ボランティア25週目の感想

カテゴリ:
こんにちは。



今週のボランティアは
9時間(計332時間でした)




算数などのおしごとと
並行して
Biomeの
エクステンション活動が
続けられていました。

IMG_0465
(これは、植物担当と魚担当の子のコラボ)


わたしは
亀チームのお手伝い。

ティシューを
ホイルで巻いて
形を固定して、


IMG_0832


そのうえに
マスキングテープを
貼ると、


IMG_0833


色塗りができます。


IMG_0835


甲羅をぬりぬり


IMG_0837


乾くまで
手足はお預け。


IMG_0839


二女の二つ目は、
コクチョウ(黒鳥)。
先生と一緒に下書きスタート。

IMG_0840


白いクレヨンで
はじき絵にしたあと
切り抜きます。


IMG_0861


水の上に
泳がせたら完成。


IMG_0863


きっと、
どの大陸の
どの絵カードの生き物を
選んでも

先生は
どんな方法で
アート活動するか
考えてあるんだろうなあ。




そして、
いよいよ水のサイクルの
提示がスタート。

まずは、
先生が氷をお鍋に入れて
火にかけます。

すると、
液体(水)になりました。

そのまま熱し続けると、
気体(蒸気)が発生し、
ついに鍋の水がなくなります。

そして、
言語(英語)では
Diamonte Poemが
紹介されました。





そして、
読み聞かせの本が
一冊終えたので、


Mr. Popper's Penguins
Atwater, Florence
Little, Brown Books for Young Readers
1992-11-02


映画を鑑賞。




三月の
春休みを挟んで
最後の4学期が始まります。

フィールドトリップも
たくさん計画されていて、
ボランティアに通うのが楽しみです。

それでは、また

ファミリーコンサート

カテゴリ:
こんにちは。

犬ぞりレースの記事に続き
こちらも先週末に
なってしまうのですが、

ファミリーコンサートに
行ってきました。

コンサートの前には、
オーケストラ団員さんが
楽器のふれあい会
(Instrument petting zoo)が
ありました。

バイオリンが習いたいと
いつもいつも連呼している
娘たちは大喜び。

(習い事や学校の合唱を
減らさないとキャパオーバー)


IMG_0722


バイオリンの各部名称を
説明してくださり、

その後、
弦の見た目と
出る音の違いを教わり、

弓を使って
音を出してみることに。

ストロベリー!
と話しているように
それぞれの弦を使って
音を出しました。

楽しくなった二女は
全部の楽器を試すんだと
こちらにも。

IMG_0731




直前に
チケットを買ったので
座席は二階席だったのだけど、

まさかの仲良しご家族が
お隣の座席をとっていたり、

どの楽器が
いま音を出しているかが
見渡せてすごくよかったです。

今年のテーマは、
「動物(生物?)」だったようで

ライオン、

ネコ
ターキー
パンサー
ゾウ
火の鳥の他

Peter and the wolf
(ピーターと狼)が
披露されました。

体験型のコンサート、
親子ともども
満喫しました。

それでは、また

犬ぞりレース

カテゴリ:
こんにちは。

先日の温かさは
偽物の春という時期だったのか?
今は、再び-20℃の
second winterになりました(多分)。

IMG_0482

先週の
学校がお休みの週末には、
Fur Rondyという
お祭り?が開かれていて、

その中で、
犬ぞりレース(世界大会)が
開かれていました。

娘たちの学校前が
コースなので、そこで見学。

IMG_0693


今年も、
道路が封鎖されて、
雪が運ばれて、
こんな風に
犬ぞりコースが作られました。

今年は去年より少ない
13チームが出場。

先導役の
スノーモービルが通ると、
お、いよいよ始まったな
と分かります。

道路を封鎖して、
そこの安全を守る
市の職員さんが、
レースのラジオ中継を
大音量で流していたので、
臨場感があってよかったなあ。

初日のスタート直後、
数分おきに
犬ぞりが駆けてきます。

IMG_0524


娘は犬ぞり犬の
ぬいぐるみを持参して
応援していました。

IMG_0517



復路で
この場に戻ってくるのは
〇時ころよ~と教わり、

ちょっと遅れたら
あらまあ、
半分以上が
通りすぎたあとだった。

最終日、
3日目にも
復路を応援に。

今回は、
この先を左に曲がったら
ゴールという場所で、
三つ巴になって駆けてきました。

追い抜くときに、
抜かれるチームのマッシャーが
脇によけて
犬ぞりを止めたんだけど、

犬たちが
とたんにキャンキャン鳴いて、
早く走ろうとでも
言っているようでした。
(すごい体力だし、
走るのが天命とでも
感じているのかしら)

IMG_0713


早いチームは
一回1時間15分とか
ゆっくりでも
1時間40分程度で走っているようで、

三日間の総合得点で
順位が決まるようでした。

マッシャーや
犬たちにお疲れ様!

道路が横切るたびに、
轍で分断された犬ぞりコースを
スコップでせっせと修復して、
犬たちが走りやすいように
されている方、

道路封鎖地点で
交通整理していた
市の職員や警察の方、

いろいろな方に支えられて
このレースが
成り立っているんだなと
そこも胸アツでした。

今年も感動をありがとう♡

今週末は
Iditarodの犬ぞりレースが
スタートしますよ。




それでは、また

クライミング大会~初出場

カテゴリ:
こんにちは。

三連休、
いがかお過ごしですか?

こちらも祝日と
学校の学期の切り替わりで
ほぼ休みの一週間でした。

だからかな、
最近は大会が多いです。





先週の
クロスカントリースキーの
大会に続き、

今週は、
クライミング教室の
大会がありました。





コーチに推薦されると、
選抜チームに入れて、
姉妹は今月から
チーム入りしました。

偶然、
今月、クライミング大会が
スケジュールされていて、

入ったばっかだし
まだいいだろうと
スルーしておいたら

コーチから
出なよ~言われて、

大会で出される
おいしいピザやのピザと
ラッフルチケットに
まんまとひかれて
参加することにした姉妹(笑)

IMG_0570

大会は、
4時間もありまして、

その間に、
課題のコース6つを登り、
カードに得点を
書いてもらいます。

IMG_0622


各コースのホールドに、
ここまで登ったら5点、10点、
と5点きざみで得点が貼ってあり、
最後のホールドを掴んだら
25点がもらえます。

ボーナスポイントも
あるらしいけど、
わたしにはよくわからず。

娘たちは、
一番下のレベルに
エントリーしたので、

次々に登っていき、
二人とも早々に全ルートクリア。

IMG_0579


コーチから
次の中級レベルの
得点表が手渡されて
挑戦することに。

普段の教室では、
一回に登るのは、
せいぜい3ルートくらいだそうで、

途中で、
長い休憩をとり
おにぎりを食べて
エネルギー補給しつつ
登っていきます。

IMG_0630


このレベルになると、
20点あたりで
腕がリーチできなかったり、
うまく蹴り上がることが
出来なかったりと、

これがきっと
世にいう
技量不足ってやつ
なんだろうなと思いながら
見上げていました。

(もちろん、
わたしは初級さえも
登り切れないのでございます^^;)

IMG_0649


下のコースでは、
最後のホールドに
えい!とリーチをかけたときに
足がはずれてしまい、
悔しかったそうです。


IMG_0643


二女は
選抜チームの年齢要件に
足りていなかったけど
なぜか入れてもらっていて

でも、
他のみんなと同じ条件で
クライミングしているので、

ホールドに
腕が届かないことも多く
中級レベルでは
特に苦戦していました。

IMG_0651

それでも、
懸命に挑戦するので、
コーチたちが大きな声で
声援をくださいました。

4時間まるっと、
11コースほども登った娘たちは
お腹ペコペコで
ピザにかぶりつきます。

お待ちかねのラッフルでは、
当たると信じて疑わない二女が
サプライズ賞を引き寄せ(笑)、

長女は
最初のレベルで
まさかの準優勝に呼ばれ、
ピザを落として、
びっくりしていました。

IMG_0664


あとから
結果表をみると、
1位から4位までタイで、

タイブレイクにより
長女は2位
二女は4位にランクイン
していたのでした。


IMG_0663


負けず嫌いの二女は
悔し涙を流して
次はぜったいメダルを貰うと
闘志を燃やしていたのでした。


賞にはびっくりしたけど、
それよりも、

参加している子どもたちが
今ここに集中して、
諦めないでどうしたら登れるか
思考錯誤している姿が
本当に輝いて見えて、
何度もうるうるしてしまいました。

心ふるえる
感動をありがとう!

それでは、また


習い事~アイスショー準備開始

カテゴリ:
こんにちは。

先秋から
水がわりにコーヒーを
がぶ飲みしていた生活を
手放しました。

さすがに
カフェインが抜けきったようで
最近は別に飲まなくても
大丈夫なものになりました。

ローカルアーティストの
Ted Kimさんが
ローカルコーヒー屋さんの
パッケージデザインをしていたので、
友人へのお土産に購入♡






IMG_0346


Sandhill crane(カナダヅル)
なのかなあ???






さて、
長女と毎日、
テーピングとマッサージなどを
続けていて、

復帰後は
幸いにも痛みが出ておらず、
ありがたや。





2週間のお休みで
アイススケートの試験は
どうなるかな~と見守っていたら、

長女はパスして、
次のクラスに進み、

普通に
練習を続けていたはずの
二女がパスできなかった(爆)

たぶん
二女はクライミングに
力を入れた方がよさげだし、

今も乗馬を
やりたがっているけど、

姉がやっている、
姉と同じことをして
(できれば勝ちたい)一心で
アイススケートを
続けたがっている節あり。

はて
どのタイミングで
自分の道を進むように
促そうかしら...

長女は
5月にある
アイススケート教室の発表会で
ついにソロで滑るそうです。

発表会のテーマに合わせた曲が
大量にリストにあり、

それを母がよなべして
ファイルにして
YouTubeリンクをつけて、視聴。

なかでも、
彼女が好みそうな曲に
色をつけておきました。

それを
ひたすら聞いて
長女は色を付けた曲が
やっぱり気に入ったそうで、
その曲を聴き比べると
ソッコー選曲が終了。


IMG_0353


彼女は
決断がとても早くて
潔いくらい迷いがないなあ。

コーチに報告すると、
さっそく曲を編集して
短くしてくださり、

振り付け練習が
始まりました。

それが楽しくて
仕方がないようで、
何よりでございます。

母は、
右も左もわからないまま、

衣装はどうするか、
自主練はどうやってやろうか、
などなど

コーチに相談しながら
裏方と体メンテを頑張ります。

それでは、また

ボランティア24週目の感想

カテゴリ:
こんにちは。

冬になると
頻繁に葛きりを食べる
我が家です。

糖分とりすぎ注意かな^^;



さて、
今週のボランティアは
15時間(計323時間)でした。





バレンタインの
交換会があったり、




Biomeの活動が
続いています。





自分が選んだBiomeから
気に入った生き物カードを選び、
その説明書きカードを
完成させると、


IMG_0301
(文章の書き写しは、特に男の子が嫌がったなあ・・・)


お愉しみの
アート活動が始まります。

ある子は、
図鑑やパソコンで調べて
画用紙にスケッチしたり、

IMG_0336


ある子は、
クレイを使って、
造形します。

IMG_0302

二女は
こちらのカエルを
先生と一緒に作りました。

IMG_0334


先生がね、
アーティストの才能が
あるんじゃないかしら。

IMG_0340


生徒に寄り添って、
その生き物を
よく観察するような
声掛けをされていて


IMG_0342


個性あふれた作品が
ぞくぞく出来上がっていきます。

IMG_0333


廊下に展示するために
画用紙で文字を
切り出してきて、
他のクラスの子に
発表するのだそうです。


他には、
国語(英語)に関する活動で、
クラスでやる予定の演劇の
準備が始まりました。

今年は
「眠れる森の美女」らしく
先生が映画をみせながら、
ちょくちょく動画をとめて

登場人物だったり、
ストーリーの場面設定だったり、
ストーリー展開だったりを
みんなで確認しながら
進めていました。

読み聞かせの本も
新しい本に変わりました。





来週からは
早くも最終学期。

これからの活動も楽しみです。
それでは、また


屋根の雪下ろし

カテゴリ:
こんにちは。

真冬なのに
chinookと呼ばれる
温かい風が吹いて
雨が降りました💦

IMG_0349

図書館の庭に
ムースがいました。
木の皮を齧った痕が
みえますでしょうか。

こうやって
形成層を食べているけど
ちゃんと木が生き抜ける
あんばいでやめているようで
夏には葉が茂ります。

お互いの生存のための
絶妙なバランスをとっているさまに
いつも感動しています。

さて、
屋根の雪下ろしの記録です。

これまでの二年間は
屋根の雪おろしは
近所を見渡しても
いなかったように思うのだけど
(アンテナ立っていなかっただけ?)

今年は
スノウストームが
何度もやってきて、

このあたりで
一度、雪下ろしをしないと

今後の雪で
家が雪の重さに
耐えられなくなると
あちこちから聞きました。

近所でもちらほらと
雪おろしをしていたのですが、
業者に頼んだら、
屋根が急すぎると断られ💦

仕方がなく
雪下ろし道具を購入。
なかなか楽しい♪



この道具、
9ftまで
棒が伸ばせるのだけど、

案の定、
そんなに長くすれば
重すぎて持ちあがらない。

持ち上がったとしても、
てこの原理でもちあげるスペースが
そもそもない。

上がったとて
ながすぎれば棒の真ん中がたわんで
力が伝わらず、

屋根の手前側を
かじかじ落としただけに
なってしまいました。

あちこちのつてで
雪下ろしを
引き受けてくれる業者がみつかり
お願いできました🌟

三人で
シャベルでなく
ダンプみたいな大きな道具で
雪を降ろすこと三時間強。

IMG_0325


そのあと、
下に落ちた雪の片付けで
一時間強。

IMG_0331


一人でやったら、
4-5日はかかったろうし、
落ちて怪我してたかもだし、
可愛くないお値段だったけど、
お願いしてよかったです。

来年からは
雪下ろし予算を
確保しておこうと思います。

それでは、また

クロカンスキー大会~スケートスキーデビュー

カテゴリ:
こんにちは。

今週は、
祝日と学期の終わりで
学校で面談があったりして
お休みが多い週です。

夜中に起きて
ベンキョーしていて
朝に二度寝して起きたら、

姉妹が協力して
朝食を作ってくれてあって
びっくり&感動しました。

IMG_0437

卵の下には
お米が入って
オムライス風。

IMG_0439


普段、
わたしは朝ご飯は
食べないのですが、
おいしく頂きました💛

IMG_0356
(長女作↑)


週末には、
夫とバターロールを
作った娘たち。

IMG_0412


どんどん手際がよく
なっていく娘たち。



クロスカントリースキーの
子ども向けの大会がありました。


IMG_0361


出走?までの間には、
座って滑るスキーや
バイアスロン体験などをして
楽しみました。

IMG_0375


いよいよ
レースが始まり、
長女は3Kレースに出場。

わたくしも
後ろから滑ったのですが、
スタート以来、
長女の姿をみることは
ありませんでした(笑)



スケートスキーが上手な
お友達パパさんが
長女に伴走してくれたようなのですが、

シーズン初めより
随分とスピードアップしていて
速かったそうです。

どうりで追いつけないわけだ。
そんなこともあって、
わたしもついに、
スケートスキーデビュー。

これまでの
まっすぐお散歩するように
歩くスタイルから

スケートのように
V字で滑るスタイルに
変わりました。

IMG_0422


初日は、
ポールを使わず、
平地をひたすら往復。

これまでより
スピードが出るため、
V字をキープするために
ちょくちょく足を上げて
内側に戻さないと、
足が割けて前に転ぶ^^

暑くて、
汗だくになりながら
ようやっとそれっぽく?
滑れるようになりました。

次の課題は、
坂道を登れるようになる
でございます。

それでは、また

子どもの労働~バレンタイン

カテゴリ:
こんにちは。

バレンタインは
いかがお過ごしでしたか?

娘たちは
クラスでプレゼント交換があるので、
せっせと内職して
準備していきました。


どっさり持って帰って
まいりました。

IMG_0262


実は
バレンタインといえば
チョコレートというのは
日本だけ!?で

チョコレートだけでなく、
キャンディや、
ちょっとした工作や
文房具や玩具などが
交換されています。

この時期、
娘たちに必ず読んでもらうのが
こちらの本です。





ユニセフによると、
5歳から17歳の子どもの
なんと5人に一人が
児童労働しているのだそうです。





こちらの本は
まだ娘たちには渡していないのですが、
8歳で日本人相手に
売春せざるを得なかった少女も
出てきたりします。







カカオ豆の味を
知らない子どもたちが
学校にいけずに
安い賃金で収穫したチョコレートを
食べていることを知った長女は





「みんな全然知らないと思う」
といって、クラスで
この本の英語版を読んで
シェアしてきました。



その安さ、
誰かの時間(命)を
搾取したものではありませんか?

自分もまずは知ることから
はじめます。

それでは、また

コモンニーズ~クラファンのお願い

カテゴリ:
こんにちは。

ボランティアに通う
モンテ小学校で今週は、

一年生を対象に
生態群系(Biome)について
先生が提示を始められました。





南米大陸の
バイオームを
マット一枚につき、
ひとつのバイオームの
絵カードが並びました。


IMG_0236


写真は、
北米の山地に関する
バイオームの絵カードセット
になります。

上の段が
生物に関する絵カードが
(哺乳類、鳥類、魚類、昆虫・・・)

下の段には、
人間の生活に関する絵カードが
(コモンニーズ:
衣服、食物、住まい、音楽、・・・)
並んでいます。

いわゆる地理学と
文化地理学が
融合したような活動です。

みんなで投票して
2つのバイオームに絞り、
2つのグループに分かれて
これから調べ学習をしたり、
ポスターにまとめたりしていくようです。

このコモンニーズを
満たすために、
モンテのコズミック教育、平和教育では
何重にもなっている
地域コミュニティを
大事にしているように思うのですが、

現実的には、
今の経済システムでは、
コモンニーズを満たすことを
お金で解決しがちになり、
コミュニティが
どんどん希薄になってきている。。。(参考↓)











繋がりあいのなかで
人は生きているはずが、
お金でということになって、

その繋がりが阻害されて
貧困や自死の原因となる社会は
資本主義が
作り出しているのでないか?

という部分も
「コモンの自治論」では
紹介されているそうです。
(届くのが楽しみです)

そんな折、
生きづらさをなくすために
NLPの師匠と先輩たちが

「NLPコーチを育成することで
自殺率を減らすための活動」を
はじめられました!





クラウドファンディングという形で
ご支援いただけます!
上のサイトをご覧いただき、
ご支援をよろしくお願いいたします💛

自死にも
いろいろあります↓



そして、
わたしのNLPの師匠が
Kindle本を出版されました💛

「9人のアジア人女性達が、
家族や文化や社会の中で
どんな風にもがき、あがき、
それでも自分の生きる道を探していったか!
が書かれてい(引用)」るそうです。



こちらも
読むのが楽しみです~

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×