【アイススケート】2ターン目、修了

カテゴリ:
こんにちは。

犬の散歩中、
枯れ草に残った雪玉が
可愛かったです。
久々にどんど焼きを
思い出しました。

IMG_6655


きのこ屋さんの
ニューフェイスのきのこが
なめこみたいで、美味しかったです。
また栽培してもらえるように
フィードバックしようと思います。


IMG_6654


さて、
姉妹で習っている
アイススケート教室。





今週で、
2ターン目が終了。

二女は、
淡々と練習するタイプのようで?
苦戦していた
足の動きをコツコツと習得して、

長女は、
憧れていたターンの
基礎のようなものがはじまり、
よけい楽しくなり、

二人とも、
次のクラスへ上がれました。

3ターン目は
新年からスタート。
それまでは、
アイスショーの練習があるので、





イベント目白押しの
12月前半を、
風邪をひかずに
楽しく過ごしたいです。

それでは、また

アドベントカレンダー2022

カテゴリ:
こんにちは。

12月となり、
我が家のエルフも
毎朝、移動しはじめます(笑)

IMG_6653



長女はおこづかいで
石を買ったりしていたので、




今年のアドベントカレンダーは
ナショジオの鉱物アドベントカレンダー
にお世話になることにしました。


IMG_6639


同じものがみつからないけど、
こんな感じ。





二女にはUsborneの
クリスマス絵本カレンダー。
二女は、物欲がないのだけど、
長女と同じがいいので、
ちょっと拗ねてた(苦笑)。
でも、長女が読み聞かせてくれると、
熱心に聞いてる。


Advent Calendar Book Collection
Usborne
Usborne Publishing Ltd
2021-10-14


長女は、
イベントに
ワクワクしちゃうタイプなので
朝五時半には目覚めて
そわそわ、そわそわ。


でも、
妹と同時に開きたくて、
ぐーすか寝ている睡眠優先型の二女の
隣に行って、
ゆらゆらベッドを揺すって、
起こしてないけど、起きてくれないかな~
とやってました。

二女が睡眠を邪魔されたと
怒って目を覚まし、
でも、はっとアドベントカレンダーを
思い出し、猛烈な勢いで
着替えをしてきました^^

エルフが移動し始めたことに
まずは大騒ぎ💦
これ、忘れがちだから
めちゃプレッシャーでございます。

去年は、
時間とコストをかけて
準備していたなあ^^;





冬休みになったら
落ち着くと思うので、
ジンジャーブレッドハウスを
焼こうと思います。





物理的に暗くて
沈みがちな季節だから
こういうちょっとした楽しみが
あると張り合いが出て
いいものですね。

それでは、また

【習い事】クッキーハントレース

カテゴリ:
こんにちは。

クロカンスキーの練習で、
クッキーハントレースをするというので、
クッキーを配るボランティアに
行きました。

この教室の規定で、
一年目の子は、
一番下のレベルに入り、
スケートスキーでなく
クラッシックスキーを教えることに
なっているよう。

そのクラスは、
ちょっとした坂道を
登ってはくだり、登ってはくだり、
ポールなしで登ってはくだり、
を延々と繰り返しているので、
なんだか長女には退屈そう。

最初から
スケートスキーの方で
教えておいたらよかったのか、

はたまた
この地味に見える基礎が
この後のスキー技術の伸びに
大きく影響するものか、
様子をみてみようと思います。

そんなことを
思いながらみていたら、
レースが始まりました。

レースで断トツ一番だった子は、
伴走しているコーチでさえ、
息をはずませながら滑っていて、
お~!さすが!でした。

それをみると、
まだまだ長女の滑りは
ひよっこそのものだと
現在位置がよくわかった気がします。
(自分はもっと下w)

自己満足で滑っていたら、
気が付けないところに気づけるのが
習うよさかもしれませんね。


IMG_6647


それでは、また

くるみ割り人形バレエ~クロカンスキー教室

カテゴリ:
こんにちは。
最高気温が
マイナス13℃なこの頃。

朝陽のきれいさとともに
建物のえんとつという
えんとつから、白い煙がもっくもく。


えんとつ町のプペル
にしの あきひろ
幻冬舎
2016-10-21



日ごろ、悪者にされがちですが、
結局のところ化石燃料のおかげで
生きていられることを
実感します。

隙間時間に
フィンランドの飾り(Lovi)を
組み立てて、

IMG_6611


窓辺に飾りました。
地元のクラフトフェアで
ゲットした雪の結晶の
木工細工も一緒に⛄


IMG_6612


週末には、
くるみ割り人形バレエを
鑑賞してきました。





ロンドンに続き、
二度目の鑑賞をした長女と
・・・ナッツクラッカーって
こんなギャグバレエだっけ??
と苦笑してしまいました。

IMG_6627


ロンドンは
本格バレエとしての
技のすごさで、鳥肌が立ちましたが、

今回のバレエでは、
アメリカならでは?の
楽しいに焦点を当てたショー
として、娘たちも楽しんだようです。


IMG_6623


とはいえ、
一階の前の方の席を頂き、
オーケストラピットを
みれて、喜んでいました。


ぼくとオペラハウス
アンドレア ホイヤー
カワイ出版
2001-01-01



さて、
活動限界ギリギリの気温のなか
初回が中止になるかどうか
コーチも心配されていましたが、





無事に長女の
クロスカントリースキー教室が
始まりました。
(~三月末ころまで)


やっぱり
コーチから習うと、
スケートの技術を教えてもらえるので、
わたしも間接的に勉強になりそう。

初日は、
一緒に参加するお友達が
欠席だったのですが、
すぐにお友達と馴染んで
楽しんできたようです。

長女の人に好かれ力が
うらやましいです。

これで、
習い事がフル稼働となり、
家事をする時間や
睡眠時間の調整を
工夫する必要が出てきました。
(特に、長女のスケジュールに
同行しなければならない二女が)

家でのお手伝いの内容なども
見直してみたいと思います。

それでは、また

【お小遣い】ブラックフライデーセール

カテゴリ:
こんにちは。

アメリカの
ブラックフライデーで
わたしが気にするようなお店は
残りもののたたき売りって感じで
あまり魅力的には映らないでいました。

ところが、
あれこれ娘が分かるようになってきて、
ブラックフライデーって何?
って聞いてきました。

説明すると、
朝になってからでいいから、
お店に行ってみたいと
言ってきました。

翌朝、
25日になってから
いつも娘が値段をチェックしてた服を
買いにいくことに。

夏休みから
お小遣いを貯めてきたので、
その「使う」から
お金を持っていくことに。





娘は
本命の欲しいものがあるので、
「使う」から支出しても
後悔しない(予定の^^;)額を予算として
お財布に入れていくことに。

某チェーンにいくと、
その洋服よりも、
別の服とヘアアクセサリー、
ショルダーバッグの
三点が気に入ったようす。

割引分だけ計算してあげて、
長女には合計金額を
計算してもらいました。

アラスカは
消費税がないので、
こういうとき計算がちょっとラクです。

結局、
ヘアアクセサリーと
ショルダーバッグに決めて、
(普段より)長蛇の列に並びます。

レジには、娘一人で行き、
自分で現金を支払ってもらいました。

そして、
品物を受け取ったときの
嬉しそうな顔。

IMG_6531


毎日、
基本のおこづかい
のための生活習慣と、
アルバイトとしての
お小遣いとを、
頑張って続けてきてよかった
と言っていました。

このしばらく
雇用されるスタイルの
お金の稼ぎ方を続けてきました。

最近は、
アクセサリーを
ファーマーズマーケットのような
ところで売りたい
と言ってくることがあるので、

「レモンをお金にかえる法」
を本棚の上に置いてみたら、
さっそく見つけて読んでいました。


新装版 レモンをお金にかえる法
ルイズ・アームストロング
河出書房新社
2005-05-21






わたしがシュフなので、
どこまでマネー教育できるのか
と思いますが^^;・・・

夫や友人に質問したりしながら、
一緒に成長していくつもりで
できることをやってみます。

それでは、また

クロカンスキーと橇滑り

カテゴリ:
こんにちは。

夫が焼いた
パリッとサクサクなシナモンロール。

わたしと長女は、
これはクロワッサンのシナモン味だ!
と主張していました。

我が家の食卓に
クロワッサンが登場する日が
近そうです。

IMG_6579


サンクスギビングで
ご馳走を頂く合間には、
クロスカントリースキー(×2)と
橇遊びに出かけました。


家から一番近所にある
Randy's loopにいくと、





クリスマス飾りが
吊るされていました。

IMG_6540


二女が
ついにポールを使って
一周できるようになりました。


IMG_6544


今年初めの4歳のときは
下り斜面は座って滑っていたのだけど、
ついに立ったまま滑り降りる
ようになりました(驚)




長女は
このコースは簡単になってきたようで、
夫と二周していました。


翌日、
もう一度行ったときも、
山の景色が素敵だったなあ。

IMG_6581


橇滑りも、
ご近所にあるこちらの公園へ。





真昼間なんですが、
夕方に見えますね。


IMG_6590


新調した
大きめの橇は
まだ制御不能で、怖すぎたらしい。


IMG_6595


別の斜面に移動するも、
止まらない、止まらない💦
足を出して、
木の幹に止めてもらいました。


IMG_6585


橇滑りのときは
急斜面でさえ、
登るのが楽しくなるのは
大人も子どもも同じようです!?

それでは、また

我が家のサンクスギビング祝い

カテゴリ:
こんにちは。

前冬にオーロラをみて
どんな風に見えるか分かってから、

この市内でも
ちょいちょいオーロラが
出ているのに
気が付けるようになりました。

先日も、
娘を学校に送っていくとき、
前方に出ていました。




我が家では
ターキーは焼かないけど、
オーガニック農家さんが作った
美味しくて甘い栗かぼちゃ
(Kuriという名前で売っています)で
パンプキンパイを作ることにしました。

長女が生地担当。
こちらの本にあるパイ生地の
油をココナツオイルに変えて
作ってみました。

アメリカ南部の家庭料理
アンダーソン 夏代
アノニマ・スタジオ
2020-07-05



捏ねないように
フォークで切りながら
ココナツオイルを混ぜる長女。


IMG_6517


蒸したかぼちゃを
マッシュしたのは二女。
メープルシロップを
ちろりと垂らしただけの
ほぼシュガーフリーのパンプキンパイ。
特別にホイップを乗せて
頂きました。


IMG_6532


他には、
夏に仕込んだピクルスを
食べよう♪と、




IMG_6553


夫がバンズを焼いてくれました。
野菜が盛りだくさん過ぎて、
パテが見えないけど(笑)
味はおいしかったです。

二女は二つも完食。
わたしよりもたくさん
食べるようになりました。


IMG_6554


この冬、
ずいぶん浮き輪肉が増えた
わたくしなのでした💦

それでは、また

サンクスギビングのパーティー

カテゴリ:
こんにちは。

サンクスギビングは、
夫の会社のご家族と集まり、
パーティーがありました。

ちょうど、
子どもの年齢が近くて、
総勢8人の子どもが
地下室から二階まで
走り回って遊んでいました。

この場では、
お互い娘が生まれる前に
夫のリスボン出張に同行して
ご一緒したカナダ人の奥様と
8年ぶりに再会。

その間、
それぞれ子どもが生まれて
別の駐在地を経由して
また同じ場所にいるのが
なんだか不思議な気持ちになりました。


IMG_6528


子どもたちの食卓が
準備されていて、
ターキー(しっとり♪)
ハム
マッシュポテト
キャセロール(グラタン)
クランベリーソース
グレービーソース
などそれぞれ好きなものを
お皿に盛っていました。

大人たちは
主催のご主人の
お祈りの言葉を聴いてから
豪華なテーブルセッティングを
目にしながら、
ご馳走を頂きました。

デザートには、
パンプキンパイ
チーズケーキ
ナッツパイ
などに
クリームやアイスクリームを
乗せて食べるという贅沢♪

夫の同僚の方が
デザート作りが上手で
いつも甘すぎない美味しいデザートを
持ってきてくださいます。

楽しかったなあ。
それでは、また

ボランティア10&11週目の感想

カテゴリ:
こんにちは。

今週は
サンクスギビングの祝日があり、
水曜で終了。

この二週間の
二女のクラスでのボランティアは
21時間(通算123時間)でした。





担任の先生が
病欠している間は、
隣のクラスにいって
アクティビティをする機会がありました。

その結果、
一緒にボランティアしているママさんと、
「我が子らが
この担任の先生でラッキーだったね!」
ということで一致しました(苦笑)

隣のクラスの先生や
日替わりでいらっしゃる代理の先生と
子どもたちの反応をみていて、

環境も大事だけど、
そのなかでも人が一番大事なんだなと
改めて感じました。

二女はこれまでずっと
先生運がよいなあ
と気が付いた。

担任の先生が不在の間は、
代理の先生、校長先生、アシスタントに
わたしたちボランティア(二人)と
けっこうな数の大人が集結(笑)。

カリキュラムは
進まなかったかもだけど、
モンテのおしごと時間については
思いのほかうまく回り、
(個人的には)
大人同士の絆がすこし強くなった気がする!?

担任の先生が復帰してからは、
校長先生が熱心に活動されている
道徳に関する活動に
いつもより多く時間を使っていました。





謝るときには、
・ごめんなさい(謝罪)
・△したことがよくなかったです。
・次からは、〇するね。
・許してくれる?
という手順で謝るんだよ
と教えていました。


学校では(?)
色ごとに誓い(pledge)があり、
例えば、赤はTruthなのだそう。

水に食紅を落としてから
「正直でいます(意訳)」と
誓いの言葉を言って回し、

最後に
もしも世界中の人が正直になったら
どうなると思う?
と食紅を全部いれると、
水が真っ赤になるので、
イメージしやすい。

Pledgeの際などに、
教室でかかる曲:




そして、
小さな嘘がおおごとになるよ
というこちらの本
「あたし、うそついちゃった」を
読み聞かせていました。


Ruthie and the Not So Teeny Tiny Lie
Rankin, Laura
Bloomsbury Childrens Books
2007-06-26










最近、
受講しているNLP講座の
参考図書のひとつである
「4つの約束」という本を
読んでいます。


四つの約束
ドン・ミゲル ルイス
コスモスライブラリー
1999-04-01



この一章には
子どもの時、私たちは
自分たちの信じることを
選ぶ機会はなかった。(p4)
・・・」
と、「人間の飼い慣らし」のプロセス
について説明していました。

社会的に生きるためには、
上のような合意が必要だと
頭では分かる。

分かるんだけど、
大人の言うことに素直に従ったり、
「バツを受けるのと
どちらがよいか考えてごらんよ」
とクラスメイトに忠告?している子を
みていると、ついつい
大丈夫?本当にそれでいいの?
と心のなかで思ってしまったり・・・

反対に、
クラスで
いつも先生の目を盗んで
席を離れてあれこれ遊んでいる子をみると、
まだ飼いならされていないんだね。
(このままがんばれ!)
みたいな心持ちに。
(暴言、失礼しました)


さて、
サンクスギビングに因んで、




カウントブック(算数)
ターキーのパーツブック(生物)
I am thankfulの工作
感謝する対象が書いてあるミニ本(英語)
ハンドスタンプで作ったターキー
サンクスギビングに食べるもの(文化)
食卓のセッティング(日常生活の練習)
プレースマット(紙を編む)
数やアルファベットの塗り絵
アメリカ大陸の地図のなぞり書き(地理)
などなど

サンクスギビングから
こんなに広い分野に発展させるんだ
とすごく勉強になりました。

なかでも
子どもたちに大好評だったのが
先生によるパペットショーでした。

こちらは
アメリカの伝統的な絵本
I know an old lady who swallowed a pie
らしいです。





担任の先生はこのショーを
Youtubeに上げたらいいのに~
とこっそり思ったくらい、
パペットショーが上手でした。
(メロディはこちらの動画と同じでした↓)










長女も
サンクスギビングに因んで、

アラスカ先住民族
Athabaskan語を話す民族)が
感謝を込めて作るそうな
カバノキ皮の籠(Birch bark basket)を
紙工作してきました。


IMG_6508





長女の先生が
ニュースレター(活動報告)に
添付してくださる写真をみると、

子どもによっては
わたしがモンテ勉強で習った内容の活動を
している子がいました。

これなら
何かお手伝いできるかも!?
と思ったので、

小学校のクラスでも、
ボランティアさせてもらえるか
聞いてみます。

これからは
日本ではこの時期何をするの?
と聞かれたら、

新嘗祭に因んで
新米を食べ始めます
と答えてみようかなと
思っています。

Happy thanksgiving to you all!

スペリングビー大会

カテゴリ:
こんにちは。

娘たちを学校に見送った後、
朝九時台にようやく明るくなる
この頃です。

IMG_6501


側転ばかりする長女をみた夫が
側宙という技の存在を伝えたらしく、
まずは片手で
側転をするようになりました。
彼女の側転ブームは
いつまで続くのでしょうか。

さて、本題に。

学校のイグナイト教員が主催する
学内のスペリングビー大会があるそう。
どうもクラス対抗をするらしく?、
娘のクラスからは
長女を含めた三人が選ばれたらしい。


\本家はコチラですが、あくまで学内の行事です/



長女は、
クラス内の仲良しの子と
参加できるのが嬉しいよう。

その練習を
レセス(外遊び)の時間にやるので、
その許可をもとめる書類に
サインしました。

期間限定とはいえ、
Choir(合唱)で週二回、
スペリングビーで週一回、
外遊びがなくなり、
学校でほぼ運動していないことに💦

身体を動かす習い事を
いくつかすることにしておいて良かった~
と思いました。

学校から、
本家スペリングビーから
ダウンロードしたらしい
単語リストを持ち帰ってきました。

それをみると、
後半に並んでいる単語は
普段、担任の先生が
宿題に出してくれる単語より
難易度が高そう。

というか、
わたしも知らない単語が
けっこうあった💦

良い機会なので、
わたしも一緒に単語の意味を調べて
ノートにでもまとめてみようかしら。





去年いた学校では、
司書主催のブックバトルに出て
楽しかったと言っていたけど、
今回はどうかな~








とにかく、
楽しんでくれるといいな♪

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×