外コンポストの準備

カテゴリ:
こんにちは。

屋内プールで
ぬくぬくと寛ぐエルサですが、
彼女が目にしている景色は
アラレが降る寒空だったのです。



IMG_7434


いつもモールに販売に来る
有機農家さんが
じゃがいもの種イモを
売ってくれました。

麻袋をゲットして
栽培したいなあ。





室内コンポストの経過メモ:

コンポストの一つ目は
生ごみを少しだけ入れて
スペースを残しすぎて密封したからか
嫌気できなかったようで、
青カビが生えて失敗。


もうひとつは、
八分目まで詰めてから密封したので、
嫌気に近づいたようで、
白カビが生えました。





酸っぱいにおいがしてきて
ぼちぼち外のコンポストに移す時期が
来たみたい。


ちょうど庭の雪が半分溶けたので、
家族で庭のお掃除をしました。

日本人的には
わざわざススキを庭に植栽する
感覚が斬新だなあと思っていますが

とにもかくにも
庭にあるススキの枯れ草が
もっさり。

長女が
植木ばさみを使いたがり、
よぼよぼ(はさみが重いの)と
カットしてくれました。


IMG_7404


長女が気に入った
ハンノキの仲間の花序。
まだ日陰には雪が残ってます。


IMG_7426


姉妹で、
コンポストの組み立てを
してくれました。
特に二女が張り切る!

雪が解けていて
(少しは温かいはず!?)、
かつ目立たない場所に
設置しました。


IMG_7408


BBQに使った炭を砕き入れ、
長女が集めてきた落ち葉を入れ、
ススキの茎を入れ、
土を振りかけて、
生ごみ受け入れ態勢ができました。


IMG_7422



今の時点で分かったのは
室内コンポスト2つ
外コンポスト1つでは、
100%の生ごみは処理しきれない~!!
という現実が明らかに。


アスパラガス、バナナ、みかんなど
不可食部位がたくさん出る野菜・果実は
コンポスト的に
贅沢食物なのだな(笑)


ということで、
まずは試行錯誤。

何でもかんでも
コンポスト投入ではなく、

家庭菜園のために
いい土を作る目線で
生ごみを振り分けてみよう!
と思います。

それでは、また

イースターエッグ

カテゴリ:
こんにちは。

夫の週末パン屋さんは
今週もおいしいものが盛沢山。
塩パン。

IMG_7351



カステラがしっとり!
美味しかったなあ。


IMG_7359



イースターの週末だったので、
卵の色付けしました。
クレヨンでゆで卵に絵を描いてから


IMG_7361


フードカラーを入れた
酢水に漬けました。


IMG_7365


漬ける順番と
組み合わせで、
色合いが変わって楽しい♪


IMG_7368


エッグホルダーに載せると
可愛く見えるなあ♡


IMG_7353


中身は
色で染まらないのがよいなあ。
卵、食べ過ぎました。
それでは、また

夏休みの準備~サマーキャンプ

カテゴリ:
こんにちは。

ここに引っ越してきて
一年経ったというのに、
娘たちの習い事をせず(苦笑)

ハイキングが習い事!?


IMG_3576




だけど、
最近は学校後も
体力が有り余っているので、
それも限界かな。


しかも
次年度からは、
姉妹で同じ学校に
同じ時間帯で通うにあたり、
わたしも送迎屋デビューします。


ちょうど5月半ばから、
まるっと三か月!!!
の夏休みが始まります。


今年のサマーキャンプは、
習い事をはじめる前の体験会
というスタンスにしよう。


そんなわけで、
娘たちが兼ねてから
習い事をするならやりたいと
言っていたリスト↓より、






姉は馬術競技会をみて
憧れていた乗馬を、






妹は二歳からやっていた
クライミング
選んだそうです。





幸い今年は
姉妹で同じクラスに参加できるので、
両方とも、
姉妹で受けることにしました。


申し込んだ乗馬クラブは
外の他に室内施設があったので、
習い事として通うのであれば
もしかして冬場も通えるのかも?
車で5分!


クライミングジムは、
以前、通っていたところよりも
ずっと高い場所まで登れる
めっちゃ立派な施設でした。
車で9分!


よくよく考えてみたら、
どちらも10分以下で着く場所でした。
(地方都市、ありがたい)


どちらも
むしろわたしが習いたいくらいで、
興味もあるし、
わたしにとっても
チョイス有難いチョイスでした。


あとは
先生やら
馬との相性がよいといいな。


実は
大枚をはたいて  
二つサマーキャンプに
申し込んだくらいでは、
10日間ほどしか
埋まらないんです(苦笑)

12週間フル(=週2-3日)で
娘たちの習い事候補の
サマーキャンプに通い詰めると
$4200/人から$4800/人かかります。
姉妹で、その倍!


夫は快く出してくれるけど、
サマーキャンプで埋め尽くすのは
何かが違う~!
とわたしの価値観が言います。

ここは
NLPのリフレーミングで、

わたし、
この夏の育児予算が
潤沢だわ♪



こんなに資金があるのだから

思い付きで
動物園やプールにいけるし、

娘たちと
裁縫やアクセサリーの材料だって
値段を気にせずに買える。

ちょっと面倒なら
ランチを買ったっていいし、

もちろん
普段は買わない材料を買って
手間のかかる料理を作ってみてもいい。

・・・こんなに使いつくせないな

時間があるからこそできる
素朴だけど豊かな体験を
してみよう♪

そう思うと、
あまりの長さに
げんなりしていた12週間も
わくわくなものに変わりました。

それでは、また!

春のよろこび~芽が出た

カテゴリ:
こんにちは。

朝はまだマイナス℃になって、
二女が
「美しいから見て~!」
と言ったのがコチラ。
水たまりに張った氷です。


IMG_7052


この氷の厚さが
だんだんと薄くなって
娘たちが踏んだときの音が
日に日に高い音になっていく。


いつが家庭菜園の
はじめ時なのかな~と
霜の様子を観察していたのですが・・・

雪が解けてくると、
去年の9月に植えた
球根の芽が出ていました。
(たしか水仙かクロッカス)





雪のなかで
こんなに伸びていたんだな~


IMG_7331



これをみて、
ニンニク鉢植えの不織布を
昼間は外して、
お水をあげはじめることに。



IMG_7322


二女は
じょうろにハマって、
何度も水を汲んできて
鉢、土、雪、岩などの上に
注ぎまくっていました。


特に、
岩の上にまくと、
水の流れ方が楽しい!
そうです。


ぼちぼち、
種まきをはじめてみよう。
それでは、また!

長女のお裁縫

カテゴリ:
こんにちは。

めいちゃんの500円玉を
読んでるな~と
横目でみていたら、

そこに出てくる
ネコがかわいかったので、
そのぬいぐるみを作りたい!
と長女がやってきた。



めいちゃんの500円玉
なかがわ ちひろ
アリス館
2015-12-11



キタ――(゚∀゚)――!
わたくしの苦手なお裁縫!!

というわけで、

検索で出てきた
こちらの型紙を見せたところ、
愛犬の三毛と同じ色でよきかな
とのこと。





以前と違って、
型どりから、完成まで


IMG_7246


口だけで手助けすれば
自分でできるように
なっていました。


IMG_7247


針の糸通しも
(大人が刺繍に使う)針穴のものでも
大丈夫なようです。


IMG_7250


玉留めも
思い出したらしい。

「人形作るって
こんなに大変なんだね。
家にある人形、大事にしなきゃ!」

と言いながら縫っています。
(実践、お願いします!)

IMG_7258


目、鼻、口、足の刺繍を
頑張っていました。


IMG_7266


もう19時過ぎたけど・・^^;
すごく集中して、
ボディを縫い合わせて、
綿を詰めて完成。

それでも、
口だけはかわいくしたくて
頑張ったのだそうです。
・・なるほど~!


IMG_7270


愛犬の
「新しいおもちゃくれるんですか?」
という眼差しのなか、

ルルちゃん♡
と呼んでいました。


そんなわけで、
苦手といえども、

ときどきやり方を聞かれたら
説明書を一緒に解読したり、

こんがらがった糸の処理を手伝うくらいなら
そんなに苦にならないぞ
と気が付いた。

次は、
検索の仕方と
印刷の仕方を伝えてみます。

翌日▼
長女が刺繍を愉しんでいると、
(花と葉だそうです)

IMG_7282


案の定、
二女がわたしもやりたい
と言ってきた。

すると、
長女が自主的に
イラストを描いて、
顔の輪郭の縫い刺しを
二女に教えてくれていました!


IMG_7286


裁縫苦手な母の救世主だ~♡
と目がハートになりましたとさ(苦笑)

長女の面倒見のよさに
どこまで頼っていいのかなと思い、
本人に聞いてみたら、

「へ?なんで?
ちょうど刺繍してたから
同じことやってたし、
教えるの楽しかった」
そうです。

好きなことは
教えるのも苦にならないのだな。

それでは、また

スパイク履いて滝へ

カテゴリ:
こんにちは。
最近、週末の朝ご飯は
長女や夫が作ってくれます。

今週は、
夫が前日から仕込んでいた
焼き立てチーズパンを頂きました。

量り売りのお店のヨーグルトも
素朴で美味しかったから
今度、グラスフェドミルクで
自作してみようかな♪


IMG_7186


我が家が
唯一、グルテンを摂るのが
夫のパンとおやつ♪
でございます。

たいてい週末は運動するので、
粗糖やグルテンを
多少摂っても大丈夫なはず^^

シュークリームの腕がすごいから
グルテンフリーのシュー皮に挑戦してよと
オファー中。



さて、
週末には、
滝好きな夫のチョイスで
Thunderbird Fallsに行ってきました。
昨年の5月に行った場所です。






踏み固められた雪が凍っていたので、
大人が靴にスパイクをつけて
子どもと手をつないで歩く作戦。

愛犬が滑らないのをみて、
四つ足で歩いてみる二女。


IMG_7188


転びまくり(笑)


IMG_7190


写真には写っていないけれど、
小さな野鳥の群れ(見えなくて種の特定できず)が
木の芽を食べていて、
芽鱗(がりん)
粉雪のように降ってきましたよ。


IMG_7191


春にトレイルを歩く楽しみは、
山菜採り!





去年は六月に
ちょっと遅かったかあと採ったけど、
今年はいつになるかな。

芽をみるかぎり、
ここのはもう少し先かな↓。


IMG_7193


ここには太い木が割と多くて、
木にはうろができています。

長女が
いくつもうろを見つけてくるので、
お題をだしました。

IMG_7202


中をみると、空洞なのに
たしかに生きているね。

穴があいていても、
木が生きていられるのはどうしてだろうね?

お子さんとの対話を愉しむコツは
こちらに紹介されていて、
とっても参考になりますよ↓




つるつる滑落?しながら
滝に到着しました。

凍っている時期だけ、
滝つぼが見える場所に
簡単にアクセスできます。

IMG_7205


日陰で暗くて失礼!
滝つぼにはつららが垂れていました。
愛犬は、滝の音が怖くて
早々に退散。

IMG_7207


長女にカメラを持たせると
撮ってあったのがコチラ↓。
去年の花がドライフラワーになっています。
(種の特定は割愛。苦笑)


IMG_7224


目でみて
あからさまに凍っている場所を選んで
尻滑りしてくる長女。

登り直して、
また滑っていましたよ。



IMG_7229


やっぱり
これくらいのトレイル
(往復一時間半)では
何ら体力消耗しない娘たち。

今年は、ちょっと長くて、
難易度の高いトレイルにも
足を延ばせそうな予感。

これからは
大人の体力が
鍵になってきそうです。

それでは、また

ハイキング初め

カテゴリ:
こんにちは。

長女は、学校で
2D shapeプロジェクトをやったらしく
(レクタングルだの、ペンタゴンだの)、
寝る前のおしゃべりが止まらない。

だからかな、
ピタゴラスプレートと
シルバニア家具(家はあえてもってない)
とのコラボの家が斬新なんだけど
機能的にもよく考えられていて
興味深いです。


IMG_7082


さて、週末には
近所の雪山にお散歩&橇滑りに
Flattopのふもとのトレイルを
歩いてきました。
(まだ家の庭には雪があります)





去年は10月から根雪になって、
ラストハイクは9月でした。
半年以上ぶり。





長女が
雪を手にして投げ上げると
ちょうどアナ雪のエルサが
手から魔法を出しているみたいに
キラキラと雪が舞います。

こういう雪遊びをヒントにエルサ?
とか妄想を愉しむ(笑)


IMG_7131


今回は
3キロくらい体重を減らさないと!
と獣医さんに叱られた愛犬も同行。

8歳になって、
おばさんぽくなってきました。
散歩紐をもっていなくても
逃げも走り回りもせず
マイペースに歩きます。


IMG_7159


途中、この雪斜面を登ろうと
チャレンジするも、
父娘とも滑ってしまい断念!


IMG_7164


橇滑りして、
おにぎりを食べて帰ってきました。


IMG_7170


帰宅後も、
娘たちは自転車に乗りたいだの
公園にブランコに乗りに行こうだの
ぜんぜん体力消耗してない!

一方、
シーズン初ということを考えても、
歩いてぐったり疲れたわたくし(笑)。
この冬でだいぶ体力が落ちたみたい。

次の冬は、
もっとスキーをするか、
もっと橇滑りで斜面を駆け上がるか、
何か運動を考えよう♪


IMG_7175


元気な娘は、
夫のパン作りをお手伝い。
伸ばした生地を二等分して、
ねじねじ、ねじねじ・・・


IMG_7180


可愛い花巻になりました。


IMG_7178


最近、
夫のハレの料理が大好きすぎる二女が
わたしの地味(よくいえば滋味)料理は
いや~~~!!と泣くんですけど(怒)。

それでは、また

【Refuse】量り売りのお店を発見

カテゴリ:
こんにちは。

今朝、
長女と愛犬と学校へ歩く途中、
あるお宅の庭にどでーんと
ムースが座って反芻していました。

だいぶ大きくなった子ムースでした。
身を守るために、とくに犬に対して
威嚇してくることを知っているので、
子ムースが座っているうちに
走って通り過ぎました。

ところが
道路を挟んだ向かいに
ママムースがいて、
野生動物との事故で危険度1、2を争う
母と子の間に入る状況に。

幸い
車が通りかかった車が
わたしたちの速度に合わせて徐行して
ママムースからわたしたちをガードしてくれたので
何事もなく済みました。
(今回は、ママムースも別に攻撃するようすはなかった)


地元のひとたちは
捕獲するでもなく
ムースを受け入れて共存する姿勢を
とっています。
(わたしはそれが好き)

ムースと通行人、
どちらが悪いってことでもないのですが、
運よく切り抜けられてよかったです。

毎日歩いて、
ムースと遭遇率の高い場所
=ムースの行動圏の中心地、が
わかってきたので、
登校ルートを変更して
安全確保ができそうです。



本題も長いのに、
前置きもながくなってしまった!!


数日前から
生ごみをコンポスト
に入れるようになって・・・






今度は、
ゴミ箱のなかのプラゴミ
がより目立ってきました。

プラスチックの環境への影響については
この記事へ▼




かつての我が家では、
家に入ってくるプラゴミは
形状的に大きく2パターンがありました。


頑丈すぎる作りだったり、 
かさがあるプラゴミ:

ヨーグルト容器、
キムチ容器、
麹容器、
お肉・魚のトレイ、
液体洗剤の入れ物、
食器洗剤の入れ物、
ジャンプ―・コンディショナーの容器
トイレ洗剤
などです。


かさは少ないけど
数多く出てしまうプラゴミ:

豆、砂糖、粉ものが入ったビニール袋、
みかんが入ってるようなネット
などです。



①については、

去年から少しずつ
手作りに挑戦してきて、

発酵する時間はかかれど、
実際にわたしが
手作業をしている時間は30分に満たない
ことが分かってきました。


例えば
納豆はこちら▼




最近は、
自家製納豆を少し余らせて
スターターに使っても
ちゃんと粘るようになってきました。
何回行けるかは未知ですが、
さらに買う頻度は減りそう。

作業1:大豆を計って水につける
(1分、慣れていなくてもせいぜい3分)

作業2:大豆を蒸し器にいれる
(同、せいぜい2分)

作業3:蒸しあがった大豆が人肌になったら
スターターと混ぜる
(同、せいぜい5分)

トータル10分の手間
(何度か作っている今は3分から5分)
でできます。

=アジアスーパーまでドライブして、
店内を歩いて、
レジに並ぶよりずーーーーと時短。
(注:あくまで我が家の事例です)


キムチはコチラ▼
手作りすると辛さを調整できるので、
子どもも食べます。
粉末とうがらしでなく、
粗びきとうがらしを使うのがコツ。






はコチラ▼
まだ修行中ですが、
できるめどはついてきた!?






洗剤はコチラ▼
市販の箱入り粉せっけん洗剤を
洗濯に使っています。

お風呂やトイレのお掃除は
重曹のみで充分でした。

今の課題は、
中性洗剤(いわゆる毛糸製品の洗剤)が
まだ脱プラできていません





みかんやアボカドネットについては、
スーパーのばら売りで
簡単に回避できることが分かりました▼。






こんなふうに
わたしの独断と偏見と主観ではありますが、

楽しく、お得に、簡単に!

をモットーに、
市販品をうまく活用するゆるエコ
進めてきています.


が、、、



現在、
ゴミ箱で目だっている
プラゴミは:


お肉とお魚のトレイ
お肉やさんに突撃!?


ヨーグルト
まだ美味しいヨーグルトに
出会えていないなあ。


シャンプー/コンディショナー
まだ手作り石鹸とお酢リンスは
お酢の匂いが嫌で試したくない(笑


粉もの、豆類などの袋
製粉機でも買わないと
実現できなさそう。

あたりです。



どうしようかねえ
・・・と思っていたら、

ここにも、
量り売りのお店
がありました▼






行ってみると、
とってもこじんまりとしたお店。

メイソンジャー(ガラス瓶)を
生活に溶け込ませることができる
さまざまな用途に合わせたフタ▼


IMG_7067


食洗機の洗剤もばら売り▼
これは、1つ75セントと、
一般的なエコ系食洗器洗剤よりも
割高でした。


IMG_7068


洗剤やシャンプー
コンディショナーが量り売り、
または固形石鹸として
売られていました▼

棚の下に空き瓶が置いてあって
その中に入れて持ち帰り、
空になったら洗って返却するしくみ。

品物によりますが、
1oz(30ml弱)で50セントでした。
500mlの石鹸を買ったら、8ドル強。

オーガニックのお店の値段を考えると
まずまずのお値段ではないでしょうか。


IMG_7069


リンスの石鹸もあっていい香り♪
しかも、地元で作られた品のよう▼
これで、お風呂には
・シャンプー石鹸(もしくはジャー)
・リンス石鹸(もしくはジャー)
・重曹ボトルのみにできる?
そしたら、今のラックさえいらなくなる?


IMG_7071



パスタや香辛料、油、お酢のほか、
牛乳やヨーグルトも
デポジット(瓶代)を支払い
購入できるようになっていました▼



IMG_7070


ローカルで作っているものが多いのも魅力で、
地元の製品を応援していきたい♪

カーボンフットプリント▼






残念ながら、
量り売りに
小豆と大豆は見当たらなかったし、

お肉はなくて、
トレー問題は残っているけれど、


お得さと、ラクさ、もちろん品質を鑑みながら
量り売り生活をじわりじわりと
取り入れてみたいと思います。


いずれは、
ゴミ収集の箱を小さいサイズにして節約
瓶ゴミも減り、
リサイクル用のゴミ箱を返却できる(これも節約になる)
日が来るといいな。


それでは、また

そこかしこで春!

カテゴリ:
こんにちは。

昨日は
雪景色だったけど、
今日はやなぎ?の花が咲いていました。


写真では見えにくいけど、
ステラズ・ジェイがいて
二女と鳴き声観察↓。


IMG_7024


スコーンのおやつを
米粉とスペルト小麦粉=3:1を
入れて焼きました。

左は、
にんじんとくるみが入ったシナモン味。

右は、
ごまが入ったきなこ味。
子どもにも好評でした~


IMG_7008


去年の夏から
水栽培しているミントの葉が
また大きく育ってきました↓。


コンポストに入れるのをはばかられた
ネギの根っこも
ガラスコップに活けたら
テーブルグリーン代わりになってます↓。


IMG_7025


コンポストを始めて、
ちょっとしたことなのですが、
ゴミをみる目線が
どんどん変わっていくのを感じます。


コンポストの底の網目が
つまらないように、
アマゾンからの箱に入っている梱包材(わら半紙)を
とっておくようになったり。


ぼかし(EM菌)を混ぜた
コンポストの蓋を開けると
案外臭くないぞと感動してみたり(笑)。


アラスカの気温を考えると、
生ごみはフードプロセッサで
粉砕しておくとよいのか!?
(やってないけど)


面倒だけど、
バナナの皮は
はさみで刻んでおこうかな


とか、
あれやこれや考えております。
ぼちぼち外用のコンポストをポチろうかな。


それでは、また

米粉パンケーキと洋服リメイク

カテゴリ:
こんにちは。

週末は
グルテンゆる解放デー。
夫作のカスタードパーヴェ?とかいうパン。
秒で消えました。


IMG_6938


これは、
長女が雪遊びで作った
桜餅だそう。


IMG_6981



今日は、
今日も!?
子どもたちの活動記録でございます。



朝食には、
長女作の米粉のパンケーキ。
アラスカ州の形に焼けたから、
ジャムでアンカレジに印をつけたそうです。



IMG_6947


それを見学していた二女は、
平日のランチ(別の日)に
米粉パンケーキを焼く!
とはじめました。

しろくまちゃんのホットケーキを
参照しながら、
焼き具合を観察してる二女の
ぷっくりほっぺがかわいい(笑。




米粉パンケーキには、
自家製ジャムより、
メープルシロップをかけたほうが
合うねと話しながら試食していました。

シロップも
アガベのような暑い場所の植物のものより、
カナダでとれたメープルシロップの方が
体を冷やさないのかしらとか
二女とぶつぶつ考えておりました^^。


IMG_6993


一方、
長女は、白いスカートを
アナ雪2のエルサドレスに
リメイクするそうです。

原案↓

IMG_6960



切って、、、


IMG_6961


マジックで模様を描いて
壊れていた肩紐を縫い付けて
・・・終了(笑


IMG_6969


布をマントにして
駆け回っていました。

学校にリメイク服を
着ていきましたよ。

このクオリティでいいのか!?
とよぎったけど、

お友達に可愛い♪
と言ってもらい
満足したようで何より(苦笑


IMG_6973


それでは、また!

このページのトップヘ

見出し画像
×