カテゴリ:
こんにちは。

クロカンスキーの練習で、
クッキーハントレースをするというので、
クッキーを配るボランティアに
行きました。

この教室の規定で、
一年目の子は、
一番下のレベルに入り、
スケートスキーでなく
クラッシックスキーを教えることに
なっているよう。

そのクラスは、
ちょっとした坂道を
登ってはくだり、登ってはくだり、
ポールなしで登ってはくだり、
を延々と繰り返しているので、
なんだか長女には退屈そう。

最初から
スケートスキーの方で
教えておいたらよかったのか、

はたまた
この地味に見える基礎が
この後のスキー技術の伸びに
大きく影響するものか、
様子をみてみようと思います。

そんなことを
思いながらみていたら、
レースが始まりました。

レースで
断トツ一番だった子は、
伴走しているコーチでさえ、
息をはずませながら滑っていて、
お~!さすが!でした。

それをみると、
まだまだ長女の滑りは
ひよっこそのものだと
現在位置がよくわかった気がします。
(自分はもっと下w)

自己満足で滑っていたら、
気が付けないところに気づけるのが
習うよさかもしれませんね。


IMG_6647


それでは、また