カテゴリ:
諸々の許可申請のために、アメリカに行ってきました。さんさんと太陽を浴びて、気持ちが明るくなりました。2年ぶりのアメリカの印象は、フレンドリー、ドーナツがおいしい、何でもでかい、やたらペーパータオルをつけてくる(日本ならおしぼりビニール1つ、ノルウェーはペーパータオルホルダーに自分で取りに行く、アメリカだと10枚以上こんなに使わないよというくらいくれる)、中身に見合ったビニール袋に商品を入れてくれない(大は小を兼ねる的な精神!?)・・・

さすがエコロジカルフットプリントが5.0(もし地球人口がアメリカと同じ生活をしたら地球が5個必要という贅沢な使い方をしているという意味だそう。ちなみに日本は2.8)の国です(参考)。子どものためにはどんなこともしてあげたいという親心があるはずなのに、子どもたちが将来より長く暮らす地球に負荷をかけ続けてまで便利・楽を求めるのはいかがなものでしょうと自問してしまった。

DSC_7019

久々にホームタウンで過ごして、そのいいところ、悪いところを再認識してきました。日本からのお店が続々増えていて、さらに日本書店もできる予定とかで、日本とほぼ変わらない生活も、(特に金銭面で叶う家庭は)しようと思えばできそうですね。なかでも、悪いところのひとつと思っていた、広すぎて、移動に時間がかかる件は、運転中に考え事ができるという利点があるぞ(地球に負荷的にはNGで小さな暮らしをするべきだよね、本当は)と、今回気が付きました。ここノルウェーではどこに行くにも車で10分程度なので、考え始める前に到着してしまいますから、何事もとらえ方次第ということですかね。どうせなら前向きに考える癖をつけたいものですわ(内省&自己矛盾)。

そして、一番嬉しかったのは、私たちの友人・知人と娘の幼馴染みとの再会☆彡博物館に行ったり、公園で遊んだり、お宅にお邪魔したり・・・!わざわざ会いにきてくださってありがとう♡。皆さんのおかげで、毎日、娘たちはおおはしゃぎ。娘がお友だちとさよならした直後に「あー、会えてよかった」とぽつりと言った言葉にその喜びが表れていたと思います。その大人びた言い方に、夫婦で、ふっと笑ってしまいました^^

他には、長女は自分が産まれた病院(目立つビル)を覚えて、得意げに「ここで産まれたんだよ」と言ったり、、、お友だちだけでなく、大人相手にも堂々とコミュニケーションをとることもできていて、私なんかはすでに顔負けでございます。

皆さんに毎回言われたのは、長女の身長と体つきがしっかりしていること。長身なのは遺伝子で~かもしれませんが、体つきは家族でトレッキングしたり、幼稚園でも毎週、森に散歩に行ったりして体を動かしているせいじゃないでしょうか。幼稚園のクラスでは、とりわけ娘が目立つ体型ではありませんから。次女がボーイッシュなのは、私ゆずりみたいです。わたしも、小学生まで、スカートはいていても男の子と間違われましたから^^;

ノルウェーに戻った今は、またしても時差ぼけ。プラス、長距離移動はやはり体にこたえますな。すっかりアメリカ時間になってしまった我が家なのでした(泣)。以下は、手続き関係の備忘録です。ご興味ある方だけどうぞ。





------
さて、今回の旅の目的は以下のとおり:
1)再入国許可申請(済)
2)次女の永住権取得(済)
3)次女のソーシャルセキュリティナンバーの申請(未)
4)運転免許証の更新(済)




1)再入国許可申請:
我々夫妻は、アメリカ在住時に永住権(グリーンカード)を取得したので、本来、(通常)年間6か月はアメリカに居住している必要があります。なので、現在は、アメリカ政府に再入国許可証 (Resident Re-Entry Permit)という、永住権を保持する意思を示す申請手続きをして、ノルウェーに滞在しています(これについて詳しく知りたい場合は日本語での説明もあった)。前回(駐在前に)申請した際に、政府から2年間の条件付きで許可が出たので、そろそろ再申請をする時期になりました。

弁護士が書類を申請するだけなので、こちらのアメリカ大使館でもできそうな手続きなのですが、申請時に、当人がアメリカ国内にいなくてはならないとのことで、今回はそのためにアメリカに入国しました。その後、指紋をとったり、面接をするためにもう一度、アメリカに足を運ばねばならないという。。。子連れには過酷な申請手続きです。アメリカ側としては、いいですよ、別に永住権を保持していだたかなくても~という立ち位置でしょうから、仕方がないですね。せっかくアメリカに行くので、食料をたくさん買い込んでこようと思います(納豆はノルウェー約1000円、アメリカは安いものなら約130円とかなり節約できます)。

再申請なので、許可が降りない場合、降りても1年間な場合、2年間OKな場合と、三通りの結果が考えられます。どうなることやら。





2)次女の永住権取得:
次女の永住権の取得申請をして、彼女の再入国許可証申請(上記の1)の手続き)もする必要があります。通常、グリーンカードの年間発行数には制限があって、日本人は有利とは言われていても、それはそれは面倒な手続きが必要なわけですが、次女の場合は家族関係による永住権の取得が適用されるので、ビザ割り当て数は無制限となっているようです。

空港の入国審査(パスポートにスタンプを押してもらう)の際に、審査官に口頭でその旨を伝えると、「エスコートプリーズ」と無線で連絡されて、いわゆる別室に通されます。そこで、手続き申請をしてくれました。我々の場合、「現在」米国に居住していないので、米国に居住する意思がないのに永住権は出せないと最初に言われて怪しい雲行きに。はぁ、ここまで来てダメかと半分諦めていたところ、上司にかけあってくれて、なんとか申請できた次第です。これだけで3時間ほどかかりました。。疲れた。

申請当日に永住権を発行してもらえるらしいとも聞いていたのですが、残念ながら郵送。ということで、1)の申請を次女の分はできないかと泣きたくなったのですが、次女のパスポートに入国審査官がその旨を一筆書いてくれていたので、それで申請できますと弁護士が言ったそうで一安心。





3)次女のソーシャルセキュリティナンバーの申請:
まだ次女の永住権が手元にないため、叶わず。次回かな。







4)運転免許証の更新:
以前、いつも空いていたDPSに行ってみると、なんと長蛇の列。どうやらいつも空いてると噂になって、逆に混むDPSになってしまったらしいです。結局、3時間も待合室で待ってました。子どもたちはシールブックや、お友だちがくださった日本のプリンセスなどの雑誌のおかげで、大人しくしていてくれました(大感謝!)。

入館時に、2つ整理番号を渡されたのだが、1つの番号を呼ばれたときに(同じ要件なので)夫婦で行くと、呼ばれた番号しか受け付けないとはねつけられ、、、私はもう一つの番号のカウンターへ。呼ばれてすぐに行かなかったので、最初から並びなおせと言われるかと思いきや、遅れてすみませんと謝ったら受けてくれた(ほっ)。

だけど、もうひとつの難関が。。。運転免許の更新には、州内に住んでいる物理的な住所が必要で、更新できないと言われる(わかっていたけど、ごり押しする予定だった)。理由を説明して戻ってくることを伝えると、その住所をどこにするかと、隣の人と相談してくれました。そんなときに、先に手続きが終わった夫が来て、友人のお宅の住所を借りられることになったと伝え、無事に更新できました。失効しなくて助かりました。。。いい人でほんとよかったです。