りんごの活動

カテゴリ:
こんにちは。

二女のモンテ校でのボランティア。
ついに、モンテのおしごとの時間に
お邪魔できました。

わたしが教室に入ると、
静粛練習をしていました。

先生が、
水のなかに食紅を垂らして
何秒間、静寂を保っていられるか
カウントしていました。

今は、秋ということで、
リンゴがテーマのよう。

動画をみながら、
工作をします。

えんぴつだけじゃなく、
はさみの持ち方と、切り方が
とっても斬新な子がいて、
アハ体験をしたかのように
自分のなかでの常識が
変わったように思います。

なんだか
モンテの先生になるのなら、
0歳から3歳までの担当をして、
日常生活の練習を済ませた子たちを
キンダーガーテンクラスに送り出したい、
なんて考えてしまう。

ちなみに、
先生やアシスタントは、
鉛筆の持ち方や、
はさみの使い方については
一切、触れない。

・・・ここまで面倒をみていたら
カリキュラムが進まないからなのか、
やり方を押し付けないのが
アメリカのやり方なのか、

先生に
余裕がありそうなときに、
質問してみたい。





工作が終わると、
スケッチブックと色鉛筆を持って、
4年生のいる教室へ移動。
上の学年の教室をみれて
うれしいわたくし。


そこで
バディアップして、
校庭にあるクラブアップル
(すっぱい姫リンゴのようなもの)を
摘んで食べて、木のスケッチをしました。


そのあとは、
今日は、言語と算数の棚から
おしごとを選びましょう。

と、順番に
おしごとを選ばせてから、
各自のおしごとタイム。

そこでも、
はさみが使えないからって
おしごとができないわけではないことも
よく分かりました。

よいところは伸ばすけど、
できてないところを底上げすることは
しないのがアメリカなのかしら。

ともあれ、
お気に入りのおしごとは、
嬉々として繰り返してやっている
子どもたちが観られて、
とてもいい顔していました。

と同時に、
先生は、数人にグループ提示をしていて、
他の子が何をしているか
見ている時間はあまりないようす。

お迎えに来た親に、
うちの子、今日はどうでしたか?
と言われても、
ちょっと困るかもねとも思った。

わたしは助けてって
言ってきた子に、教具の使い方を
伝えたりして過ごしました。


この日は、
Celebration of lifeという
モンテ式のお誕生日祝いを
みることができました。





太陽の形の台に
12か月の名前が
パズルのようにはまる道具
(上のリンクの写真を参照)を使って、

IMG_5566


お誕生日の子の
誕生から今までの生い立ちを
スライドで紹介していました。

それから、
Somewhere in the Universeの本を使って、
太陽系の地球にある、
北アメリカ大陸のアメリカ合衆国の
アラスカ州にあるA市の
〇小学校にA君がいる奇跡について
お話ししてくれました。





午後もやっぱり忙しく
過ぎていくんだなあと思いつつ、
濃密な時間を過ごさせてもらったことに
感謝です。

それでは、また

フィールドトリップ~陸・水・空気

カテゴリ:
こんにちは。

二女のクラスで
フィールドトリップがありました。

ボランティアの親たちは、
子どもたちを現場まで
車にのせていくのが役目です。

先生は、
フィールドトリップに
頻繁に行けるよう、
毎日、子どもたちに
いい意味で洗脳しています。

先生のNo.1プライオリティは何?
と聞くと、

子どもたちは
私たちの安全を守ること!
(Keep us safe!)
と答えるように
しつけられてる(笑)

それから、
トリップ中、
犬が通ったらどうする?
自転車が通ったらどうする?

と細やかに対処法を伝えて、
実際に訓練してから出発。

今回の目的地は
ラグーン(潟湖)でした。






これは、
モンテの文化教育のカリキュラムで
陸と海(水)の提示に関する
社会科見学だそうです。





事前に、
陸、水、空気に関する
アクティビティを教室でやってきていて、
陸、水、空気を確認していました。

特に、水には、
湖もあれば、川も、海もあること。


IMG_5092





\陸と水/
IMG_5093


水と空気、陸と空気などが
接続していることを
強調していました。

他には、
地元の地理だとか


\海には干満の差があること/
IMG_5099


植物学に関することも、
話していました。



\草本類と木本類の区別/
IMG_5097


もともと
エネルギッシュな先生だけど、
フィールドトリップ中は、
さらにハイテンション。

走って移動して、
トンネルでは野太い声で吠え、
わたしとは正反対のキャラだなあ
とそれはそれで楽しいです。

去年、二女が通っていた
私立のモンテ園より
だいぶアクティブなのは、
キンダーだからか、
先生の情熱が違うのか。

とにかく、
モンテの実践のようすを
体験させてもらえることで

この年齢では
どこまで突っ込んで説明するのか
などの匙加減と、
子どもたちの反応を見られることが
とても参考になります。

それでは、また

モンテ修行開始。

カテゴリ:
こんにちは。

長女が何か縫っているな
と思っていたら、
I love youって刺繍して
プレゼントしてくれました。
お守りにしよ♡←親ばか


IMG_5089


スクールイヤーが始まり、
早2週間(二女の場合)。

ついに、
クラス内でのボランティアが
解禁。


事前に
サインアップしてあったけど、
先生からは特に連絡がなかったので、


今日、
ボランティア要りますか~?


と、
午後から来るかな?
みたいなノリで聞いてみると、


カモンイン~!!


と勢いよく
招き入れられて、
いきなりクラスルームヘルパー開始(笑)

朝のサークルタイムを
見せてもらいました。

出欠をとり、

今週のクラス内の
当番決めをして、

どんなときに、
どんな大きさの声で話せばいいのか
確認して
(友達と話すとき、
みんなの前で話すとき、
と必要に応じたボリュームで
話すように言われてた)

カレンダーの
今日の日付を書き入れるために、
月の歌、
曜日の歌をうたって、
日付はモンテ教具の金ビーズと
色ビーズでも伝えていました。

今日からは、
ジャーナル(日記)をはじめるそうで、
絵日記のイラストは、
妄想じゃなくて、
自分の記憶にあることを描きますよ
と説明されていました。

週末の記憶を、
先生がホワイトボードに
描いてみせると、

子どもたちは、
自分の席に行って、
絵を描きはじめます。

声掛けしても、
週末に何したのか覚えていないのか
描きたくないのか、
空白のままの子。

先生が土曜日は
よい天気だったよねと
太陽を描いていたから
それをコピーする子。

自分の記憶の絵をさっさと描いて、
他のページにも描きたくて
たまらない子。

文字をすらすら書けて、
絵を描きおえると、
文章を書いている子。

目が合うと、
自分の描いた絵について
説明してくれる子。

絵も
頭足人を描く子。
頭首胴足と人を描く子。

何度もわたしのところにやってきては、
ぼくのママはさっき帰ったんだから、
あなたも帰りなさいよ
とぶつぶつ言ってくる子。

(ぼく、寂しいんだから、
二女だけずるいぞ~
という主張がありそうに感じた)

十人十色で
楽しかったです。

それが終わると、
ヘルスの授業で、
担当の先生のもとへ
子どもたちは移動。

その間、
わたしはアシスタントの方に
教わって、
コピーをとって、
アクティビティに使う
教材の準備をしてました。

ひたすら切って、
ホチキスで留めて、
糊貼りして~と地味な作業をします。

モンテは
たいていどの活動も
最後は抽象化していくので、
おそらく紙をどっさり使う。

先生は、
マスターコピーに
指示を出しておくと、
アシスタントが準備してくれるし、

レセス(外遊び時間)にも
同行しないので、

日本の先生よりかは
だいぶ負担は少なく、
カリキュラムの方に集中できそうな
環境に感じました。

子どもたちは、
ヘルスの授業から戻ると、
外遊びをしてから
ランチタイム。

スケジュールを淡々とこなすと
あっという間に午前中が
終わる印象でした。

ランチタイム中は、
わりと静かに食べてるな~
と思っていると、

女の子が
ベルをちりんと鳴らしました。

二女曰く、
みんなのおしゃべりが
うるさいと思った人は、
ベルを鳴らして、
静かにしてもらうのだそうです。

次は、
モンテのおしごとをする
午後にお邪魔しますと約束して、
この日はお昼でお暇しました。

ボランティアは
いつでも大歓迎!!
とのことだったので、

それを真に受けて、
英語の練習と
モンテのトレーニング
(勝手に実践修行)を兼ねて、

午前中の雑用は週1、
午後のモンテおしごとのお手伝いを
週4くらいのペースで
押しかける予定です。

公立モンテ校は
やっぱり運営が厳しいようで、
ファンドレイズして
教師のモンテトレーニング代や
教具代を捻出しているのだそう。

ということは、
英語さえクリアできれば
わたしでも学校に貢献できるはず・・・!
とよい方に誤解してみる。

帰る前、
今日は、この提示をするよ~と
嬉しそうに見せてくれた先生。

次回、
先生のグループ提示を見るのが
愉しみです。

それでは、また

グレートレッスン~宇宙と地球の始まり

カテゴリ:
こんにちは。

夫がついに
米粉入りパンを焼いて
ベトナムサンドイッチの
バインミーを振舞ってくれました。

具材も
お店で買ったときの
あの香りとお味でした♡

IMG_5048


さて、
長女のモンテ小学校では、
グレートレッスンが
はじまっているようです。

グレートレッスンは、
モンテの小学校過程の
カリキュラムの一つで、

①宇宙と地球の始まり
②生命の始まり
③人類の始まり
④文字の始まり
⑤数字の始まり

の5つがあるはず。

長女の話によると、
その一つ目の
宇宙と地球の始まりについて、
お話ししてくれたよう。


\こんなイメージ/



動画にあるように、
ビッグバンの様子を
風船を割って表現して、

太陽ができて、
水星
金星
地球



と惑星ができていったことを
語りつつ、

惑星の大きさや
特徴が伝わるような具体物を
見せてくれたそうです。

例えば、、
太陽は大きな紙で描かれていて、
水星や金星は、
(やけどをしない程度に)熱い石を
触ったりしたそうです。

なので、
マニアほどではないけど、
宇宙好きな長女は
すごく楽しかったのだそう。





ちょうど、
夜が長くなってきた時期だし、
簡易なプラネタリウムを
長女と組み立てることにしました。





もうちょっと貸してよ
的な感じで食いつく長女。


IMG_5055

小さなネジは
おばさんには見えにくいので、
やってもらって助かる(苦笑)


IMG_5057


恒星球は、
南半球と北半球とがあって、
リアルで見える星空がいいかな
と北半球をチョイス。


IMG_5061


寝る前に、
部屋で灯すと、
あら、素敵!

IMG_5073


恒星球の継ぎ目が
線になっちゃったのはご愛敬♡

娘たちは、
ミルキーウェイ(天の川)がある~!!
とか大興奮。

天井が角ばっているので、
遠くの星はぼやけてしまうのですが、
それでもキレイ♪

長女は、
宇宙はひろいなあ
と呟いてから
いつもよりすんなり寝付きました。

長い冬の癒しになりそうです。
それでは、また!

雪山のハイキング

カテゴリ:
こんにちは。

エリザベス女王が逝去された
ニュースを知り、
娘たちとニュースなどをみました。



我が家は
コーギー犬を飼っているのもあり、

娘たちにとっては、
コーギーをたくさん飼っている女王様
という認識。

長女の興味は、
何歳からコーギーを飼い始めたのか、
でした^^;





長女は、
サンタさんにお願いして、
エリザベス女王に
お花を供えたいのだそうです。

そして、
女王(飼い主)がいなくなって
寂しいだろうから、
我が家でコーギーを一匹、
引き取ってあげると
手紙を書きたいそうです。

女王の飼っている
コーギーの血筋を
おいそれと譲り受けられるとは
到底思えないけれど、
娘の気持ちにほっこりしました。

今後、
王家のコーギー系統は
どうなるんだろうなあ。

どこに住んでも、
コーギーを連れて歩いていると、
みんなが可愛がってくれるのは、

エリザベス女王や
ターシャ・テューダの影響も
大きいのかなと感じます。


さて、本題に。

昨日、
近所の山で初冠雪だったので、
もしかして今週が最後!?
と思いながら、

我が家が(も)大好きな
ハッチャーパス(Hatcher Pass)に
向かいました。

去年は
9月下旬がラストハイクでした。
でも、中秋の名月のあたりに
雪が降るのは去年と一緒。





そんなわけで
直前まで、
どのトレイルにしようか~
と迷っていましたが、

山の雪の積もり方を見て、
Marmot Mountain Trailに
登ることに。





どこまで登れるかな~
と歩き始めます。

IMG_4809



見る方向を変えると、
紅葉の色が違うので、
きょろきょろ忙しい^^





トレイル沿いの茂みをみて、
目が慣れてくると、、、


IMG_4812


ありました、ありました♪
ブルーベリー。

IMG_4814

夏から秋にかけて、
山にはフルーツがあるので、
ハイキングの持参おやつが
軽くてめっちゃ助かっています。

IMG_4819

二女は、
大粒の美味しそうな実を
見つけると、
手に握りしめて、
わたしにプレゼントしてくれます。
渡されたときには、
実がつぶれているんですけど、
いつもとびきり甘いのを選んできます。

IMG_4852

長女は、
ベリーの目利きが上手。

彼女曰く、
まず目で、皮の色味をみます。
黒っぽいのが甘くて、
ブルーが甘酸っぱい。

黒っぽい実のなかから、
ぶよぶよと柔らかいものを選ぶと
味見をしなくても甘いんだよ
と解説してくれました。

甘酸っぱいものを注文すると、
その通りの実を
選りすぐってくれました。

ときどき、
わざとクロウベリーを
渡してきて、
わたしが気づくのか試してくるw


IMG_4856

急で、
泥が滑りやすい斜面を登って、
地リスを眺めながら、
おやつ休憩。

中秋の名月ということで、
お餅をついて
持っていきました。
元気でる!

IMG_4874

滑って登れなくなったら
引き返そう~と
もう一息歩くことに。

IMG_4911

ついに、
雪が積もっている
標高の高い場所まで
登ってきました。

IMG_4925

今シーズン初の雪に
大興奮な娘たち。

IMG_4931


さっそく
ちび雪だるまを作っていました。


IMG_4933

大きな雪玉も作ったね。
紅葉を愛でながら、
雪遊びをするのって
何だか新鮮。

IMG_4940


帰りは、
何度も尻もちをつきながら、
紅葉の秋を満喫しながら
下山しました。

夫が摘んでくれた
ブルーベリーはさっそくジャムにしたので、
この冬に愉しみます。

あと数回、
ハイキングに行けるといいな!

それでは、また

モンテ校のオープンハウス

カテゴリ:
こんにちは。
近所の山に初冠雪でした。
どうりで寒いわけだ。

IMG_4762


重陽の節句の話をして
カモミールティーを
娘たちと飲みました。

IMG_4765

そしたら、
長女が担任の先生に
節句のことを説明して、
カモミールティーを渡すんだと
お茶を包んで
手紙を書いてもっていきました。

先日、
娘たちの学校の
オープンハウスがありました。

それぞれの教室に行くと、
先生がいて、

日ごろの様子を聞いたり、
娘たちに教室で
どんな風に過ごしているのか
みせてもらいました。

長女は、
分数のおしごとを
しているようで、

IMG_4716

1/9のピザを
工作してきました。

IMG_4700


小学校の教室は、
あまり飾り気がなかったのが
印象的でした。
(他の教室もみたけど)

長女のクラスは、
謎が多かったので
先生から娘の様子がきけて
ちょっと安心しました。

それにしても
やたら淡々とした先生だったなあ。


二女の教室は、
すごく広々していて
過ごしやすそう。

IMG_4730

二女は、
日常生活の練習のなかから
ほうきとちり取りの
おしごとを見せてくれました。

IMG_4734

二女の先生は、
ベテランだし、
はつらつとしていて、
いつ行っても過ごしやすいです。

それでは、また

デッキの補修

カテゴリ:
こんにちは。

野菜便に入っていた
不揃いのりんごたちをみると、
ほっとします。

スーパーに並んでいる
野菜たちのかげで
どれだけの作物が
廃棄されているのだろう・・・

IMG_4679


かぼちゃの甘酒&豆乳プリン。
プリンとは言えないくらい
ザ・かぼちゃな味になった(笑)
生クリームを飾ると、
舌の上でいい塩梅になりました。


IMG_4687


去年、
ウッドデッキの防水コートを
塗ったのだけど、

チョイスを失敗したようで、
冬に雪に埋もれて
濡れている間に
コーティングが浮いてしまった(苦笑)

なので、
別の種類のペイントを
塗りなおすことになりました。

からっからだった夏のうちに
やっておけばよかったんだけど、
雨がちな秋に始動・・・

晴れ間のうちに
さっと作業しないと💦なので、
コーティングを
きれいに剝がすために
電動やすりを導入しました。
地味に楽しい♪


IMG_4675


階段部分だけ
試しに削って&塗ってみたら、
今度は大丈夫そうな予感!?


IMG_4677


うまく行きますように☆彡
それでは、また

湖へのハイキング~Carter Lake Trail

カテゴリ:
こんにちは。

連休最終日は、
晴れ間を求めて南へ。
Carter Lake Trailに向かいました。





晴れてくれた。
夏の名残りみたいな空。

IMG_4583

雨が多かったので、
影が嬉しい。

IMG_4584

きのこをチェックしながら
湖に向かって、
斜面を登っていきます。

IMG_4595

途中、
小川を渡る分、
プラス、雨水がトレイルを流れているのを
何度も越えて、進んでいきます。


IMG_4609


ついに、
左側に湖が見えてきました。
駆けだす娘たち。


IMG_4613

ついに、到着。
愛犬は、
小川は怖がったけど、
湖には入る。

IMG_4621

帰るときには、

IMG_4644


愛犬も
小川を渡れるようになって、
泥まみれの足を洗えました。


IMG_4661


今日も、
楽しく運動できたことに
感謝です。

それでは、また

縦走ハイキング~Mt. Gordon Lyon & Rendezvous Peak

カテゴリ:
こんにちは。

週末には、
お友達ご家族と一緒に
Rendezvous PeakとMt. Gordon Lyonを
縦走ハイクしてきました。





去年も
行ったところです。





道中、
ブラックベアが見れて
木々が黄葉してきていました。
もうすっかり秋です。

IMG_4414

Fireweedが
その名の通り、
紅葉していました。

638

スキー場のリフトは
$15払うと、
オフシーズンに
三回頂上まで行けるそう
(下りは自力)。

リフトで上に向かう方々の下を
我々は、ひーこら言って
登っていきました^^

そこを上り詰めると、
まず一つ目のピークの
Rendezvous Peakに到着。

IMG_4428

先ほどの景色が
嘘だったみたいに、
霧で見えなくなりました。
スナックタイムをとって、
次のピークに向かい、
斜面を下ります。

IMG_4437

谷間にあたる場所で、
トナカイの好物の地衣類の隙間に
ブルーベリーやコケモモなどを
摘んでおやつにしました。

IMG_4447

ミニサイズのリンドウに
会うのも、
ハイキングに来る愉しみ。

44


二つ目のピークの
Mt. Gordon Lyonでも、
霧で真っ白(笑)。

IMG_4504

下りはじめると
お手頃な岩場が
たくさんありました。

馬に見える岩に登って、
ごっこ遊びする三人。

IMG_4491

地衣類で
ふかふかしてる地面を
歩きながら、

IMG_4496

複雑な色味を
愛でました。

37


こけもも(クランベリー)。

IMG_4522

標高の高い場所の
ブルーベリーは
まだ人があまり来ておらず、
大粒で甘かったです。

IMG_4532

娘たちは、
とにかく走ってくだるので、
数粒、ブルーベリーをつまんでいる間に、
見えなくなってます^^;


IMG_4535

なんだかんだで
11kmほど歩きましたが、
いやあ、疲れた。

IMG_4540


ハイキングは、
毎週コンスタントにいけないと、
あっという間に、筋力が落ちるなあ。
と夫婦で実感したので、

毎日、運動して
筋力維持していこうと
思いなおすことができました。

それでは、また

二女のボランティア

カテゴリ:
こんにちは。

週末は
グルテンOKな我が家。

早朝からビシ!バシ!と
夫がパン生地を捏ねる音が響き、

こんなご飯が
準備されていました。

私と長女に人気な
くるみパン。

IMG_4411


秒でなくなる
カスタードクリームパン。


IMG_4388


週末に
ミンチを作っておくと、
平日助かるので、
姉妹にお願いしたら
喜んでやってくれました^^


IMG_4408


学校がはじまり、
長女の課金お手伝いは
家族の洗濯物をしまう
になりました。

何かと忙しいこの頃、
洗濯物が裏返っていたもの以外は、
わたしが畳んでかごに入れておきます。
これで、脱いだときに
個々人が表に返す習慣がつくといいな^^


二女は、
夏休み中からやっている
ベッドメイキングが上達。
かけ布団を広げるときに
全身を使って
ばっと広げる動きを習得して
貫禄が出てきました。

(粗大運動の敏感期中の
お手伝いによいのかも!?)


さて、
二女のクラスには
さまざまなボランティアがあります。

そのなかで、
お!と思ったのが、

スナックを食べるときに使う
ナプキンを週末に洗う
というボランティアでした。
(さすがモンテ校!)

私がやりたい他のボランティアを
兼任してもよいとのことだったので、
一年間、まるっと
引き受けることにしました。

ひとまず初回は
わたしがやってみると、
乾いたらすぐに畳めば、
別にアイロンしなくても
手アイロンでピンとする生地が
使われていました。

というわけで、
今年は二女に、

畳んで、入れる
IMG_4572


ボランティアを
やってもらうことに。

こういう、
面倒で地味な仕事は
なかなか枠が埋まらないから
先生が困っていたし、

我が家的には、
人の役に立って喜ばれる気持ちや
責任感をもっておしごとをする経験を
二女にさせてあげられるし、

私的には、
香害が起きそうな
合成洗剤で洗ったもので、
スナックを食べさせないで
よいのが嬉しいし、

三方よし!
心を込めて、奉仕します。

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×