カテゴリ:
ここからは旅の後半編に移ります。ここではオスロを中心にノルウェーでみたアート作品のことを。次々といきます~!!まずは、オスロ空港のBaggage Claimで、ふと足元をみると(↓)。むむむっ、アリ!?
しゃがんで見ると、まさかのフィギュア!!(↓)。これって、盆踊りの布陣(笑)
オスロ駅を出ると駅舎にあった広告(↓)!? 東京駅にかかってたらびっくりだな。だけど、もしも手書きで描くチャンスがあったら、こんなにうまくかけます??ちょっと楽しい気分になりました。
そして、ムンク150周年記念の展示を観に美術館までお散歩。館内ではカメラ禁止だったので写真はなし。ムンクの年代ごとの画風を堪能しました。彼の巨大な絵(体育館の壁に書きましたみたいな大きさ)に圧倒されたあと、植物園を歩いていると、ここにも不思議オブジェが(↓)
街にはちょくちょくシカやトナカイの銅像が立っていました。さすがジビエ文化の国です。
お店の広告看板的な壁画(↓)。セリフ付きってなかなかみないような???

そして、やけに丁寧に描かれた落書き(↓)。自分の家の壁に描かれたら、悩んだ末とっとくかも!?(笑)日本の少年マンガにも出てきそうな人物もいて^^。
続いては、オスロのガイドブックには必ず出てくるこの像のある公園へいってみました(↓)。ここでは男女ともに裸体のオブジェが何百と並んでいました。この像も、気持ち悪いのでアップで載せたくない(笑)あ、てっぺんにいるのはカモメです^^;
きっと宗教的な意味合いがあるのかと思いますが、重いんだなということは伝わってきます(↓)

他にも、謎の赤ちゃんだんご(↓)や・・・、
きれいめ女性なゲート(↓)もすべて・・・

・・・このおじさま(↓)がデザインして、弟子達にも手伝わせてつくらせた作品だそうです。アートとはいえ、裸体多すぎっ(笑)もっと露わなものもあったけど、ここでは割愛しま~す(笑)
オマケ。泊ったホテルのアート(↓)!?普通のホテルなんですがね。頭にアスパラガスの王冠かぶったりとか不思議な写真がほかにもありました。他のホテルもさわやか~にグロい絵が飾ってあったし、ノルウェー人のアート感覚はなかなか斬新です。いや~、アートって面白いですね。