カテゴリ:
先日、次女の育児記録を書きましたが、そのトイレの部分の経過です。1歳4カ月のなりたてに、突然、おしっこサインを出してくれるようになりました。まだ、服の着脱は自分でできないのに、パンツはかせてトイレトレーニングやった方がいいの!?と正直戸惑っています(なにしろ、長女は三歳までトイトレやりたくないと、なかなかやらなかったズボラ母ですから・・・)。ひとまず、おしっこサインを出しやすいように、次女用のミニトイレをバスルームに常設することにしてみました。詳しいことは下にかきます。





----------

ある日、「しーしー」と言いながら、指さしてる次女。「はいはい、しーしーね。。。。え、しーしー?おしっこ?」と聞くと、そうそうみたいなボディランゲージをする娘。とりあえず、おまる持ってきて、座ってもらうと、大が出ました。「でたねー、やったねー」と片づけると、娘はまだ「しーしー」言ってる。「しーしー出た」と言ってるのかしらと早合点してたら、立ったままおしっこが出た。ありゃま、まだおしっこしたかったのね。ごめんよー。これが最初。


まぁ、偶然かなと思ってたら、別の日は、一日に二度もおしっこサインを出してくれて、おまるに大小できていました。わぉ。しばらく、娘のオムツサインを尊重しつつ、これまで通りのパンツ型おむつ生活でもいいですかね。。。と娘の様子を見ているこの頃です。