てくてく日記

Hilsen Helsetjenestenにて、次女の6週間健診。体重測定のほか、先生によるチェックアップ、ナースによるチェックアップと経口ワクチン(名前わからず、胃のため)がひとつあった。

体重は生後すぐは50パーセンタイルくらいだったのが70パーセンタイルくらいに成長。母乳はどうやら十分足りているようです。身長は、まだ腰の骨格が丸くなっている時期なので、はかっても意味がないため計測しないのだそう。

先生は、落ちそうになったときにつかまろうとする反射のほか、目などの健康状態をチェック。うつぶせにして、おしりのまわりのしわが左右均等にあるかなど(歪みのチェック)をみていた。大人に笑いかけるか、物などを目で追うか、排便は順調かなども質問された。そして、親や兄弟の様子など生活面のことも大丈夫ですかと聞いてきた。黄疸がまだうっすら白目に出ているので、聞くと、このくらいなら病院にいかなくても大丈夫だろうとのこと。もしひどくなるようならジェネラルドクターを受診するよう言われる。ひとまず、先生がチェックしたい項目はすべてクリアしているそう。

ナースは、授乳のこと、親の精神状態のこと、ビタミンDの摂取をはじめた方がよいことなど質問・説明してくれて、経口ワクチンを飲ませてくれた。ビタミンDは、この時期から冬の間は、大人も子どもも摂った方がよいとのこと。赤ちゃん用は液体のもの、子どもはグミタイプなど、大人は錠剤などがあるそう。母乳からはビタミンDは赤ちゃんに届かないので、直接飲ませる必要がある。

ひとまず健康に成長しているようで、よかった。
次回の健診は、生後三か月で、ナースによるチェックアップとワクチン接種があるそう。

長女のプリスクール生活はまずまず順調そう。お弁当は、時々お米、そして高い頻度でブロッコリーを残してくる。最近は急に野菜を目でみて嫌がり、口にしたがらなくなった。ちょっと前までは大好きだったのに、どうしたんだろう。

そして、3日目にして、家で英語の歌をうたうようになった。「ぐっどもーにん、ぐっどもーにん、はうわーゆ♪」と楽しそうに歌います。挨拶を歌で習っているようです。友人のお子さんは、ノルウェー語を家で話すようになって驚愕したそうで、、、(英語の幼稚園に入れたのに・・・と。泣)クラスメイトの影響も絶大のようです。

先生からは、指しゃぶりが気になるので(歯並びに影響してよくないので)、園ではやめさせるように働きかけますとのこと。薬局に、なめると苦いネイルのようなものがあるので、両親で話し合って、使うかどうか検討してみてはとのこと。

見送りにいくと、娘と同じクラスのパパさんに話しかけられた。すると、夫の名前を言うので、それは夫です~というと、アメリカの大学時代にいた中南米出身のお友だちだそうです。まぁ、この業界の人はたくさんいるとはいえ、同じクラスだとは奇遇でした。

産後6週間の健診にいってきました。指定されたジェネラルドクターに初めて会い、授乳は順調か、今後の出産計画の有無などについて質問と説明があった。そして、子宮頸がんと細菌検査のために細胞をとったりした。子宮頸がんの検査はノルウェーでは確か3年ごとにすると言っていたような。検査結果に問題があれば電話がくるそうな。

今回の産後は、耳が難聴ぎみになることがあったり、指先がしびれたりと、ぽつぽつ不調がある。今のところ、気になるくらいでそれ以上の症状がないから大丈夫そう。

説明するときに、体の器官が描いてある小さなカードを毎回出して指さして説明してくれるので分かりやすかった。


長女のプリスクール二日目。彼女の希望で、お弁当とスナック(おやつ)持参でフルタイムに挑戦。朝八時半から午後二時半まで過ごしました。

お迎えに行き窓の外から教室をのぞくと、クラスではちょうどスナックタイム。長女は、壁のポケットカレンダー(の日付の紙を入れ替えて)嬉しそうに手をほほに当てて、たぶん「わぁ!」と言っているところでした。

先生曰く、今日も泣くことなく過ごしていたそう。そして、Old McDonaldの曲では糸巻きみたいに手をぐるぐるして踊っていたそう。。。きっとそれ以外は指しゃぶりしてみたり、自由に玩具で遊んでいたんだろうなと想像。先生には日本語で何か話しかけてくるのだそう。「お水飲みたい」とかそういうたぐいのお願いじゃないといいんだけど。(娘のリュックは届く場所に置いて、水はリュックに入っているよとは伝えてある)

娘に園での様子を尋ねると「楽しかった~♪」というが、何をしたかは相変わらずわからない。「おとのこと(男の子)がアイスとっちゃったの~」と言っていたから、キッチンで遊んだのかもね。教室に入ったときには、アジア系の女の子と仲良さそうな雰囲気もあった。

アシスタントの先生はまた別の男性もいた。園庭をみていても、何人か男性のアシスタント(先生?)もいて、さすが男女差のあまりないそうなノルウェーだと思った。

この日は、帰りたくないと泣きもせず、みんなに笑顔で「ばいば~~~い、また会おうね~~」とご機嫌で降園した娘。帰りの車でお昼寝をはじめ、二時間ほど寝た。。。となると、親と過ごす時間(=日本語に触れる機会)はかなり短くなるということで。。。うーむ、14時以降のスナックタイム以降はとくに大切なカリキュラムはないし、でも、娘はみんなとスナックタイムを過ごしたいだろうし。。。ということで、これからも14時ちょいでお迎えにいこうと思います。

ちなみに娘と過ごす時間は、これまでと変わらないはずの夫が、娘のこんなにも早い親離れを一番寂しがっています。娘を嫁にやった気分なのだそうです(園で何しているのか分からないのは確かにちと寂しいものです)。毎日、娘たちに愛情たっぷり注いでいる夫らしい発言だなと思いました☆

7時にカーテンを開けて明るくすると長女が起きて、「幼稚園にいくよ~」というと、いつもより早めに着替えをして、寝起きなのに頑張って朝食を食べた。

8:15頃。荷物を置いて、チャイルドケアルームに行くと、担任の先生が待ち構えていて、娘を部屋に誘い、「Bye bye mama~」と素早く去るように促される。この日は、担任の先生と、男女のアシスタントの先生が二人。

10:00頃。ピックアップに行ってみると、先生がパペット人形で何やらやっていた。娘はみんなと並んで椅子に座っていた。一区切りつくまで外で待ち、入口に入ると娘が「かあちゃ~ん!」と言っていた。ので、てっきり泣いていたのかと思いきや、一度も泣かなかったそう。私の顔をみると嬉しそうに駆け寄ってきてくれたけれど、帰ろうかというと「みんなもいく?」という。「みんなはお外で遊ぶんだって」と返すと、「〇もいっしょにお外で遊ぶ~」と泣き出す。なので、園庭で遊ぶ時間が終わるまで延長してもらう。

11:00頃。再びピックアップに行くと、ランチが始まるところで、娘も着席していた。今日はお弁当を持たせていなかったので、自分の分がないと「お腹すいた~」と泣き出す娘。「今日はお弁当持ってこなかったの、ごめんね。明日は持ってきて、みんなで食べようね」それでも、帰りたくない娘。担任の先生が優しく、靴と上着を来て帰る準備をするのを手伝ってくれた。娘も着替えなど自分でできており、できないところだけ先生が援助してくれていたことにも好感がもてた。さすがプロだなぁ。先生と相性がよさそうだし、ゆっくり英語と身振り手振りで話す先生に、娘もやることなどちゃんと理解しているようだった。

まさか、初日からそんなに馴染むとは思わず、、、お弁当を準備してあげたらよかったなと後悔。子どもが登園している園の様子は初めてみたけれど、園長先生もカッパを着て外遊びをしていたり、どの先生もはつらつとしていてフレンドリーでとってもよい雰囲気でした。明日からはお弁当を持たせて、先生から迎えにきてくださいと電話がこなければ、最後までいてもらおうと思います。帰宅してからも元気いっぱいで、ご飯をもりもり食べて、お昼寝もせず過ごして、19:30に就寝。

娘のあっけない適応っぷりに、夫婦でBetter & sweetな気持ちを味わったのでした。それにしても、いつも饒舌な娘だが、何をどうしたという流れを説明することはまだ難しいみたい。断片的に言うので、一体どんな遊びをしたのかよくわからない。とにかく楽しかったらしい。

このページのトップヘ