タグ

タグ:霜柱

クロカン3回目~しもばしら

カテゴリ:
こんにちは。
クリスマスカクタスの
花が咲きました。

IMG_6317


南国の鳥が飛び立ちます!
みたいに立派に咲いて、
蕾とのギャップに
驚いています。

週末には、
長女のアイスショー(グループ)の
練習がありました。


IMG_6322


買い出しがなかったので、
わたしも同行したら、
みんなで練習している様子が
可愛かったです。





これまで長女は
集団で同じ演技をする、みたいな
集団行動をしたことがないので
なんだか新鮮そう。

揃っていなかった回転が
きれいになると
お~💛と、
みているほうも
なんだか嬉しくなるから
不思議なものですね。





さて、
こちらが本題。

アウトドア仲間のご家族と、
今週もクロカンスキーに
行ってきました。

市内は雨で
雪が解けてきたので、
夏のハイキングで横切った場所へ。




そこで、
Denali Loopという
コースを滑ってきました。




これまでのコースよりも
アップダウンがありました。
二女がエネルギー切れになって
ポールをなげつけたのをみて、
フルーツを分けてもらい、
元気を取り戻しました。
(有難いなあ)


IMG_6357

そんななか、
コースの途中に、
穴をみつけた長女が
霜柱をみつけて興奮していました。


IMG_6359


この霜柱の塊を
大事そうに抱えて
滑っていく子どもたち♪

たくさん登って、登って、
終盤は、
下って、下って、
終わりよければすべてよし!
となりました。

夕食には、
夫が皮からシューマイを
作ってくれました。
もう小麦粉のプロです。


IMG_6368


盛りだくさんな
週末でした。

それでは、また

トレッキング~風のない快晴を満喫した日

カテゴリ:
Daylight saving(サマータイム)が終わる今週末は、風もなく、快晴でした。その分、冷え込んだのですが、こんなときに外にいかないなんて~と、どちらかというと親の方がうずうず。犬を連れて、出かけたのでした。

ノルウェーの場合、サマータイムを導入しようがしまいが、朝も夜も明るいので、あまり経済効果はないような気がします。その分、ウインタータイムでも作ったらと思ったけど、1時間ずらしたくらいでは、どのみち朝は真っ暗だから、こちらも必要なさそう。子どもの生活リズムを考えると、サマータイムがない方が生活しやすいです。ヨーロッパは、サマータイムを廃止にする動きもあるとかで、早めにお願いします♡それにしても、縦長・幅狭な日本で二時間も時間を早める案は、、、、ぶつぶつ。






①散歩と公園遊び
妊婦時代に一度来た公園に、再び行ってみました。せせらぎの脇に歩道がついた平らで歩きやすいお散歩コースです。そんな閑静な場所だけあって、両脇には豪邸ばかり。気温は低いけれど、日差しは強いので、落ち葉がきれいに見える~と、透かしてみています。

IMG_2315


マガモに混じって、コガモがいる~と、鳥好きな次女と一緒にしばし観察してから、公園で遊びました。遊具が一新していて、小学生まで楽しめるように進化しました。その分、娘にはちょっと難易度が高く、そこがやる気を引き寄せたようで、ロープをよじ登り、一番てっぺんの小屋まで登っていた長女なのでした。

IMG_2332

次女は、トランポリンをしたり、ブランコに乗ったりして、気ままに遊びまわります。長女よりも歩幅が狭いからか、転ばないけど、よちよち歩きます。最近は、小走りもするようになりました。

IMG_2353










②トレッキング
フェリーで40分ほどのところにある軽登山コース(片道1kmだそう)を、夫がみつけてくれました。この日は、マイナス3℃の冷え込みでしたが、風もなく、海は湖のように静かで穏やかでした。写真奥の山に登りました。

IMG_2437


ナラの林で、どんぐりがびっしり落ちていました。(殻斗はうろこ状だと確認したけど、ダルマ型の大きなどんぐりもあったので、もしかしたら、カシワも混じっているかもしれない。カシワのヨーロッパ分布は調べてない)。娘は、「トトロみた~い♪」とテンションアップ。

IMG_2452

岩は苔むしていて、(アナと雪の女王にも出てきていた)トロールを連想する気持ちがよく分かります。コケはふわっふわ。堅果は、まるまる太って、とても大きかった。多くは、もう芽(根)を伸ばしていました。

IMG_2461


長女は、登山ルートを示す赤い印をみつけて、「こっちだよ~」と道案内してくれます。途中、大きなナラの木に、ブランコが吊るしてありました。夫が乗っても大丈夫~な太い枝でございました。

IMG_2483

山頂近くには、霜柱ができていました。朝、ちょうど霜柱の絵本を読んでたので、タイムリー。

IMG_2505


頂上には、大きな岩があって、よじ登ると、「あぁ、きれ~い☆彡」と長女。とても気に入ったようで、下山したくないと言っていました。

IMG_2520


下山時は、犬の綱を持っている私と手をつないで、犬を「ネコバス」にみなして、駆け下りてきました。岩の上は、お尻をつけて、落ち葉の上を滑っており、転んでも、何しても、大笑いして走る長女。今回は、往復ともに歩ききった長女なのでした。帰りのフェリーで、アイスをご馳走しました。

IMG_2560

登山口には、2cm近い厚さの氷が張っていて、秋もだいぶ深まってきたノルウェーなのでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×