タグ

タグ:クロスカントリースキー

MLKデーの祝日

カテゴリ:
こんにちは。

週末はMLKデーの
祝日がありました。
もう一年経ったんだなあ

この週末、娘たちは、
朝10時台の日の出に合わせて
夫と、アイススケートの練習に行ったり、

IMG_8224


お友達と一緒に
ダウンヒルスキーをしたほか、
スケートスキーをしました。

長女、
スケートスキーが
たいそう気に入った様子。


IMG_8233

さて、本題に。





学校図書室の
放出本を眺めていたら、
長女が


あ、この人、
マーティー・ルーサー・キングJr.の本で
バスに乗っていた人だ!


といって、
こちらの本「Rosa」を頂いてきました。
備忘録としてメモ。


Rosa
Collier, Bryan
Square Fish
2007-12-26



そういえば、
長女のクラスの
ニュースレターをみると、
先生が小説を読み聞かせしているようです。

ときどき
その小説の内容に合わせた
活動をするのですが、

今回は、
「大きな森の小さな家」
ということで、
干し肉を食べたり、
バターを作ったりする予定だそうです。





我が家も
本とリアル世界をつなぐ
活動が好きなので、
ちょっと嬉しくなりました。




長女ついでに、
彼女の玩具について
メモです。

最近は、
トランポリンをしたり、
お気に入りのピアノ曲をひいたり
お絵かきしたり、
踊ったり、
本を読んだり
・・が主となってきました。

ただ、LaQとレゴは
自分がしたい遊びの
ツールを作る道具として手にします。
(お店屋さんをしたいから、
カップやケーキ、カトラリーを
LaQで作るとか)

それをみていると、
使い方が固定されてきてる?
感じたので、
LaQのテクニック本を
渡してみることに。









そうしたら、
着せ替え人形を作ったり、
首などが可動する人形を作ったりと
本とにらめっこしながら、
写真から、作り方を解読?
していました。

IMG_8240


LaQファンの人たちの
創意工夫がすごすぎた。

それでは、また

クロカン~スケートスキーはじめ

カテゴリ:
こんにちは。
NASAによると、
2022年は記録史上で
5番目に暑かった年なのだとか。





その影響は、
Kodiak島出身の鮭や
そこにいるヒグマにまで
及んでいたなあ。




クロスカントリースキー教室で使う
クロスカントリスキーを
クラシックから、
スケートに変えました。

スキーというものは、
誕生日、クリスマスレベルの
かわいくないお値段ですので、、、

長女のお小遣いの貯めるから
全額出資してもらい、
足りない金額(大部分だけど^^;)を
親が補填する形になりました。




今回は、
チェーン店でなく、
教わった個人商店に行ってみたら、
店主のスキー愛が
びしびしと伝わってきました。

ノルウェーのときに
気に入って買っていたウール服なんかも
揃っていて、ときめいた。





店主が教えて
くださったこと:

華氏10℃(約-12℃)以下なら
クラシックスキーが
気持ちよく滑るからお勧めで、
(スケートスキーは
砂の上にいるみたいに滑らない)

華氏10℃を上回るなら
スケートスキーが
向いているのだそう。

これからは、
気温と滑り具合を
もっと気にしてみよう。

スケートスキーの接地面には、
うろこ模様などの摩擦を起こす機能が
ついていないので、
これからはワックスが必須。

ちょうど
スケート靴の下あたりにだけ
温かい日用、
または寒い日用のワックスを
気温により塗り分けるそう。

そうすると、
アップヒル(登り坂)の際
グリップが効いて
快適に滑れるのだとか。

クロカン教室のコーチからは、
もっとマニアックに
今日は何番のワックスを塗りましょう
と、インフォが届くのだけど、
初心者はとりあえず2種類から。

IMG_8212


念願のスケートスキーを
ようやっと手に入れて喜んでいる長女は、
さっそくクロスカントリスキーに
でかけて練習していました。
あとは実践あるのみかな。

クラシックスキーのままの
二女とわたしは、別コースで練習。
ダウンヒル用のスロープを
あえて登っていた二女は、
あつ~い♪と
雪で身体を冷やしていました。

IMG_8216


娘たちの成人後以降には、
アラスカに
雪が降っていた時代があるんだね
みたいなことに
なっているやもしれませんが、、、

小さいころの
楽しかった思い出のひとつに
刻まれるといいなあ。

それでは、また

アイススケート教室~飛び級?

カテゴリ:
こんにちは。

IMG_8165

胃腸炎らしきものにかかり
寝込んでいました。
家族に感染しなかったことを考えると、
また別ものなのかなあ???

さて、
娘たちの習い事についての
備忘録です。

クロスカントリースキー教室は、
ローラーコースターコースやら、
滝落ちコースだのと
徐々にアップダウンの激しいコースに
レベルアップ。

転ぶ子もいつつ
みんなコースを滑れるようになって、
次回からは、

板を
クラシックスキーから
スケートスキーに履き替えての
練習となるようです。

ぼちぼち、
クラシックスキーのわたしは、
ボランティアで付き添うと
置いてけぼりをくらうように
なるのかも!?

もうひとつ、
アイススケート教室の件。

二女は、
片足をあげて
可愛く滑るようになりました(親ばか)。

前はただ歩いている感じだったのが
滑ることができるようになって
本人もスケートが楽しい時期みたい。

長女は、
ベーシック3から4にあがりました。
これまでと違い、
3での課題がクリアできずに
3を再履修の子が7割くらいいるようす。

長女が
ベーシック4に入って二度目/全六回。
コーチがわたしに声をかけてきて、
「来週から、
お子さんをベーシック5に
あげてもいいですか」
とのこと。

そんなことあるんだ!?

長女はたしかに
滑るのは上手だけど、
レッスンをみている限り、
片足で滑る時間が短いようだけどいいわけ?
まだスピンできてないのに??
といろいろハテナ。

それから、
電話番号を聞かれて、
あとから個人レッスン賜ります
と連絡が来ました。

そうかあ、なるほどね。
フィギュアスケートって
コーチつけて練習してく
スポーツだもんなあ。



とりあえず、
クラスは5に飛び級させてもらい、
個人レッスンは
ベーシック5の様子を
みてからにしようかな💦

(アイススケート大好きなので、
おそらく長女はやると言いそう)

楽器しかり、
運動しかり、、、

習い事を
どこまで本気でやるのか
(ベーシックが終わるころまでに)
考えないとなんだなあ。

未知の世界の扉が
またやってきました。

それでは、また

ダウンヒルスキー~雪三昧

カテゴリ:
こんにちは。

娘が一年生のとき通っていた
小学校のグラウンドは
広々して、
景色が最高で、大好き。

犬の散歩がてら
橇遊びしてきました。

\昼間に、精一杯上がってきた太陽/
IMG_7980

橇遊びとか
雪投げ遊びとかって
シンプルで心から楽しめるなと
いつも思います。

IMG_7994


夜には、
クロスカントリースキーの
ボーナス練習が再びあり、
ボランティアに。

この日は、
初めてのコースを滑り、
わたしも一緒に転びながら、
滑って、歩いてきました。

子どもたちは
後ろ向きスキーにも
チャレンジ。

IMG_8014


もう、長女と
そのお友達には、
本気でも追いつけなくなりました。

\ライトがあたり、バラみたいにみえると長女/
IMG_8015


さて、本題も雪遊び。
家から車で10分しない場所にある
スキー場にダウンヒルスキーに
行ってきました。

我が家は、
装備を何も持っていないので、
ここでできる雪遊びのなかでは
一番高級な遊びです。
(スノウモービルとか
犬ぞりは除外しときます)

レンタルを済ませて、
まずはロープにつかまって
斜面を登ってくれる
子ども向けのもので、
滑る練習。

IMG_8021


そのロープに捕まるところで
転び、スキー板が脱げ、
くやしくて泣き出す娘たち。

あ~、こりゃ
リフト券が無駄になったなと
思っていたら、
さすが子ども。
適応力が半端ないですね。
二度目からは、
すんなりできました。

IMG_8055


ので、
さっそくリフトに乗せて
頂上へ向かいます。

(ちなみに、
めっちゃシンプルで、
わたしみたいに
ボーゲンな初心者でも
余裕で滑れるスキー場です。

アラスカの
本当にスキーが好きな人は
北海道に滑りにいきます。)

リフトの椅子からは
デナリ山がきれいに見えて
(写真にはうつっていません💦)、
やっぱり景色は最高です。

IMG_8044


長女は、
お友達とそのパパさんと一緒に
どこかで滑りまくっていたので、

IMG_8067


わたしは
二女と一緒に滑る練習を。

二女は最初、
コケて悔し泣きしていたんだけど、
一人で下まで降りきった経験が
自信につながったようで、
二度目もリフトに乗りました。

それから
10回ちかくリフトで上がっては、
直滑降してくる二女(笑)。

その間、
二女は、
板が外れてリフトを数回止め、

二女が無事にリフトに座ったかに
集中していたわたしは
ポールを落として
次の人に届けてもらい
・・・(笑)
楽しんできました。

ともあれ、
二女は、
ターンはできてるもん!って
言って直下降だし、

パパ友さんが教えたけど、
長女たちもボーゲンに
なっていたそうなので、

今度、
娘たちをスキースクールに
放り込もうとかと話しております。

二時間だけの予定が、
楽しくてアッという間に
五時間以上滑って、

帰宅してから、
めっちゃ疲れた~と
気が付いたのでした。

そのあとは、
娘たちのアイススケートの
練習が再開。

雪で遊び倒している
この頃なのでした。

それでは、また

アイスショー二日目~Solstice Tree Tour

カテゴリ:
こんにちは。

アイスショー二日目。
家での準備もだし、
会場の運営も初日より
スムースでした。




演技自体も、
昨日よりみなさん
緊張がほぐれてる気がしました。


IMG_7295


出かける前に娘が
マジックペン持っていっていい?
というので、

何でまた?
と思ったら、Keegan選手に
サインをもらうのだそう。
(ミーハー笑)

お気に入りのノートを
持っていきました。

会場の待合室に
Keegan選手が来ると、
娘がノートを持って
駆け寄っていくのが見えました(笑)

サインをもらった~!!と、
ノートを広げて
わたしのいる方にアピールしてくる娘(苦笑)

後に聞いたのは、
サインのあと、握手してもらい、
おしゃべりしてきたんだとか。

握力強かったと
わたしの手を握ってみせた。

娘:どうやって
バク転ができるようになったの?

K氏:一生懸命、練習したんだよ。
みんなが笑顔になってくれるのが
嬉しいんだよ。

娘:あなたの演技、動画でみました!

K氏:どのやつ?

娘:I could be brown..って曲のです。
(注:ちょっと年齢制限入りそうなやつ)




K氏:あ~、あれ、最高でしょ!?
みてくれて嬉しいよ~!!




教室通いのいち小学生にも
こんなに気さくに
接してくださったことに
感謝です。

Keegan選手は、
今日もオオトリで、
ウォーミングアップなしで
かっこいい演技を見せてくれました。

田舎の町のよいところは、
こういうとき、
ありえないくらい近くで観れる
ことだと思います。

スケート靴からの
氷が飛んできそうな距離で
観戦してた二女も
大興奮していました。

もう少し、
現役続けてくれたら
嬉しいなあ

--

さて、
アイスショーのあと、
気温がマイナス18℃と
我が家の活動限界に近かったので
迷ったけど、

\寒いといっても、ホッキョクグマには危機/



Solstice Tree Tourという
クロスカントリースキーの
ライトアップイベントに
出かけました。

\学校で習ったので、語彙が増えたw/



この日に限っては、
歩いても、スキーでも、
スノウバイクでもOKでした。

我が家は、
クロスカントリースキーを
履いていきました。


IMG_7323

スポンサーやチームなどが
コース沿いの木に
クリスマス飾りをしてあって、
観客は、
お気に入りに投票するしくみ。

IMG_7324

途中、
焼きマシュマロを
ビスケットに挟むスモアが
振舞われていました。

\焚火で焼くのがみんな好き/
IMG_7326


氷の灯篭で
木を飾っているものは、
素朴で可愛い。

IMG_7328


ノームに
仕立ててあるもの↓や、
下着が飾ってあるもの、
子ども病院のは
光のトンネルなど。


IMG_7330


元気がでる
おひさま色のものまで
ありました。


IMG_7340


温かいココアで
暖を取る娘たち。


IMG_7338


空を見上げると、
星が見えて、
ムースとか野生動物は
どんな風に
夜を過ごしているんだろうね?

と言ったら、
寝てるんじゃない!?
と娘。

・・・そうね💦

IMG_7333


大人になっても
五本指タイプじゃなくて
ミトンタイプの手袋をするのよ
だって、手が冷えるから~

って、
以前、ボランティアをしたときに
聞いたことあったな~
と思い出したくらい、
指先が感覚なくなりました。

冬至に向けて、
絶賛、薄暗いので、
ビタミンDを飲んでいても
鬱々とした気持ちになりがちなこの頃。

人々がこの時期に
世界各地で光の祭典を催すのは、
気持ちを明るくしたかったんだろうな
と断言してみたくなる。

楽しいイベントでした。
それでは、また

【習い事】クッキーハントレース

カテゴリ:
こんにちは。

クロカンスキーの練習で、
クッキーハントレースをするというので、
クッキーを配るボランティアに
行きました。

この教室の規定で、
一年目の子は、
一番下のレベルに入り、
スケートスキーでなく
クラッシックスキーを教えることに
なっているよう。

そのクラスは、
ちょっとした坂道を
登ってはくだり、登ってはくだり、
ポールなしで登ってはくだり、
を延々と繰り返しているので、
なんだか長女には退屈そう。

最初から
スケートスキーの方で
教えておいたらよかったのか、

はたまた
この地味に見える基礎が
この後のスキー技術の伸びに
大きく影響するものか、
様子をみてみようと思います。

そんなことを
思いながらみていたら、
レースが始まりました。

レースで
断トツ一番だった子は、
伴走しているコーチでさえ、
息をはずませながら滑っていて、
お~!さすが!でした。

それをみると、
まだまだ長女の滑りは
ひよっこそのものだと
現在位置がよくわかった気がします。
(自分はもっと下w)

自己満足で滑っていたら、
気が付けないところに気づけるのが
習うよさかもしれませんね。


IMG_6647


それでは、また

クロカン3回目~しもばしら

カテゴリ:
こんにちは。
クリスマスカクタスの
花が咲きました。

IMG_6317


南国の鳥が飛び立ちます!
みたいに立派に咲いて、
蕾とのギャップに
驚いています。

週末には、
長女のアイスショー(グループ)の
練習がありました。


IMG_6322


買い出しがなかったので、
わたしも同行したら、
みんなで練習している様子が
可愛かったです。





これまで長女は
集団で同じ演技をする、みたいな
集団行動をしたことがないので
なんだか新鮮そう。

揃っていなかった回転が
きれいになると
お~💛と、
みているほうも
なんだか嬉しくなるから
不思議なものですね。





さて、
こちらが本題。

アウトドア仲間のご家族と、
今週もクロカンスキーに
行ってきました。

市内は雨で
雪が解けてきたので、
夏のハイキングで横切った場所へ。




そこで、
Denali Loopという
コースを滑ってきました。




これまでのコースよりも
アップダウンがありました。
二女がエネルギー切れになって
ポールをなげつけたのをみて、
フルーツを分けてもらい、
元気を取り戻しました。
(有難いなあ)


IMG_6357

そんななか、
コースの途中に、
穴をみつけた長女が
霜柱をみつけて興奮していました。


IMG_6359


この霜柱の塊を
大事そうに抱えて
滑っていく子どもたち♪

たくさん登って、登って、
終盤は、
下って、下って、
終わりよければすべてよし!
となりました。

夕食には、
夫が皮からシューマイを
作ってくれました。
もう小麦粉のプロです。


IMG_6368


盛りだくさんな
週末でした。

それでは、また

【習い事】アイススケートショー~クロカン二回目

カテゴリ:
こんにちは。

クリスマス前に、
アイススケート教室では
有志の発表会(ショー)があるそうです。





長女は、
グループショーに
参加することになりました。

今週末からは、
いつもの教室に加えて、
ショーの練習が始まりました。

長女は、
アイススケート用のタイツや
貸してもらえる衣装やお化粧などを
楽しみにしているようです。


IMG_6238


さて、
その午後には、
前回と同じ場所へ
クロカンスキー(二回目)に行き、
一部違うコースを滑ってきました。





風が強く、
体感温度がより一層低く感じますが
木々に囲まれたコースは
なんとか滑れそう。


IMG_6237


二女は
少しずつポールを使い方を
マスターしてきたようです。

長女はピンピンしていたけれど、
二女はめずらしくダウン気味。
やっぱり目出し帽は必須だなと
ぽちりました。

体感温度が低い日は
二女は一時間をめどにひきあげさせる
ことにしようと学びました。

それでは、また

クロカン初め

カテゴリ:
こんにちは。

二女のクラスで
作りたてほやほやのスケルトン。
ハロウィンにちょうどよい
飾りになりました。


IMG_6142


クロカンスキー教室の
ジャケットと帽子を受け取って、
がぜんやる気の長女。





用事もないのに、
ジャケットを着て、
過ごしています。

IMG_6072


週末には、
クロスカントリー初めに
行ってきました。





ところどころ、
落ち葉や枝が顔を出していて
ぎりぎり滑れる感じでしたが、
たくさんの人が
滑りに来ているようでした。


IMG_6126


長女は、
親友と一緒だから、
なおさらうきうきと滑っています。

クラシックスキーなので、
エッジが効かないため
坂道をよじ登るのがひと苦労なのですが、

4歳のときと違って、
二女は登るのが上手になっていたし、

(彼女は、ストックを使わないで
普通に坂道を登っていくので、
みんなで何で登れるわけ??
と聞くのですが、
本人はわかんない・・・そうです。)

苦戦していると、
長女がストックを使って
手助けしてくれたりして、
二人の成長を感じました。
(一年は早いなあ)

なんだかんだ、
こんな景色がよい場所まで
登ってきました。

IMG_6132


ダウンヒルは、
転ばないのが精一杯ですが、
楽しい瞬間です。


IMG_6139


長女の親友のお宅が
我が家よりもさらにアウトドア好きで、
アウトドアを楽しみながら、
プレイデートができて嬉しいです。

それでは、また

【習い事】クロカンスキー教室

カテゴリ:
こんにちは。
水たまりは凍って
寒い朝が続いています。

市内で、
朝六時にオーロラが出たそうです。
朝起きたら、空をチェックする
習慣をつけよう♪

IMG_6003


秋からは、
娘たちの意向で、
アイススケートクラスに
再デビューしました。



6週ごとに
申し込みしなおすタイミングで
進級のチャンスがあり、
二人とも無事に
次のクラスに上がれました。


IMG_5925


全米スケート連盟に
加入している教室だからか、
評価の仕方(進級できる基準)が明確で、
アドバイスしやすくて助かります。


さて、本題に。

アラスカに住んでいる間にしか
できないかも!?


冬場は、
クロカンコースを整備している協会が
主催するジュニアノルディックに
参加することにした長女。





募集開始から
一時間で席が埋まってしまう
人気の習い事なんですが、

夫がパパ友と協力して
娘たちの席を確保してくれました。





毎週、
平日の夕方に
二日間、教室があるので、

長女がクロカンスキー教室に
参加している間に、
夫とわたしは
二女(6歳未満は参加できない)と
クロカンスキーをして、
体力づくりをしていこう~!!
ということになりました。


次回のクロカンレースでは、
長女はタイムを計る方に
参加するそうです。





親友に週2で会えて、
運動不足も解消できて、
一石二鳥だね。

もう一つ、
姉妹の念願のクライミング教室にも
申し込む予定です。

これで、
長い冬を鬱々とせずに
もりもり元気に過ごせそうです。

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×