カテゴリ:
こんにちは。

最近は、
庭先でイチゴが、
裏庭でキイチゴが実って、
山ではブルーベリーなどが実ってきました。

娘たちは熟した実を
見分けるのが上手になり、
いつも私にお裾分けしてくれます^^。


さて、
Kenai川の河口で
レッドサーモンを
6匹、捕獲できた我が家。





夫の労力と、
サーモンの命を頂く重みを
どっしり感じ、

友人が私っぽいと
プレゼントしてくれた本のなかで、


大きな森の小さな家 ―インガルス一家の物語〈1〉 (福音館文庫 物語)
ローラ インガルス ワイルダー
福音館書店
2002-06-20



インガルス一家が
秋に太らせたブタをしめて
無駄なく、加工していく様子が
思い出されました。



大事に使いこなすぞ~


まずは、
フィレに卸すことから
はじめました。

まぐろの解体ショーだと
刀みたいな長い刃物を使うのが
納得できた。

そして、
鰭と鰭の周りの小骨があるから、
サケの腹身として、
切り落とすんだ
ということにも納得。


IMG_2018


甘酒と塩こうじで漬けて
スモークサーモンにしました。


IMG_2045



今、食べない分は、
ラップでぐるぐる巻いて
ジップロックに入れるよりも、
真空パックしたほうが
ゴミ的にもマシなのでは?
と採用したのがこちら。


IMG_2028


三枚に卸した
背骨には、たっぷりの身が!
(ほら、腕がね笑)


IMG_2026


これは茹でて、
サケフレークにしました。


IMG_2035


娘たちが、
庭にある紫蘇と混ぜて、
おにぎりにしてくれました。
ハイキングにも、よさそう。


IMG_2088



荒く身を取り、
愛犬にも分け前をあげました。
(海で子どもの相手をしてくれたお礼)


IMG_2032


愛犬は、几帳面で
背骨は食べるけど、
その脇の細い骨は
きれいに出してたべなかった(笑)


残るは、
大量のいくらの処理。
去年、一度練習していたので、
なんとなく記憶を辿り。。。





こちらのレシピに従い、
お湯を沸かし、
40℃のお湯2Lに対して、
塩大匙1を溶かして、
いくら2腹をいれて菜箸で混ぜると、
ほろほろ卵が剥がしやすくなります。





だいたいほぐれたら、
お湯を捨て、同じことを
ゴミが目立たなくなるまで
繰り返していると・・・

長女もしばらく
手伝ってくれたのですが

アニサキスの実物がみれて、
はたらく細胞を思い出すと・・・
だんだんとフェードアウト
していきました(笑)

黙々と、淡々と
作業すること数時間。
大きなザルが満杯のいくらが♪


これぞ
海の宝石箱や~♡


(4L分くらいあるんですけど💦
どなたか食べに来ませんか?)

IMG_2039


思わず、
プリン体の含有量
調べてしまった。
イクラは、100gあたり3.7mg
ちなみに、玄米だと同37.4mg!
痛風にはならずに済むのか!?

瓶詰したいくらは、
寄生虫対策のため冷凍しました。


やれやれ~
ほっと一息ついていると、

夫の会社の上司から連絡があり、
サーモンを6匹あげるからおいで~と。
(冷凍庫はすでにパンパンですけど💦)

サーモン捕りに
向かうとき話していた


ひと月に
1匹もサーモン食べたら
贅沢だよね~


が、まさかの実現。
あ、ありがたいことです。

アラスカの人たちが
やっている加工方法にも
アンテナ立てて、

一年間かけて
大事に頂きます。

それでは、また