長女が小さいころに
住んでいたテキサス州では
いろんな場所で
パンプキンパッチがありましたが
ここではそんなに盛んではないみたい。








それだけに
パンプキンパッチはこじんまり
していました^^;


IMG_5322


代わりに、
懐かしい感じの遊びが
たくさん並んでいました。

娘たちが
トラクターに乗って、
畑の見学をしている間に、、、

IMG_5385


わたしは、
お友達家族の親御さんと
畑の残り野菜の収穫に。

IMG_5349


行ってみて
はじめて知ったのだけど、
畑に残っている野菜は、
自由に収穫して持ち帰ってよいのだそう。

なので、
キャベツやにんじん、ルバーブに
ブロッコリーなどを
頂いてきました。

IMG_5348


愛犬は
ブロッコリーを
包丁で切っている音を
聞き分けてやってくるくらい
ブロッコリーが大好物。

だけど、
これ、ブロッコリーだよ
と教えるまで気づかず(苦笑)

え、食べていいんですか?
と静かに
かぶりついていました。

IMG_5354


キャベツは、
根っこごと抜けてしまって、
なかなか根を折れなかったし、

ブロッコリーは
ぽきっと折るだけ、

に対して、
にんじんは、
シルトの泥のような土から
引っこ抜くのが難しく、
収穫できた喜びが半端ない。
しかも立派だと、なお嬉しい。

IMG_5340


他にも、
たまねぎなど
販売している野菜もありました。


IMG_5369


二女は、
可愛いトラクター電車?に乗って、
畑のまわりをぐるり。

可愛い乗り物が
嬉しいお年頃も
ぼちぼち終わりなんだろうなあ。

子どもたちに大人気だったのは
巨大なトランポリンだったのでした。


IMG_5392

素朴だけど、
大人も子どもも楽しいイベントでした。
取り立てのブロッコリーの
緑が濃いこと。
美味しかったです。

IMG_5393


それでは、また

ボランティア2週目の感想

カテゴリ:
こんにちは。

山の六合目まで
雪が積もり、
あとひと月もすれば
平地でも雪が降るそうです。
ぼちぼち落葉しそう。

IMG_5260


秋分の日は、
白玉だんごにしました。
さつまいもを乗せて食べると、
砂糖なくても甘い。


IMG_5310


長女の心は
もうクリスマスだそうです。


IMG_5241


長女のクラスで、
平和の活動で使うそうな
Love light pinを工作して寄付しました。
どんな風に使うんだろう。


IMG_5281


週末には、
夫がお土産屋さんの奥に
ひっそりとあるドーナツ屋さんから
オールドファッションを
買ってきてくれました。

赤いものは、
添加物ではなく、
Fireweedの花びらを使って作った
アイシングだそうです。

IMG_5311


21日の平和の日には、
キンダーの子たちが
校内をパレードしたそうです。

娘たちは、
そのときに歌った曲が気に入り、
家で振り付けを作って
踊っています。





今週も毎日
二女のクラスで
ボランティアしてきました。
(15時間、累積で30時間)


サイエンスにあたる
りんごの活動が今週も続きました。
歴史に触れ、




アップルソースを作るために
リンゴをカットしたり、

カットしたリンゴをスケッチして
各部名称を貼ったり、

いくつかの品種の味比べをして、
五感で感じたことを
言葉にしたり、


二週間にわたる
りんごのテーマ学習が終わりました。

テーマ学習と並行として、
先生は、文字や数のおしごとを
毎日、少しずつ提示していました。

それをみていると、
名前がなかなか書けなくて、
練習して(いや、させられて)いる子がいれば、

アルファベットの大文字と小文字
読み方を一致させている子がいて、

それをクリアしている子は、
具体物をみて、
アルファベットを並べて、
単語を作っています。

数も同じく、
1から10までの数と数量と数詞の
一致に苦戦している子がいれば、

20までの数に取り組む子、

それができたら、
100までの数に取り組んでいました。

パズルばっかりやる子、

生物と無生物の分類が大好きな子、

粘土に夢中な子、

他の子がやっているのを
じーっと観察してる子、

先生は
棚に並んでいるおしごとを
クリアしてしまった子には
戸棚からごそごそ次のレベルのおしごとを
引っ張り出してきて、
紹介していました。

先週思ったよりも、
うまくまわっている感覚がありました。

個人だけじゃなくて、
クラスも育っていくものなのだな
と気が付きました。


わたしは、
英語だとこうやって言うのね
を耳でキャッチ(インプット)すると、

別の子に向かって、
同じフレーズを
使って(アウトプット)みます。

その子が動いてくれたら
よしっと思って、
また別の子にも使ってみます(笑)

ちょっとしたことこそ、
英語で何ていえばよいか知らないので、
めっちゃためになっています。

名前のスペルを聞いていると、
わたしの発音が悪すぎて、
ちがうよ~!!
と何度も笑われるけど、
Aar・・の発音は難しい。
Aの発音、侮るなかれだった。

一番、困るのがジョーク。
ねえ、ジョーク聞いて!と
一人ひとりにジョークを言って回る子がいて、
わたしのところにも来たけど、

どのあたりがジョークなのか
わからなかったし(苦笑)、
ジョークへの返しもしらない。


ともあれ、

子どもたちも
わたしが居ても
違和感なくなってきたみたいだし、

二女は、
わたしの元へはほとんど来ないで
自分のおしごとをしているし、

先生は、わたしが
毎日ボランティアに来ることに対して、
It is a gift.と書いてくれていて、

・・・迷惑だったらどうしよう
と思っていたので、ほっとしました。
誉め言葉として、
素直に受け取ることにします。

来週は、
よく助けを求めに来る子が
やっているおしごとの提示を
英語でどういうか復習して
センテンスで言えるようにしたり、

先生がどんな風に
アドバイスしてまわっているか
耳をダンボにしてみよう。

それでは、また

忙しいママにこそお勧めしたい部活動

カテゴリ:
こんにちは。

月曜日の朝起きたら、
サプライズで夫が
パンを焼いておいてくれました。

娘たちの朝のしたくが
めっちゃスムーズだったのは
言うまでもない(笑)

IMG_5220


週末には、
サイクリングして
公園で紅葉を楽しみました。


IMG_5191


長女の腕力が急上昇。
三種類の雲梯ができるように
なっていました。

ちなみに、
わたしはひとつもすすめず💦


IMG_5160


ファーマーズマーケットでは、
ケールのお花がきれいで
バラが好きな
長女におみやげにしました。


IMG_5149

ワレモコウが
なんとも秋です^^♪


IMG_5150




さて、

勝手に毎日ボランティア
をはじめたので
昨年度と同じく、
昼間の自分時間は3時間弱。

うち、ほんとうに
自分のやりたいことを
している時間は1時間ほど。
それでも、不満はないなあ。

むしろ、
昼間に自分時間が持てるのは
夫のおかげでございます。


最近は、
長女が学校の朝ランに参加したり、
習い事を始めて、
アメリカの送迎地獄に
足を突っ込みはじめた我が家。

今のところ、
家は荒れていなくて、
おやつや夕食も変わらず作れて
よく眠れています。

(あ、ブログは
書けなくなってきてる💦)

いや、これだと美化しすぎてるな。

正確には、
娘たちに怒ったりも
もちろんしてるし、

悩みや課題、問題ごとも
もちろんあるのだけど、

時間をマネジメントできてる
満足感があります。

というのが正直なところ。

またお前だけ
いい子ちゃんかよ~
優等生ぶりやがって~
と思っておられるかもしれませんが
これは習慣化のなせる業です。





例えば、
水DEPROJECTに参加させてもらい、
汚くなる前に
お掃除をする習慣がついたり、





1000捨て部で
本当に必要なものだけを残す活動に
参加させてもらい、
家のごたごた感が減って
スッキリしてきたこと。





お手軽に
ヘルシーなおやつができる
おやつクラブに参加させてもらったり、





重ね煮や麹を活用したり、





ゆるエコを実践してきて、
日々の生活がよりシンプルになって
決断疲れがほぼなくなり、
脳みそを他に使えるようになりました。





そして、
寝るまえには、
えみさん主催の美尻部で教わった
ほぐしメニューでゆるむ幸せ♡





はじめる前は、
めんどうそうに見えていたことも、
体も、心も、家も洗われて
どれも参加させてもらって
よかったです。

日々の生活で
時間の余裕がない方こそ
一歩踏み出すことをお勧めしたいです。

それでは、また

ボランティア1週目の感想

カテゴリ:
こんにちは。
ついに3℃まで
冷えこむ日がでてきました。

IMG_5127


地元野菜の宅配も
ファーマーズマーケットも
あと数回・・・味わおう。


さて、
二女のクラスでのボランティア、
今週は毎日、計15時間できました。

だんだんと
先生に明日も来るよね?
みたいなこと言われるようになり、

子どもたちの名前と顔、
キャラクターも少しずつ分かってきて、

コミュニケーションが
初日よりスムーズに
とれるようになってきました。

ランチの後に行くと、
ちょうど国語(英語)の時間なので、
わたしの英語の勉強のために(笑)
ここに間に合うように出かけます。

平和の棚には、
ヨガのカードを置くようで、
その前にみんなに集団提示。
みんなで深呼吸したり、
ヨガのポーズを教わります。

それからは午後の活動開始。
まだまだ
リンゴの活動が続いていて、
数のおしごと、
植物学、
りんごを切って、断面を観察したり、
りんごのパーツの本を作ったり、
本の読み聞かせがあったり、
プログラムの構成が素敵。

このテーマ学習に対して
先生が出すタスクを
自力で
または口頭の説明を聞いてできる子は
5人/18人くらい。

お手本があれば
自力でできるはずなのだけど、
集中できずにおしゃべりに夢中な子は、
6人くらい。

一生懸命頑張って
文字または数字を覚えている途上の子が
4人くらい。

何をやっているか
理解できていなさそうで、
言われたからやってますな子が
2人。

やればできそうなのに、
どの活動にも参加せず、
何かと大声で妨害しちゃう
メンタル面でサポートが必要そうな子
(アテンションが欲しそうな子)が
1人。

私のなかの
年長さんのイメージの枠が
この一週間で
ずいぶんとひろーくなった感じ。


とはいえ、
テーマ学習のタスクでは、
上のようになるけど、

数のおしごと
言語のおしごと
日常生活の練習など
おしごとの内容が変わると、
また人数割りやメンバー構成が
変わってきます。

みんなそれぞれ
でこぼこしているな
と感じると同時に

いわゆる’お勉強の定着’という
学校で評価される部分でみてしまうと
取り残されてしまいそうな子がいる
現実もみてしまいました。

それをみていると、
一斉教育ってほんとに必要なのかな?
学校に求める価値観って何だろう?
と思います。

担任の先生は、
モンテのおしごとの時間には、
数人ずつに提示をして、
カリキュラムをこなすのに忙しく、

現実的には、
担任の先生はそういう子に
ちょいちょい声掛けはすれど、
付きっきりでサポートする時間は
確保できていません。

二女のクラスのアシスタントは、
いくつかのクラスを兼任しているのかな、
担任の先生が無線で呼ぶと現れます。

ぼちぼち声掛けして
子どもに促すけれど、
それ以外は、座って携帯をみていたりも・・・

(うちの二女みたく
英語のサポートが必要な子は
週に一度、ELLの先生が20分間だけ
2対1でサポートしてくれています。

なので、もしかしたら午前中に
何らかのサポートを
受けているのかもしれませんが・・・)

なので、
この地域の場合は、
もしも我が子の凸凹が大きめだと
親が気づいているのならば、

普通公立校に通わせるよりも、
専門のケアができるスタッフがいる学校に
行かせた方が先が開けるのかもしれない!?
(でも、わたしはそういう学校があるのか
知識がない)
とその親御さんに言いたい気持ちに・・・。
(言えないけど)

モンテのことも
もちろんもっと知りたいけれど、
この一週間は、その子たちを
どうしたらサポートできるのか
ノウハウを知りたいという
気持ちの方が強くなっていったのでした。

単なるボランティアの立場なので、
子どもの事情を根ほり葉ほり
聞くのも何だか違うと思うので、

次の一週間は、
それぞれの子の得意と苦手を
もっと観察して、
どんなときにノッてるか
どんなときにスタックしているのか
意識して過ごしてみます。

以上、
エゴ満載の記録でした(汗)


IMG_5140


おまけ:

長女は、
サイエンスの先生から
気圧を習ってきました。

高気圧(晴れ)だと、
ストローがあがります。

長女は、
外遊び時間には、
別のクラスの子と遊ぶことが多いらしい。

そとにお友達を求めたくなった長女は、
外遊び時間に練習がある
Choir (有志の合唱クラブ)に申し込みたいと、
先生から申し込み用紙をもらってきました。

音楽の先生主催のクラブで、
全学年の子が参加しているし、
長女は歌が大好きなので、
楽しく参加できるといいな。

それでは、また

りんごの活動

カテゴリ:
こんにちは。

二女のモンテ校でのボランティア。
ついに、モンテのおしごとの時間に
お邪魔できました。

わたしが教室に入ると、
静粛練習をしていました。

先生が、
水のなかに食紅を垂らして
何秒間、静寂を保っていられるか
カウントしていました。

今は、秋ということで、
リンゴがテーマのよう。

動画をみながら、
工作をします。

えんぴつだけじゃなく、
はさみの持ち方と、切り方が
とっても斬新な子がいて、
アハ体験をしたかのように
自分のなかでの常識が
変わったように思います。

なんだか
モンテの先生になるのなら、
0歳から3歳までの担当をして、
日常生活の練習を済ませた子たちを
キンダーガーテンクラスに送り出したい、
なんて考えてしまう。

ちなみに、
先生やアシスタントは、
鉛筆の持ち方や、
はさみの使い方については
一切、触れない。

・・・ここまで面倒をみていたら
カリキュラムが進まないからなのか、
やり方を押し付けないのが
アメリカのやり方なのか、

先生に
余裕がありそうなときに、
質問してみたい。





工作が終わると、
スケッチブックと色鉛筆を持って、
4年生のいる教室へ移動。
上の学年の教室をみれて
うれしいわたくし。


そこで
バディアップして、
校庭にあるクラブアップル
(すっぱい姫リンゴのようなもの)を
摘んで食べて、木のスケッチをしました。


そのあとは、
今日は、言語と算数の棚から
おしごとを選びましょう。

と、順番に
おしごとを選ばせてから、
各自のおしごとタイム。

そこでも、
はさみが使えないからって
おしごとができないわけではないことも
よく分かりました。

よいところは伸ばすけど、
できてないところを底上げすることは
しないのがアメリカなのかしら。

ともあれ、
お気に入りのおしごとは、
嬉々として繰り返してやっている
子どもたちが観られて、
とてもいい顔していました。

と同時に、
先生は、数人にグループ提示をしていて、
他の子が何をしているか
見ている時間はあまりないようす。

お迎えに来た親に、
うちの子、今日はどうでしたか?
と言われても、
ちょっと困るかもねとも思った。

わたしは助けてって
言ってきた子に、教具の使い方を
伝えたりして過ごしました。


この日は、
Celebration of lifeという
モンテ式のお誕生日祝いを
みることができました。





太陽の形の台に
12か月の名前が
パズルのようにはまる道具
(上のリンクの写真を参照)を使って、

IMG_5566


お誕生日の子の
誕生から今までの生い立ちを
スライドで紹介していました。

それから、
Somewhere in the Universeの本を使って、
太陽系の地球にある、
北アメリカ大陸のアメリカ合衆国の
アラスカ州にあるA市の
〇小学校にA君がいる奇跡について
お話ししてくれました。





午後もやっぱり忙しく
過ぎていくんだなあと思いつつ、
濃密な時間を過ごさせてもらったことに
感謝です。

それでは、また

フィールドトリップ~陸・水・空気

カテゴリ:
こんにちは。

二女のクラスで
フィールドトリップがありました。

ボランティアの親たちは、
子どもたちを現場まで
車にのせていくのが役目です。

先生は、
フィールドトリップに
頻繁に行けるよう、
毎日、子どもたちに
いい意味で洗脳しています。

先生のNo.1プライオリティは何?
と聞くと、

子どもたちは
私たちの安全を守ること!
(Keep us safe!)
と答えるように
しつけられてる(笑)

それから、
トリップ中、
犬が通ったらどうする?
自転車が通ったらどうする?

と細やかに対処法を伝えて、
実際に訓練してから出発。

今回の目的地は
ラグーン(潟湖)でした。






これは、
モンテの文化教育のカリキュラムで
陸と海(水)の提示に関する
社会科見学だそうです。





事前に、
陸、水、空気に関する
アクティビティを教室でやってきていて、
陸、水、空気を確認していました。

特に、水には、
湖もあれば、川も、海もあること。


IMG_5092





\陸と水/
IMG_5093


水と空気、陸と空気などが
接続していることを
強調していました。

他には、
地元の地理だとか


\海には干満の差があること/
IMG_5099


植物学に関することも、
話していました。



\草本類と木本類の区別/
IMG_5097


もともと
エネルギッシュな先生だけど、
フィールドトリップ中は、
さらにハイテンション。

走って移動して、
トンネルでは野太い声で吠え、
わたしとは正反対のキャラだなあ
とそれはそれで楽しいです。

去年、二女が通っていた
私立のモンテ園より
だいぶアクティブなのは、
キンダーだからか、
先生の情熱が違うのか。

とにかく、
モンテの実践のようすを
体験させてもらえることで

この年齢では
どこまで突っ込んで説明するのか
などの匙加減と、
子どもたちの反応を見られることが
とても参考になります。

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×