カテゴリ:
年末いかがお過ごしですか?2020年は、New normalにドリフトチェンジが起きた年でしたね。命あることに感謝する一年でもありました。いろんなことがありすぎて、全部思い出せるかわかりませんが、、、^^;、2020年を自分なりに振り返ってみたいと思います。


年初の抱負には、10年後までの目標を言語化してノートに書き込む年にしたいと書きました。おうちモンテのお師匠さんであるかおるさんが、30年後までの最幸を考えるワークを公開してくださいました(期間限定公開中ですので、どんなことを書き留めたかご興味ある方は、急ぎ観てみてください。)。おかげで、お気にいりのノートに今思い付く目標を書き込むことができました。一人でやっていたら、考えもしなかったことも多かったと思うし、一緒にワークを進めてきたたくさんの皆様の考えを読ませてもらったりして、視野が広がったり、さまざまな角度からこれからの人生について考えてみることができてありがたかったです。ありがとうございました!


▲物質的に叶えたいこと:

旅行計画はほぼすべてキャンセルとなりました。払い戻しで夫が苦労していて、いやはやな一年でした。とはいえです、おかげで国内のことをもっと知るチャンスに恵まれて、それはそれでよい年になったのでした。


子どもだけでなく、家族の体力作りの一環として、トレイルに毎週のように出かけることができました。トータルで30回以上は歩いたと思われます。おかげで、風邪をひいて寝込むこともほぼなく、元気に生活することが出来ました。


子どものおしごとを準備し続ける件は、子どもたちの成長に伴い、だんだんとおしごとという形で棚にセッティングする必要がなくなってきたのが現実でした。長女が何か興味を示したときに、家でできる形でおしごとをするというスタイルに落ち着いています。二女については、まだおしごとを棚に並べているものもあります。棚にないことに興味を示したときは、モンテの活動で紹介するポイントを意識しながら、家にあるもので一緒に遊ぶスタンスでやっています。

マイタンブラー、マイストローなどを準備したので、我が家はほぼペットボトルのごみが出ない家になりました。他に、洗濯用のマグネットを買って、洗剤の消費を減らすこともできるようになりました。スーパーのレジ袋はすべて断り、マイバッグ100%にできてきました。ゴミ袋は、分解できるエコなものを購入するように変えました。



▲家族のことや人間関係で実現したいこと:

ハッピーワイフになれたかと言われると、まだ怒ったりしています(爆)。だけど、自分メンテは少しずつできるようになってきました。一番変えたのは、睡眠時間を8時間確保することです。一日を残り16時間(960分)として、タイムスケジュールを組むようになりました。あとは、ストレッチを始めたことは、革命的なほどわたしがやりそうにないこと(笑)が習慣になりました。


二女が学校に通い始めてからは、なるべく未来への投資目的のことに時間を使うようになりました。フォニックスの勉強をしたおかげで、娘のリーディングのサポートができるようになったし、私自身の英語の勉強にもなっています。


食生活の改善は、一番頑張ったかもしれません。白米に、押し麦、炒った玄米、もちきび、赤米をブレンドして食べるようになりました。今では、うっかく白米だけで炊いてしまうと、物足りない感じさえします。あとは、重ね煮を習慣にしました。最初は、重ねる順番を覚えるのが面倒でしたが、覚えてしまうと、ラーメンを作るときも、ミートソースを作るときも、何故だか重ねてしまうという(笑)。炒めずとも、おいしくできあがるところが重ね煮マジックですね。一冊目のレシピ本はほぼマスターして、今度は根菜類の重ね煮のレシピに入りました。あとは、揚げ物がぐっと減り、グリル料理が増えました。お菓子作りできび砂糖やココナッツ砂糖を使うことはありますが、それ以外では使用料が激減しました。おかげで、チョコレートなどの甘いものを家族目的には購入しなくなり、代わりにおいしいオリーブ油やお塩、調味料にお金をかけることができました。他にも、カフェイン中毒が消えました。最近は、カフェインを摂りすぎるとくらくらするようになって、、、ある意味、長年の不摂生でカフェインに麻痺していた体が回復しつつあるのかもしれません。

タンパク源の見直しは、来年に持ち越しです。ただ、コロナで食肉処理場で密な労働環境によって、多くの人が感染したニュースなどをみて、安い肉を買うことについて考えさせられるようになりました。なので、まずは買う量を減らして、肉を食べることに見合った対価を支払うように気を配って購入するように変えました。来年に続きます。


犬のダイエットは続行中です。体重計に乗せていないけど、ウエストのくびれは多少みえるようになってきました。

断捨離というより、こんまりメソッドで片付け祭りをしました。一年もたつと、いつの間にかまたモノが増えているという現実。あとは、過去の遺物(もう読み返さない本など)にさよならできました。今回は、すべてのモノに置き場所を決められたので、その後はほぼリバウンドせずに前よりすっきり暮らせています。洗濯は一日に一回だけ回して、乾燥機は使わずに洗濯物干しの干すことにしました。干すときに畳むことを考えてかけると、乾燥機よりも畳むのが楽で、気に入っています。


抱負には挙げていませんでしたが、家族の生活習慣が整ってきました。娘たちにやってほしかった家事なども、いつの間にかできるようになっていましたし、、、長女がやりたかったピアノや、フォニックスやサイトワーズなどの取り組みも当たり前に取り組むようになりました。夫もウクレレやお菓子作りなど新しい趣味や筋トレをはじめて、健康的になってきたし、、、パンデミックにへこたれずに過ごせたのは、私にいろいろな知識を授けてくださった友人、知人、家族のおかげだと思います。



▲社会的に達成したいこと:
SDGsについては、本を読んで多少調べたに留まりました。家でできることについては、上に書き込んだので割愛します。論点がずれるかもだけど、コロナの影響で、動物を使った商売をしていた方が困窮して、動物たちが飢えたりしていないか考えると泣きそうになります。まずは人間だろうと言われるのは分かるのだけど、、、やっぱり悲しい。あとは、包装プラスティックの使用量も増えていそうで、野生動物のことも心配です。なんでも紙袋に入れることが多かったこの国でさえ、ビニールで個包装をするようになっていたし。ますます各家庭でできることを少しでもという行動が大切になってきそうです。



▲苦手だったこと:
新しく来年の予算案を立てるにあたり、家計簿をつけなおして現状把握をすることができました。今は老後を見据えた予算案をすこしずつ具体的にしていく作業を来年にかけてしていきたいです。



さて、日常生活の記録を。夫がLaQで鏡餅を作ってくれました。おかげで、お正月の雰囲気が出てきました!


IMG_6474



二女は、突然、子宮のなかに胎児がいるイラストを描いて、この産道から生まれてくるんだよねと言っていました。私が、〇(本人)が生まれてくるときのこと覚えてる?と聞くと、「ううん、今日は覚えてない」って返事がきました(笑)。右上は、レインボー犬ちゃんを描いたそうです。右下は、くるみ割りをして、おやつを食べていたとき、ついにアーモンドの硬い殻が割れたそうです。くるみと殻の厚さを比べてみると、納得の厚さでした。


2



引き続き、二女の活動。幾何学立体の展開図が中に入った玩具を持ってきました。最近は、それを出しては、また中に収納して楽しんでいます。あとは、10までの数をよくそらんじていて、何でも数えています。色ビーズを三角形になるように1から9まで配置したり、100の金ビーズで1000の金ビーズを数えたり(100の板が10枚で1000になるので)、100の金ビーズを並べて10までカウントしたりしていました。


1



長女は、物語を作り、日本語で絵本を作っていました(左上)。口上で物語ってくれるときは、ストーリーがあり、登場人物の気持ちまで詳細に話してくれますが、ノートに書くときは事実の羅列でストーリーという意味では面白みがなくなるのが興味深いなぁ。ライティング練習が必要なのかもしれないですね。ピアノが上手になって、指もよく動いているようなので、タイピングソフトでタイピングの練習をはじめました。親がゲーム機おんちすぎて、ゲーム機は買い与えることはなさそうな予感ですが、パソコンは早くから買い与えてもいいかなと思っています。なので、その路線で。。。本人はすごく楽しんでいるのでよしとします。写真中は、アクアビーズを吊るせるように加工していました。右上のアップルパイは、9個作ったのだけど、パッとみて「9個作ったのね」というので、理由をきくと、「5個と下の列が5個にひとつ足りないから9個だよね?」と言って、念のため数え始めました。引き算の考え方をするようになったのが少し新鮮でした。右下は、中国のお城をイメージしてカプラで作ったそうです。



3



駐在生活がもし終わりになるなら、娘たちの学校探しを本格化しないといけません。娘のクラスメイトの親御さんがアメリカ人なので、学校について聞いてみると、小、中、高校と評判のよい学校がある地域に住み替えるといいわよと教えてくれました。基礎を習う小学校の評判を侮ったらダメよとも。私立か、公立か、、、OECDの示す教育関連のnow normalや、その学びのコンパスなども参考にしながら、予算案とにらめっこしたり、、、、ない頭を振り絞る来年になりそうです。

2021年の抱負は、新年になってから書きにきます。
それでは、どうぞよいお年をお迎えください!