タグ

タグ:ブルーベリー

山頂の雪だるま

カテゴリ:
こんにちは。

先月から、
近所の山のてっぺんに
雪が積もり始めました。

それから
雨が降るたびに
山の雪がふもとに
近づいてきます。


IMG_6431


あと、
ふた雨、み雨降ったら、
平地にも雪が舞うんじゃないかな。

山の雪が
冬への心構えをさせてくれます。

さて、
先週末には、
Marmot Mountain Trailへ
ベリー摘みに行ってきました。





ひと月前の
この辺りはまだ緑だったけど、





今や、
山頂付近には雪が。


IMG_6292

時期がちょっと
遅すぎた感もあったものの
そこは標高のなせる業。

IMG_6294


中腹まであがると、
葉を落としたブルーベリーの枝には
たっぷり実がついていました。


IMG_6295


一度、実をみつけると
目がブルーベリーサーチモードに入り、
次々と見つかります。


IMG_6303


自分たちが
ジャムにする分は
十分収穫できたので、


IMG_6311


今度は、
雪に触るぞ~と
気合いを入れて登り始めます。

IMG_6321

尾根にでると、
一面の雪に♪

IMG_6344


太陽はまだ高いので、
直射日光からは、
服を通して熱エネルギーが
じりじりと伝わってきます。


IMG_6349


今季初、
スノウエンジェルを
作っている二女。


IMG_6354

気温が温かいなか
降った雪はしっとり。
雪玉ができる雪質だったので、
雪だるまを作りました。


IMG_6358


枯れた草本植物や
ブルーベリーなどの実で
飾り付けたら、
あら、かわいい♡

Hatcher Pass近辺は
いつの季節に来ても、
雄大で癒されます。

それでは、また

Jeneauの旅~Perserverance Trail

カテゴリ:
こんにちは。

ジュノーの旅の
続きです。



外食だと
なおさら太るので、
食べたら運動(笑)!

というわけで
Preserverance Trailに
お散歩に行きました。





トレイルヘッドで
風が寒いので、
いそいそと上着を着たら、
1分後には暑くて脱ぎました。


IMG_4820


ゴールドラッシュ時代の
金の炭鉱があって、
どうやら、
そこから地下の冷たい風が
噴出していたのでした。


IMG_4822


急なトレイルを
登っていくと、看板が。
アラスカで最初の
車道だったそうです。
(アメリカになってから?
それともロシア時代?)

感想としては、
この写真の車が
この斜面を登れただなんて!
という驚き。

IMG_4824


こんな崖のような
トレイルを歩いていくと、


IMG_4835


目的の滝が
わりとあっさりと見れました。
(ここまでなら
思い付きで、
装備なしで行っても
大丈夫そうな場所でした)


IMG_4832


少し進むと、
ジュノー山への
トレイルが見えました。

ここまで登ってきたのに、
見上げる角度がおかしい!
と感じるくらいで
登る気力がわきませんでした。

ちなみに、
ジュノーとは
アラスカ開拓期に
実際にいた人の名前だと知りました。


IMG_4838


そんなわけで、
ぶらぶらと先に進みます。

途中で摘んだ
サーモンベリーの輝き♪

IMG_4842


雪解け水の小川で
手をきんきんに冷やして、

IMG_4858


顔を濡らして
涼をとります。


IMG_4844


橋からは、
カワガラスが見えて、
リズムよく尾を振っていました。


IMG_4848


この先は、
別の橋の工事中で
トレイルが封鎖中でした。

そんなわけで
途中で引き返すことに。


IMG_4863


トレイル沿いの木は
岩を抱き込んで
成長していました。


IMG_4864


川に出られそうな
小道があったので、
横道にそれると、
小さな滝の上にでました。

IMG_4897


ここで
水遊びを始める娘たち。
趣味の石探しに夢中です。


IMG_4892

二女のリュックの
脇ポケットには、
大量の小石が詰め込まれて
おりました。

(あれかな、
トレイルランとかやる人の
重量トレーニングかな
くらい^^;)


IMG_4893


ブルーベリーの木が
足首くらいでなくて、
腰くらいまでのブッシュに
なっているのが新鮮でした。


IMG_4895


ずいぶん
開発された場所だ
とは思いますが、

それでも、
ダウンタウンの裏山が
これだけの自然があるところが
アラスカのすごいところだと
思います。

続きます。

愛すべきハゲ山~Mt.Baldy Trail

カテゴリ:
こんにちは。

長女が
わかったさんのレシピでを
アレンジして米粉パンケーキを
焼いてくれました。

IMG_5397

もう、
火の扱いから、
材料の出し入れまで
やってくれるので、
呼ばれるまで他のことができて
ありがたいばかり。

メープルシロップで
ハートを描いて、
シナモンをふりかけて
振舞ってくれました。


IMG_5408


さて、
週末が二日間とも晴れ!

今年は
ずー----っと雨な秋なので
こんなに嬉しいことはない。

なので、
夫がにぎってくれた
カブの葉ふりかけおにぎりを持って、
ハイキングにでかけました。

ちなみに、
同じ材料で
わたしがにぎっても人気ない(泣)


IMG_5411


行先は、
去年は夏に行った




Mt.Baldy Trailへ。
これ、直訳するとハゲ山^^;





トレイルヘッドからの
眺めは確かに丸い頭のはげ山に
見えなくもない!?

IMG_5492

だいぶ葉が散ってます。


IMG_5415


Fireweedの種がはじけて
綿毛が飛んでいました。


IMG_5439


ブルーベリーの実は
さすがにないかなあ。。。
ときょろきょろしていると、


IMG_5433


ぽつりぽつり
見つかりました。
大きくて、
よく熟していて甘みが強い。

IMG_5426


この山の醍醐味は、
この後の岩場のあと。

IMG_5458


奥の雪山と、
手前の紅葉との対比が
見ごろでした。


IMG_5462


もっと奥にも行けるのだけど、
このピークでランチを食べて
引き返します。

IMG_5465


対岸の雪が積もっている山は、
せんだって登った山です。


IMG_5467





下りには、
赤い実を愛でながら、
駆け下ります。


IMG_5489


長女は、
こちらの実を集めて、
投げ上げて遊んでいました。


IMG_5491


せっかくの晴れの日を
もっと楽しみたい娘たちは、
帰宅後も自転車で公園へ。


IMG_5497


夕方には、
今日の紅葉の景色を描き、
(今もゴッホを意識していて、
点々を多用したそうです)





それにまつわる話を
20センテンス分書いていました。
(学校でライティングしてるらしい)


IMG_5498


大好きな山に
今年も滑り込みセーフで
登れてよかったね。
と家族で話していました。

それでは、また

夏の終わり~ベリー摘み

カテゴリ:
こんにちは。

夏休みが終わる
=夏が終わるんだと
肌で感じるようになってきたこの頃。

最近は、
朝、一桁台に冷える日も
あります。


紫蘇が枯れてしまう前に、
愉しもうと、
あれこれ作ってみます。


さて、
この日だけ
ピンポイントで晴れ予報な日に、

IMG_3301


ブルーベリー摘みに誘ってもらい
(この後は当分、雨の予報)、
去年と同じところに行ってきました。





庭にも(食べられない)
たくさんのきのこが生えているけど、
山にもちらほら。


IMG_3309


去年と違うのは、
標高の低い場所はもう
摘まれていて、
もっと高い場所に登りました。


IMG_3318


この辺りは、
残雪はごくわずかだけど、
遠くの山は今も真っ白。


IMG_3313


上の方で
大きめの粒の場所が
ありました♡


IMG_3320


目が慣れてくると、
粒が目に入るようになってきます。
今年は、酸味の少ないクロウベリーは
とらないことにしました。


IMG_3311


途中、
長女のバックパックが
おむすびころりんのように
斜面を転がり落ちて、
ブッシュを捜索する
ハプニングがありつつ💦


IMG_3322


久しぶりの晴れ間を
楽しみました♪


IMG_3324



今週の野菜便にあった
カラントと合わせて、
甘酒ジャムにしました。


IMG_3332


夏の終わりに、
滑り込みセーフで
ベリー摘みに行けてよかった!
誘ってくれた方に感謝です。

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×