タグ

タグ:モンテ

スペリングビー大会@学内

カテゴリ:
こんにちは。

休校は
四日間でストップしたものの、




学校の周りの細い道路は
除雪がまだ来ておらず。。。💦

果敢に
そこに駐車しようとしたRV車が
スタックして
大渋滞となっていました。

そんななか、
学内でのスペリングビー大会が
ありました。





娘の通う
公立モンテッソーリ小学校は、
1年生から3年生までのLowerクラスと、
4年生から6年生までのUpperクラス
となっていて、

基本、この三年間は
クラス替え
(三年生が上のクラスにあがり、
キンダーから一年生が入ってくる
という人の入れ替えはあるけれど)も
先生の入れ替えもありません。

その各クラスから、
担任の先生が選んだ2-3人が
授業を抜けて参加していました。

娘に絶対来てね!
と言われたので、
見送りのついでに会場に行くと、

大会を手伝う
ボランティアのおじ(い)さん、
おば(あ)さん達が
いらっしゃいました。

問題を出す人が一人、
答えをジャッジする人が三人いて、
ゼッケンをつけた20人の生徒たちが
順にスペルを答えていきます。

一度でも
スペルを言い間違えたらアウト。

ただし、
同じ音だけど、
綴り(意味)が異なる単語があるので、

答えを言う前に、
言葉の意味を聞いたり、
その単語を使った例文を
質問者に尋ねてもよい
というルールでした。

長女を含めた生徒たちは
ちょっと緊張した面持ちで
あくびをしている子がちらほら。

(緊張すると、
身体がこわばり、
酸欠ぎみになって、
あくびが出るのは
わたしも昔、よくあったな)

ラウンド1は脱落者なし、
その後は、
身長をみるに、
Lowerクラスの子たちが
ちらほらと脱落していきます。

長女は、
緊張しつつも慎重に!?
怪しいものは、
質問者に例文を求めてから
スペルを口にしていました。

ラウンド8になると、
Lowerクラスの長女と、
Upperクラスの4人が残りました。

その後、
健闘していたのですが、
oと聞こえるけど、
auと綴る単語で間違えて
ラウンド10で娘がアウト。

そのあとは、
Upperクラスの子が
三人だけ残ったところで、
単語の難易度があがり、
ラウンド12で決着がつき、
5年生か6年生の子が優勝しました。

長女は、
ゴールドメダルが絶対ほしい!
と気合が入っていただけに、

相当悔しかったのか、
涙目になって
教室に帰っていきました。

\本家は、また全然違うやり方です/


さて、今後、
長女の英単語への取り組みに
変化が現れるのでしょうか。

IMG_7065


それでは、また

Somebody feed Phil~世界の食文化を楽しむ

カテゴリ:
こんにちは。

IMG_1708


大人の社会科見学の
記事をかきたいと書いて半年。
一度も記事をあげていません💦




食べ物系の
書物と番組が好きな夫が
Netflixの「Somebody feed Phil」が
面白いよと教えてくれました。



 

今回は、
「Oaxaca」を観ました。

アガベの実を
蒸し焼きしている様子など
普段使っている食材が
どのように処理されているのか
見ることができたり、

食べ物を通して、
現地の文化を垣間見られる
ところがよかったです。


こちらの本
「世界のともだち」
シリーズの食の部分を
詳しく教えてくれる感じで、

モンテの文化教育の題材
としてもよさそう。







雨の日の週末には、
妄想旅行を楽しもう♪

それでは、また

サマーキャンプ~乗馬編

カテゴリ:
こんにちは。

長女は
掛け算に慣れてきたので、
今度は割り算を紹介してみました。

掛け算板は
もうめんどくさくて
やってられない様子だったので、
どうかな~と思ったけれど、

(モンテの幼稚園で使うもので、
長女はひとつひとつ並べるのが楽しい
という敏感期は過ぎています)


小人さんが出てくるのが
ツボだったようで、
楽しそうに取り組んでいました。

割り算のコンセプトと、
0÷9=
5÷1=
4÷4=
とかも理解したのと、

確かめ算が
掛け算になっていることに
感動していました(笑)

モンテ教具の
視覚(Visual)と
並べる・触れる(Kinesthetic)ことで、
抽象的なものを体験できるしかけが
秀逸だなあと思います。


IMG_1589


二女は、姉の真似がしたくて、
掛け算板をやっています。

モンテ園でも
掛け算はしていたので、
やり方は分かっていたけど、
コンセプトが分かったかどうかはまだ謎。

二女は数の敏感期なので、
カウントするのが楽しいようす。


IMG_1592



毎日、
足指のマッサージを一緒にやっていて、
80までカウントしているので、
だいぶ上達してきたけど、
ときどき飛びます(笑)


足のマッサージは、
ハワイにお住まいの美尻部長、
ローデン恵未さんが
教えてくださいましたよ。

わたしは
足裏の柔らかさが
天と地くらい変わりました。







さて、
今月の育児お疲れ様企画
いや、サマーキャンプは乗馬です。

5歳から参加できるので、
二女が5歳になるのを待っての
参加です。

教室に行ってみると、
子豚がいました。

IMG_1636


なんか、
だみ声のおばちゃんが


そこの男の子!
話を聞く!


とか怒っていたから、
スパルタ系の教室だったらどうしようと
どきどき。

それでは、また

自分で選ぶ、お誕生日祝い

カテゴリ:
こんにちは。

二女が
5歳になりました
(正確には、なります)

我が家は
お友達を招くお誕生日会は
ほぼやってません。
(目を吊り上げて準備がんばるより、
家族でほっこり過ごしたいw)



その代わり、
家族でお祝いする内容を
本人に決めてもらっています~。

この日は、まず
二女が前から希望していた
ファーマーズマーケットで
お誕生日のお花を買って
記念撮影するを叶えました。

ピンク系の可愛い花束に
ひとめぼれしたそうです。


IMG_1463


それから、
蝋燭は蜜ろうで作りたいと
出してきました。

いろんな色から
5色を選びます。


IMG_1432


みつろうを手の上で温めて
柔らかくしてから、
芯を置きます。


IMG_1434


子どもでも
簡単に巻けます。


IMG_1435


最後にころころして
密着させたら、
お手軽に蝋燭ができました。


IMG_1437


バナーは
長女が手作りしてくれましたよ。
カリグラフィーを
紹介したらハマるのかしら?


IMG_1443



我が家、
あまり外食しないので、
お誕生日のときは
食べたい料理をテイクアウトします。
二女が選んだのは、お寿司!

そして、
オーブンが壊れているので、
今年はケーキも買ってみることに。
二女が選んだのは、
アジア系レストランのモカケーキでした。

(アメリカのケーキより
お砂糖の量がマシだし、
バタークリームじゃないのでよかった)


日本の祖父・祖母から贈ってもらった
可愛いカードを飾り付けて、

アルバムを見ながら、
地球儀を持って、
太陽の周りをまわっては
蝋燭をつけていきます

(注:本場のモンテ式を
勝手にアレンジしています)



(三年前は、今ほどはお砂糖のこと気にしていなかったなあ)


二女は、にっこにこ♪
お誕生日プレゼントがなくても
あまり気にしないところは
小さいころと変わってないね。


IMG_1478


5歳児に今年の抱負をきくと、
クライミングと
サイクリングを楽しむ年に
したいそうです。

お誕生日会は
家族でするにかぎる。
に、いつまで付き合ってもらえるかな。

それでは、また

このページのトップヘ

見出し画像
×