カテゴリ:
こんにちは。
旧正月にあわせて
水仙が咲きましたよ

IMG_4466



さて、本題に。


今回は、
ゼロ・ウェイスト・ホームから
学んだことのまとめ第三段です。


ゼロ・ウェイスト・ホーム ―ごみを出さないシンプルな暮らし―
ベア・ジョンソン
アノニマ・スタジオ
2020-12-18




前回は、
リサイクルを増やすのでなく、
ごみがそもそも家に入らない
ようにするための


5R



ステップ①:
Refuse(断る)
=不必要なものは断る。

断るチャンスを挙げはじめました。







プラスチック袋などの
使い捨てプラスチック
は、海でマイクロプラスチックに
なりやすいことが指摘されていました。






その他には、



②ペットボトル

ご存じのように、
水やジュースは
ガソリンより割高~!

緊急時以外は、
ステンレスボトルに
飲み物を入れて持ち歩くのもお勧め

わたしはリュック派だから、
ボトルも持ち歩きしやすけど、
バッグ派の方はどうされているのだろう~









③プラスチックカップとふた

これは、お店で
コーヒーやジュースを
テイクアウトするときのあれですよね。

こちらだとタンブラーを
使っている方をよく見るけど、
日本はどうなんだろう
(浦島太郎すぎてわからない)

ステンレス製の真空タイプだと
保温力がある気がします。
デザインもいろいろ出ているのですね。

(注:ニッケルアレルギーの人は
ステンレス注意だそうです)


行きつけのお店で出される
コーヒーと同じくらいの容量にしておけば
マイカップも受け付けてくれるのかな。










④ストロー

ストローは
ほぼリサイクルされていない
のが現状のようです。


紙ストローもあるけど、
やっぱり割高にはなりますね。






我が家は子どもたちが
ステンレス製のストローを使っています。
こちらが似てる↓






ここでふと、
我が家はお店で
飲み物をテイクアウトすることが
ほぼないことに気が付きました

タピオカ入りのドリンクを
飲むような太いストローは、
プラ製しかないのかな。






⑤プラスチック皿

これは、、、
テイクアウトするときの
パッケージのことかな。


紙にしても
内側にビニールコーティングしないと
液漏れしてしまったり、


わたくし、
何をもってエコなのかが
まだ分かっていなかったりします。
(読み進めて、何か分かったら追記しますね)




あとは、
お肉やお魚が乗っている
発泡スチロールトレイかな。


お肉やお魚は、
ブッチャーやお魚やさんにいくしか
選択肢がなさそうに思えます。

ステンレスタッパーなどを
持っていったら、

テイクアウトするお店や
ブッチャーが対応してくれるのか
今度、聞いてみようかな。




【業務用】 18-8 ステンレス 角 フリージング ボール (中) 【日本製】 C-7255
パール金属(PEARL METAL)
2013-09-01






プラスチックが広まった理由に
環境保護や資源・エネルギーの節約が
あったので、






なんでもかんでも
紙で代用してしまったら、
地球のどこかで、生きる場を失う動物がいる
かもしれないですよね。


IMG_4395


一方で、
ステンレスは、
劣化せずに100%リサイクルできるようです。

だけど、
2012年の記事では、
ニューヨークタイムズの記事を引用しながら、
どれがエコか決着つかずと書いていました。

リンク記事のVol.1で
ステンレスにも種類があること
を知りました↓









チャンス
無料グッズ類
「え、だって、ただなのに!」は禁物。
部屋がちらかり、保管と処分のコストが
かかるそう。




①ホテルのアメニティ
わたくし、これはクリア!
これは自分の意思しだいなので、
取り組みやすかったです。




②パーティーの記念品、グディバッグ
夫の会社から、
社名入りグッズを頂いたなあ・・・

子どもに、
グディバッグを断らせるの酷だなあ・・・

こちらがパーティーを開くときには
気を付けてみます!





③食べ物の試供品
お店で食べたくなるけど、、、
ご飯食べてから買い物に行こうかな。
日本のおいしいものだったら、
頂いちゃいそう!





④表彰式・フェスで配られる各種景品
うーん
小学生のとき
相撲大会でトロフィーもらって
あんなに細くて小さいのにって
みんなに褒めてもらって誇らしかったなあ・・・

今なら、自分への景品は断れるはず・・・!!





チャンス
ダイレクトメール
立派過ぎる紙に
金ぴかで印刷して届く
クレジットカードのオファー

屋根の修理の広告、、、
そのままゴミ箱にポイしてますが、

これを断るために
先方へ連絡すれば
リストから削除してもらえるとか。

考えたことなかった~




チャンス
持続すべきでない慣習

過剰包装を断ってみたり、
紙レシートを断ってみたり、
個別包装のお菓子を買わないでみたり、、、

そういった行為は、
わたしたちが求めるものを
知らせるチャンス
だそうです。


べき・・・は著者の意見ですけれど、
集団の力がものを言うのが
ここでしょうか。


そういえば、コス〇コは
レシートチェックしないと
外に出られないんですけど~w
そういう会員制をやめるのが
家計節約にもなりますかね!?




以上、本にあった
お断りチャンスをあげながら
独り言を言ってみましたが・・・

お断りチャンスリストをみて
どんなお気持ちになりましたか~?



・え、そんなことまだやってなかったの!?

・あ、あれお断りするの忘れてたわ!

・なるほど!言うだけでいいなら簡単♪

・今日こそお断りしてみようかと思ったけど、
やっぱりお店の方に迷惑かけちゃうし、、、
しかも次の人が待ってる・・・これは無理💦

・いや~、チームのメンバーみんなが
個包装のお菓子を差し入れているのに、
ウチだけそうするわけにもいかないでしょ💦




Refuse(不必要なものは断る)は
貰ってしまうことの方が
断るよりも精神的にラクなゆえに
取り組むのに勇気がいるものもありましたよね。



著者も、
この「断る」
社会的に一番難しい
感じるかも(p31)と書いています。







お断りのチャンスが来たときに
おすすめのセリフは、


「ごめんなさい、
ゴミ箱がないので・・・」

「ごめんなさい、
紙を使わないことにしているので・・・」

「ごめんなさい、
物を増やしたくないので・・・」

「ごめんなさい、
もう家にたくさんあるので・・・」


だそうです。


私は今度、
気になっているブッチャーに
容器持参で突撃してみます。
ブッチャーの混んでいない時間は何時!?


次回までに
Reduceを読んでまとめます

それでは、また