タグ

タグ:抱負

学校再開しました/今年の目標

カテゴリ:
こんにちは。こちら、国としては赤信号の対策になり、行動がより制限されるようになりましたが、子どもたちの学校は予定通りに再開しました。北半球のみなさまの地域では、まだお休みかな、オンライン授業かな、予定通りかな。


前回のブログ以来、好天で風がないので、氷点下な日が続き、海が凍りついたまま、どんどんその厚みが増しているようです。先日は、消防士さんたちが氷が割れておぼれた人を助ける訓練らしきことをしていました。いやあ、お疲れさまです。寒いけれど、雨は降っていないので、あたり一面、霜の結晶で真っ白です。氷の海遊びにいったり、霜の結晶を観察したり(六角形!!)、部屋に入る影がすごく長いのが印象的でした。娘たちは、学校の野外活動の時間には、凍った水たまりでスケートをしたり、斜面で橇滑りをしたりして、氷で遊んできたようです。


1



長女は、最初の歯が抜けたそうです。キンダーのランチ中に抜けて、お米と一緒に飲み込んでしまったそうです。「はがぬけたらどうするの?」という絵本を読んだことがある娘は、日記(写真中央)に、(歯が手元にないから)ようせいさんがくるかしんぱいです。と書いていました。ようせいさんに抜けたことを知らせてから寝てみることを提案したけど、特に何もしなかったので、当然、ようせいさんは来ず。朝、「やっぱりようせいさん来てくれなかった。。。お金頂戴」と、落語みたいな展開で親にねだってきました。これは、リーディング本で読んだ方法を活用したそうです。なので、どの貨幣がいいか聞くと、「日本円」といいます。同時に、アクアビーズのプリンセスにつかう突起のあるギザギザビーズを使うことにあこがれていて、、、お金とアクアビーズを天秤にかけた長女は写真の通りアクアビーズに軍配。ものの数分で完成させてしまい、水を吹きかけて、満足していました。これを並べてみて、簡単すぎたことを通して、どうしてサンタさんが妹にアクアビーズで、自分にはLaQを贈ってくれたのか納得できたみたいでした。その後、LaQでアリエルを人魚バージョンで作っていました。



2



長女の活動は、最近はピアノ、LaQ、リーディング、タイピングに集中しています。他には、紙を使って、テントとピニャータも作っていました。

ピアノは、えんとつ町のプぺルのメロディを通して弾けるようになり、夫と若干コラボして演奏していました。すごい!わたしはボーカル担当(笑)。

リーディングは、この冬休みに(長女比で)だいぶ伸びたようで、先生から渡されるリーディングの宿題で、本のレベルがひとつ飛ばしで上がっていました。

一日、20分間を上限にしているタイピングは、ソフト(英語)と使っているキーボード(ノルウェー語版)とで、若干違うキーがあるのだけど、Shiftキーを使って入力する技を覚えたらしく、めきめき力を伸ばしています。「星が三つももらえた!ロボットに変身した!」と大騒ぎしつつ、夢中です。

一番、時間をかけているのがLaQです。マリオに出てくるデイジー(あえての赤)、ピーチ、ロゼッタ人形を作っていました。そして、お気に入りのロゼッタは、さらにドレスをアレンジしていて、現在はロゼッタの水着をスケルトンのパーツで作成していました。



3



二女は、私が作業をしていると、その近くの廊下にやってきて、おもちゃを漁り、そのとき気になるものを静かにやっています。この日は、丁寧にカードを廊下に並べて、それに合わせたブロックを乗せて、お題の形を作っていました。

LaQにもはまり始めて、少しずつ立体も作るようになってきました。本人曰く、ヨッシーだそうです。

写真はないけど、(姉がアプリをやれば、妹もしたいということで、、、)モンテ系のアプリで、アルファベットをなぞったり、数字と玉の活動をしたりもしています。英語のアプリなんだけど、指示を聞き取っているようで、びっくり。



4



----------------

さて、今年の目標をざっくりメモします:

昨年は、目標をノートに記載しました。それを少しずつ実行できてきたので、それを習慣化していきたいです。そして、今年は、夫は有給全消化を目標にしているそうなので、夫婦で同じワークをやって、昨年のものをアップデートしつつ、シェアしあう場を設けたいです。今年は今年やりたいことを100個あげて、以下のカテゴリーに分類して、優先順位をつけていつ実行するかスケジュールしてみたいと思います。より具体的な目標になったので、ブログにどうやって書いたらよいかわからなくなっていました。結局、ざっくり書いておくことにしました:


<身体作り>
睡眠8時間を維持して、食生活のうち課題を持ち越したタンパク源の見直しを進めたいです。根菜の重ね煮に加えて、豆料理のレパートリーを増やしたいです。手に入りにくい発酵食品を自家製で試してみたいものがいくつかあります。筋トレは始めたものの、筋肉に負荷がかかっているかいまひとつ怪しいので、もう少し回数を増やしたり、メニューを変えてみようと思います。あとは犬の散歩以外の散歩時間を取りたい。


<心>
今年もハッピーワイフ・ハッピーライフを目標に、何のために怒っているのか考えて過ごします。


<学び>
モンテの上級の学び(感覚教育の数値化)を深めたいです=今月で、長女が2歳のころから学んでいる講座がおしまいになるので、抜けているところを網羅的に学びたいです。モンテの算数教育の美しさにはほんとほれぼれします。他にも、楽しみにしている本などもいくつかあるので、趣味で知りたいことも追及してみることにする。英会話!


<環境>
今年も片付け祭りをして、今の生活に必要なモノかどうか精査する時間を設けます。


<お金>
現状把握と、一応の予算化ができたので、それを実行するとともに、老後のお金のことを夫と相談しはじめたいです。


<パートナー>
先に書いたとおり、目先のことは話しても、なかなか長期的な展望については話せていなかったので、ワークを共有して、夢や目標を叶えるための幸せなお金の使途について相談する年にしたいです。


<子ども>
生活習慣を発達に応じて適宜アジャストしていきたい。家事のスキルアップ、おこづかいの導入について検討する、スロウリーディングとモンテで母語を育てる、本人たちの興味や発達に合ったおしごとや環境を整える。ICT環境を整える。


<友人など>
ものぐさを理由に、せっかくのご縁を疎遠にしないようにする。モンテに興味のある親御さんがいないか探す。価値観の合う友人を国籍問わず探す。


<志事>
まずは、土台作りに励むべし。娘たちと年齢が近い、気の合う友人ができたら、(コロナの状況が落ち着くようなら)家でのおしごとに誘って、学びを深めたい。

予算案を作ろう

カテゴリ:
漂流したフィクションの話だけに心を奪われてはいけないと(笑)、著者らがテレビ番組を制作するために、ヤノマミ族と同居して取材を重ねた手記を読みました。ここの人たちは、アハフーと笑うそうで、ドキュメンタリーをみたくなりました。わたしが一番印象に残ったのは、出産した女性が、産み落とした赤ちゃんの生死を決めることをはじめとした、独特の死生観でした。わたしたちの住む社会では、(一般には)どんな命も平等で守らねばならないものとなっていると思いますが、この集落には障害児は一人もいなかったそうです。この本の出版が2008年。取材された集落は、もう文明社会に飲み込まれてしまったのだろうか、、、などと、空虚な気持ちにもなりました。人間はどんな使命を持って地球(宇宙の片隅)に生まれてきたのでしょうね。



book



頭の中でぐるぐる巡り巡った結果。なぜか、(ヤノマミ族と違って)貨幣経済のなかで生きている自分はどう生きたらいいかな、と今年の抱負に立ち返ることになりました。:『今年は「10年後、自分自身はどんな人になっていたいか、どんな家族で、またどんな夫婦でいたいか、大きな(定性的な)目標を言語化してノートに書き留める」一年にしたいです』と書きました。


このときは、ノートにまとめると書いたものの、ただ漠然としていました。今回改めて、「正しい家計管理」の本を読み返すと、「この世にタダのものはありません・・・いちばん高コストなのが『時間』です。」「(持っているお金の多寡でなく)1時間を、もっとも価値をおいているもの(=どれだけ自分と家族を満足させること)につかえたか・・・がわたしたちの幸福度を左右します。(いずれもp184から引用、または要約)」という部分が心に響きました。


というわけで、10年後、5年後、1年後、半年後と目標を言語化するにあたっては、(この本を参考にしながら)これから家族会議を重ねて「目標の優先順位をつけ」て、さらに「予算を計上した」うえで、ノートにまとめていきたい、と思いなおしました。今年中に、一応の予算案を決めて、数年間、試行錯誤を続けます。そして、やっと少し慣れたころにはきっと、子どもたちが家族会議に参加できる年齢(小学生)になり、人生の予算を立てる楽しみを一緒に味わうことで、マネー教育の一環にしていきたいとも考えています。


。。。と、こんな自己満足な記録に、皆さまの貴重な時間を使わせてすみません!

脳科学の本

カテゴリ:
今年の抱負で、一番のメインに掲げているのは、「家族のことや人間関係で実現したいこと」なので、まずはそこから着手しています。


こちらの(子育てにかかわる部分に焦点を当てた)脳科学本を読んで、子育ての軸がぶれにくくなりそうだと感じました。これまでの自分の言動を思い返すと、あのとき自分の脳がどういう状態になっていたのか分かりました(脳が統合できていない自分がハズカシイ)。また、本や講座やネットなどでいろんな方がおっしゃっている子育て&自分育てノウハウは、脳科学的にはこういう風に説明できるんだ~などと、点と点がつながり線になった気分です。これからは、自分の感情を認識したときに、あぁ、脳がどうなっていそうねと客観視して、前よりは早く平常心に戻れそうな気がします。そうはいっても、「知る」と「している」とは大きながいくつもあるのは身に染みているので、「知る」の第一歩を踏み出せた今、実践あるのみです(笑)。



book




脳が完成するのは20代半ばだそう、、、ググればすぐ答えが出たり、PCが1秒もせずに答えを出してくれるようなおべんきょができる子にするよりも、「自分のことをよく理解し、自分で事態を打開できたり(誰かに頼ろうと判断したりも含め)」、他者への「共感」ができるような人間に育つように、「今、自分は(子ども)の脳のどの部分に、(何のために)声かけしている?」と、ちょっとは頭を使いながら会話する親にならねばならぬと今更ながら思います(自戒&子育ての目標)。こちらの本を紹介くださった恩師に感謝します。

オスロ

カテゴリ:
用事があって、オスロへ行ってきました。ついでに、ムンク美術館にも寄ってきました。娘たちにムンクケーキをふるまうと、何の躊躇もなく、あっさりとムンクチョコを口に入れて、またたく間にただのケーキになりました(笑)。

IMG_9569


このあと、ムンクもびっくりな事件が起き、日帰りのはずが泊まりになりました(我が家、この空港でのトラブルは大小あわせて三度目、どうも鬼門のようですな)。せっかくなので、翌日はノルウェー民族博物館へ。各地の伝統的な家が野外に再現してあって、一番有名なのはスターブ教会なのかな。雪のためか、どれも高床になっていて、小人みたいな間口やベッドが並んでいました。後に北欧人のご主人がいる方に聞いたら、当時は栄養不足で北欧人も背が低かったようですね。あと、サーミ族などの原住民だったら、系統も違うのかも。素敵な博物館でした♡


IMG_9600


こちらが教会。木彫りで、中の絵もペンキで手書きした素朴な教会でした。娘らも、展示の家や野鳥やら、室内の博物館展示も、彼女らなりの愉しみ方で満喫していました。


IMG_9610



この日に起きたひょんなことから、なんと車を断捨離せざるを得なくなりました。年始にして、断捨離やら環境への配慮やらといった、今年の抱負がいくつか達成しましたよ(苦笑)。今は、夫とカーシェアしていますが、夫は運動不足解消になるそうだし、長女は念願のスクールバスに乗れると喜び、二女は市バスにも乗れてジブンデ!乗り降りしたり、ヒトリデ座席に座ることでお姉さん気分を満喫しているようです^^。まぁ、今後、不便なことも出てくるでしょうが、思ったよりもへこまずに、前向きにとらえている自分に驚きました(笑)。これまでの贅沢すぎた環境に感謝します。

新しい10年に向けて

カテゴリ:
大晦日には、友人と新年の抱負について少し話したり、夜には十割そばを頂き、おいしく蕎麦湯をすすったりして、穏やかな気持ちで過ごせました。そして、たくさんの人に助けられて、事故や大病にかかることもなく、この一年を過ごすことができたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。

家族が寝静まり、近所では年越しを祝う花火がどんちゃか打ち上げられる爆音のなか、昨年の抱負を振り返ってみました。こんなにあいまいな記述でありながらも、ありがたいことに、ざっくり8から9割実現することができて、プラスαで新しいことにもチャレンジできた一年となりました。



▲物質的に叶ったこと:
さまざまな場所を訪れることができたこと、こと夫に感謝します。
一昨年末には、日本に帰国し、
ビザ関係で、二度、アメリカに戻り、
スペイン(マラガ)
クロアチア
ドイツ
オランダ(アムステルダム
ノルウェー(ベルゲン
ポルトガル
デンマーク(コペンハーゲン)
イギリス(ロンドン)
トレッキング(ノルウェー各地)




▲家族のことや人間関係で実現できたこと:
断捨離をして、前より家族が使いやすい部屋になりました。今では、夫も、子どもたちも、自分が使うものを自分で探して、自分で片付けまでできるようになってきたと思います(リスクマネジメント的にも、万が一、だれかがいなくなっても、自立して生活が送れるって大事なことですよね)。それでも、まだ物が多いので、来年も続きます。

娘たちと性教育をはじめて、夫婦そろって、ごまかさずに説明ができるようになってきたこと。こちらもまだまだ修行中です。

自分への誕生日プレゼントとして、モンテ講座を受講させてもらったことで、尊敬する方と出会うことができたこと。こうやって言語化をすることの大切さに気づかせてもらいました(まだ甘いけど)。一生進化していきたいです。

娘の学校での新しい出会いがあったり(長く連絡を取り合っていけそう)、友人ともっと深い話で盛り上がれるようになったことで、日々の生活に張り合いができたこと。

体験>物を少しずつ実践できるようになってきたこと。物をあげるなら、おもちゃでなく、日用品(服やアクセサリーを含め)など生活に使えるものをプレゼントするようになってきた。

食生活の改善をしました。




▲社会的に達成できたこと:
世界や地球環境に前より意識を向けて、はじめの一歩を踏み出すことができました。寄付すること(わたしは働くことで世界をよりよくすることに貢献できていないので、服や使わなくなったもの、無料の博物館で寄付をしたり、パンフレットを購入して活動を支援したり、ボランティア的なことに力を注ぎたいと思います)

クラスルームペアレントをやってみたことで、いろんな考え方の人がいることをより具体的に知ることができたこと。自分の足りないところがどんなところかよーく分かった。

ジンベエザメに興味を持った娘がきっかけ(プラスティックごみをきっかけ)に、家庭で取り組める環境問題対策への一歩踏み出すことができました。ただ一家庭で頑張っても意味がないので、ブログやSNSで書くこと、友人に話すことで、少しずつ輪を広げていきたいです。

というわけで、さっそく。こちらの本の一読をおすすめしたいです。プラスティックが化学物質を吸着して、高等動物に生物濃縮されていく過程や、発展途上国が多い暖温帯地域で放出された化学物質が風や水などの地球の物質循環を経て、北極圏に運ばれて、そこに住む哺乳類が生物濃縮などにより中毒死している状況、水俣病で知られる水銀が世界にまんべんなく広がっていて、しらず知らずのうちに、感受性の高い胎児に影響を与えていることなど、、、ただ便利だからメラミンスポンジを使いまくってよいのか、、、安いからプラスティックのスポンジを週替わりで新調すればいいのか、、、などなど、日々の生活の些末だと思われることが、実は愛する我が子やその子孫の世代にどんどんと負担をかけることになっていることに気がつかされました。来年は、丁寧に生きるとは、具体的にどんなことか、改めて自分の行動を見つめなおしてみたいなと思いました。


book4




▲苦手なこと
家計の管理方法で、目標とできるやり方に出会えたのはよかったです。貯蓄は義務!の目標はとりあえず達成してほっとしているところです。


プレイデートなどを積極的にするようになって、英会話の苦手意識が薄らいで、伝えたいという気持ちのほうが勝るようになってきたこと。




-----

新年を迎え、子どもたちと絵本を読んで、正月気分を盛り上げています。今年はお雑煮だけしか準備できなかったので、気持ちだけでも!


book3


book1


book2



2020年は、新しい10年のはじまりですね。今年は「10年後、自分自身はどんな人になっていたいか、どんな家族で、またどんな夫婦でいたいか、大きな(定性的な)目標を言語化してノートに書き留める」一年にしたいです。そして、10年後、そうなるためには、各年にどんなことを達成していけばよいのか、、、どんどんバックキャストして定量的な目標を考える→行動→振り返り→状況に応じて(定性的、定量的ともに)目標の微調整を繰り返していきたいです。ひとまず、今年やりたいことは、手帳の各ページに次々と書き留めてありまして、直前にあたふたするタイプだったわたしが見違えるようです。人間変わろうと決めたら、変われるようです(笑)。自分たちの行動で、自分たちの未来を作り出すことを実践できたら最高です。



△物質的に叶えたいこと:
おそらく駐在生活最後の年になるので、今年もさまざまな場所を訪れたいです。いつも直前に計画を立てていましたが、今年はすでに、ドックホテルを確保済み!という夫の行動力のすばらしさを自慢しときます。


子どもたちの体幹を鍛える環境を準備する。


定期的に、子どもの棚におしごとを準備し続ける(おうちモンテの実践)。


マイタンブラー、マイストロー、マイ箸などを買って、持ち歩く習慣をつける。




△家族のことや人間関係で実現したいこと:
ハッピーワイフ、ハッピーライフ!
まずは、自分自身を幸せにします。去年、一番実現できなかったのが、自分自身のメンタルをポジティブに保つことです。自分がやりたいがために勝手に寝不足になりイライラしやすくなったり、勝手に理想を押し付けていた部分がよろしくなかったと思います。例:下娘が言葉が達者になり、姉妹喧嘩がはじまり、イライラがマックスに。妻(母)が不機嫌だと家族の空気もよどむことに意義ある方おられますか?(我が家は、夫が家族の雰囲気を乱すことはめったにないです)・・・なので、1)自分が冷静になれる(こんなことでイライラしている場合じゃないと思いなおすための)時間を設ける。つまり、この抱負記事や手帳を毎日見直す時間をあえて設けること、2)去年から少しずつ意識しはじめた、コーチングと脳科学(子どもの発達)を勉強して、客観的に出来事をとらえられるように行動したいです。


下娘が、下半期から学校に通い始めます。その時間を利用して、自分磨きの勉強をしたいと思います。コーチングの講座を受けたり、モンテッソーリ教育の6歳から9歳までのコースを受講できたら最高です。


おばさんから、更にはおっさん化しないためにも、友人と一緒に、女を磨きたいと思います。


食生活(特にたんぱく源)を更に見直したいと思います。どんな食品に、どんな化学物質が使われているのか、(家計の許す範囲でになりますが)もう少し意識して消費していきたいです。


犬をダイエットさせます。

断捨離の続行。家に入れるものをもっと吟味する。もっているものが本当に自分たちにとって必要なものか判断(整理)する(注:わたしはミニマリストではありません。だって、読書はやめられないし、アイスクリーマーは捨てたくないもの^^)





△社会的に達成したいこと:
2030年までに達成目標となっている、SDGsについてもっと知る。そして、世界がどうなっているのか、地球人として自分はどう行動したいのか考えて、できることから実践したいです。(環境のことに目を向けるには、まずは家庭内が安定して快適になっていないとそれどころじゃないため、上記の家族の目標を早く達成させたい。)





△苦手なこと:
家計管理の方法を実践してみること(毎月、家計報告会をする)

最低限身に着けるべき金融リテラシーについて、自分の知識って大丈夫なの?という危機感を持ち、知る努力をすること。

子育ての時間は有限であることを意識して過ごすこと(「今」を大事にする):
  参考)上娘が10歳になるまで(親より友達になってしまうのがこのころ!?)、
     睡眠時間を除くと、親と一緒に過ごせる時間は、あと1.7年間!

     下娘が3歳から学校に通うとして、10歳になるまで、睡眠時間を除くと、
     親と一緒に過ごせる時間は、たった2.4年間だけ!


自分と子どもは別人格であることをより意識すること。ほどよい距離間を持つ。親友に接するように、自分のことも相手のことも大切に扱う(敬愛親子になる)。
   参考)子どもに選択肢を与える、
      子どもに選ぶ権利を与える、
      そして選んだことを精一杯応援する(尊敬する方のメルマガより引用)。

ありのままの子どもを受け入れること

過保護にすることで、子どもの自立を妨げることはない(子どもへのまなざし参照):
 過保護=子どもが望んだことを何でもやってあげること→人への信頼感をもてる
 過剰干渉(過干渉)=子どもが望んでいないことを、やらせすぎること→自由と自立心をなくす

子どもの(とりとめのない、ループな)会話を否定せずに、まずは受け入れること(傾聴)

すべての人に愛をもって接すること





---

はてさて、こんなガチガチに監視される社会のなか、こんなに具体的に心中あけすけに抱負を公開して、大丈夫なのでしょうか。。。。それよりも、ここに記すことで、自分自身が前進できることが大事と信じて、今年も邁進することにします!!

こんなくそ真面目で地味にコツコツするだけが取り柄の、不器用なわたくしですが、本年もお付き合いくだされば嬉しいです。新しい10年間の幕開け、みなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

ごろり

プレイデート~上半期の回想

カテゴリ:
今週は、我が家でプレイデートをしました。先週のメンバーに加えて、急遽、近所に住むお友達を預かることになりました。アメリカにいたときよりも多国籍なお友達(今回は、スペイン、クロアチア、イタリア)がいるなか・・・半年前までは、日本人以外の親御さんを招いて、夫抜きで、プレイデートすることにちょっとびびっていました。「え、どんな食べ物を準備すれば、異文化でもOKなの?」「日常生活の英語力(英会話)がこんなに苦手(できれば話したくなかった)で、いったいどんな話をすればいいの?」・・・と、悩みは尽きませんでした。


でも、この二年ちょい、日本語でも英語でもない、第三国で過ごしてきたことで、非認知能力を鍛えられつつあること(当社比 笑)。また、英語が下手でも、親御さんたちは、眉間にしわを寄せながらも(=一生懸命に)、私の言うことを聞いて、理解しようとしてくれていること(みなさん、あちこち転勤されているので、非認知能力がかなり高い)。毎日の放課後、園庭遊びで、ちょびっとずつでも会話することで、あぁ、子育てという意味では、どの国の人も同じようなことで悩んでいるんだ(当たり前だけど、自分の心が鎖国していたのかも)と、気が付けたこと。多少なりとも、対面・プレイデートのコーディネイトや終わったあとのメールのやり取りを含め、どう英語で表現すればいいかがわかってきたこと。プレイデートで他のお宅にお邪魔すると、ピカピカに家を掃除して迎えてくれるのはアジア系のお宅くらいで、他は少々、ごみが落ちていようが、洗濯物が置いてあろうが、毎回、同じおやつを準備しようが、気にせず招き入れてくれるアットホーム感が心地よかったこと。。。など、いろんなことがあいまって、自分のマインドセットが変わり始めているのを感じます。おかげで、「OK~、じゃあ、次は我が家でね」と、気軽に言えるようになりました(やっと、笑!!)。そう、ついに本当の意味でわたしにも、心臓に毛が生えてきたってやつですよ。



IMG_0920



そんなわけで、今回は、先週もプレイデートにもっていったけど、また同じピザ(今度は、焼き立てアツアツ^^)やフルーツを用意し、娘らが摘んできた野草を食卓に飾っただけ。相手の親御さんも(前回と同じだけど、彼女が作るからこそ)おいしい差し入れを頂いたり、申し出てくれた親御さんには、子ども用ジュースを素直にお願いしたりして。そんな気さくなプレイデートだと、準備も楽しいし、次はどんな(遊びの)小ネタを仕込もうかな、なんて考え始めている自分に気が付きました^^。そう思えるようになった自分にあっぱれ~!



IMG_0936



今年の抱負は、わたしにとって壮大なものなんだけど、とにかく「行動に移すこと」を心がけています。本も読むけど、それだけじゃなくて、(ネット上で一方的に素敵な子育てをされているな~と思う方に)思い切って連絡・相談して、、、自分から働きかけてみたら、なんと幸運にも気軽には相談できない方からお返事(アドバイス)をいただけて、びっくりしています。そんなモチベーションにつながっているのが、共に歩んでいる夫であったり、日本の両親(毎週、日々の生活を写真で報告して、たぶんいろいろ言いたいこともあるだろうのに、温かく見守ってくださる)の存在があってこそだと、再認識することが多いこの頃です(優等生ぶってるわけじゃないですよ)。こうやって、子育てを通して、すこしずつでも自分と向き合い、たくさんの失敗から学び・右往左往・紆余曲折しながらも、もっともっと心臓を毛でぼーぼーにして(でも、敬意は忘れずに)、一度きりの人生を楽しみたいなと思います。今日も、ご精読、ありがとうございます♡

時差ぼけ

カテゴリ:
あけましておめでとうございます。
年末年始は、約3年ぶりに、日本に一時帰国してきました。
滞在中、再会の喜びと、
みなさまに温かいおもてなしを頂いて、ありがとうございました。
今回も、心も、胃も、トランクもいっぱいに家路につきました。
おかげさまで、またしばらくこちらでの生活を頑張れそうです。


IMG_6869

こちらに戻って数日経ちますが、
極夜で朝も暗いため、太陽光で体内リズムリセット~!ができずに、
毎日1時半~2時ころ起床する娘たち。
。。。盲点でした(><)。
もう冬には帰国しないぞと心に誓ったのでした(苦笑)

そんなわけで、
娘が寝たら自分も寝る生活を続けていて、
週明けからの学校に無事に通えるのかひやひやしています^^;

夜中から朝、明るくなるまで、遊ぶ子どもを横目に
リビングダイニングゾーンの模様替えをして、
気分一新、環境を整えることができました。
あ~、すっきり☆

今年の抱負は、家族で豊かな時間をすごすために、
心を込めて、毎日をていねいに生きるです。
それは、
子育ての目標をもっと明確にすることだったり、
将来のお金の使い道を考え直すことだったり、
そう遠くない引っ越しのために断捨離をしたり、
自分のメンタルを整えることだったり、、、
世界・世の中に目を向けることだったり、、、
つまり、なあなあにしてきたことを、ここらで(ひとつでも多く)交通整理したいです。
のんびりしている私にとっては、なかなかな試練ですが(笑)、
宣言すれば、案外、叶うものですよね。

IMG_6683


今年がみなさまにとって笑顔あふれる一年となりますように。

このページのトップヘ

見出し画像
×