カテゴリ:
モンテ流のおしごとを始めて、そろそろ4年?最近は、娘たちが家事を積極的に手伝ってくれるようになりました。洗濯物干し(台拭きなど乾燥機にかけないもの)、床拭き・モップ掛け、料理などです。まだまだよくこぼすし、つまみ食いで材料がなくなったり、もちろん終わったあとの掃除は大変ですが(←掃除よりも、口出しするのを耐えるのが辛くて、まだわたしも修行中(笑))、家事をしながらおしゃべりする時間は何にもかえがたい時間だと、今は思うことが増えました。


水を注ぐおしごとの発展は、コーヒーを淹れる。豆を挽いて、フィルターにセットして、お湯を注ぎます。やかんをうっかり触っても大丈夫なように、やかんを持たない手にはオーブンミトンをはめてもらいます。コーヒーを魔法瓶に詰めて、わたしがおいしくいただきました。「かあちゃんのために、また淹れてあげるね」と言ってくれました。娘が淹れたコーヒーはまた格別です♪


IMG_1675


お弁当に入れるおかずや、俵おにぎりなども自分たちで作ってもらったりもします。ある日は、胡麻和えを作りました。姉には、にんじんをしりしり器でおろし、ほうれん草の包丁切りと野菜を絞るおしごとをお願いしました。絞りが足りなければ、気づかれないようにそっと絞りなおしておきます(笑)。


IMG_1809


その間に、妹にはゴマ擦りをしてもらいます。胡麻がつぶれる感触と、音、香りなどについて会話しています。


IMG_1808


自分たちで作ると、ますますおいしいようで、もりもり食べます。


IMG_1814


平日は、次女がおやつを作りたがります。「きょう、まふぃんつくる?ぶるーべりーのがたべたい」と言われ、ブルーベリーマフィンを何十回と作っているのですが、だんだんと段取りが良くなってきました。作るとなれば、何もいわずとも、手を洗い、エプロンを装着して、踏み台を押してキッチンにやってきます。そして、ボウルと粉ふるい器を出してきます。極めつけはセリフで「まふぃんつくったら、とうちゃんと〇(姉)がよろこんでくれるかな」と。この年齢で、人の役に立つことで喜びを感じることができるだなんてと母感動。姉は、週末に餃子を包んでくれたり、ティラミス・白玉団子などを作ったり、夫とプリンを蒸すのを楽しみにしているようです。

実際に娘たちと会った方にはお分かりだと思いますが、ネガティブな部分に目を向ければいくらでもあら捜しはできます、、、しかし、そこにはなるべく目をつむり(自省)、素敵なところを伸ばすことに力を注ぎたいです。